山鳥峰・南岳

2021.05.04(火) 日帰り

活動データ

タイム

05:21

距離

9.7km

上り

696m

下り

648m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 21
休憩時間
56
距離
9.7 km
上り / 下り
696 / 648 m
1 45
1 2
45
1 1

活動詳細

すべて見る

雪を求めて道道95号線を元山方面に向かった。 札幌50山に名を連ねる南岳を目指す。 未踏の山で、来春に予定していたのだが、いつものジジイと話しがまとまった。 今回もジジイ二人のデュオだ。 南岳について、さっぽろ文庫48「札幌の山々」は「余市岳の南尾根に位置するのがこの山の由来であろう」と記述している。 今回歩くルートの中間ほどには三等三角点「山鳥峰」がある。 地形図には山名の記載がなく、点名の山鳥峰がそのまま山名となっている。 「北海道では山鳥は通常キジ科のエゾライチョウを指す」と、ものの本には書いてある。 この山は山鳥の生息地だったのだろうか。 白井川に架かる橋が「山鳥橋」、橋を渡って延びる林道が「山鳥峰林道」と念が入っている。 山鳥橋の前に車を停めて出発した。 橋を渡って周りを見渡すと、予定の取付き点に全く雪がない。 藪を漕ぐ気持ちにはなれないので、山鳥峰林道を558ポイントまで迂回し、そこから尾根に取付くことにした。 取付きから尾根上までは結構な急登だが、雪は適当に柔らかく、ツボで快調に登る。 ところが尾根上に出ると、雪解けが進んでところどころ藪が露出している。 笹竹に足をとられ、木の枝にザックが引っ掛かり、蔓にポールが絡んで難儀した。 ツル(蔓)の恩返しなどというものはないのである。 それでも標高630mを過ぎた辺りからは藪の露出もなく、雪山歩きを存分に楽しむことができた。 標高690mで熊の足跡を見る。足跡は西側の沢筋に向かっているようだ。 何の根拠もないが、2日ほど前のものだろうと断じて前進する。 念のため笛を吹き鳴らした。 粗忽な熊が、「呼んだ?」などと勘違いして出て来ないことを祈るばかりだ。 緩やかな尾根をのんびり歩くと、やがて丘のような山鳥峰に到着する。 すぐに南岳へ向かうが、山鳥峰から少し進むと40mほどを一気に下って登り返しとなる。 その後はまた緩やかな尾根歩きだ。余市岳、白井岳、ヒクタ峰、定山渓天狗岳などの景観が楽しい。 南岳はのっぺりとした山頂だが、木々の隙間から、P1134、P1261、P1380、そして余市岳へと続く白い稜線が目に鮮やかに透けて見える。 今回は使わなかったが、スノーシューを持ち歩くのも、今シーズン、これが最後かと少し名残惜しさを覚える。 スライドなし。何とも贅沢な春山の貸し切りであった。 と、思ったその瞬間だ。3台のスノーモービルが、轟音を響かせて我々の横を走り抜けて行った。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。