鳩吹山から犬山市最高峰・西山へ。

2015.07.05(日) 09:36 - 2015.07.05(日) 14:16
当日は雨予報だったので雨の中で登るための山を探しました。自分の条件は、近場で、整備がゆき届いていて、かつ短時間で登れて、でもトレーニングになる登りごたえのある山という贅沢なものでした。…そこで見つけたのが、大変人気がある低山と評判の鳩吹山でした。湯の華市場の隣、可児川下流域自然公園駐車場(きれいなトイレあり)にクルマを停めて、カタクリの群生地を経て登る急峻な綴れ折りの登山道(カタクリ口)へ。樹林帯あり、岩場あり、眺望ありとコンパクトながら非常に楽しみ多いコースでした。整備状況も大変良好で、整備していただいている方々のご苦労を考えると頭が下がります。登山道から30分少々で頂上に着けますが、ここから西方へ尾根が続くため、お隣の犬山市の最高峰・西山を経て、継鹿尾山に至る縦走も可能とか。鳩吹山単独の予定でしたが、なかなか雨が降りださないのと、眺望の素晴らしさに誘われて、西山まで往復してみました。鳩吹山は周辺の生活音や近くを走る尾張パークウェイの自動車走行音が聞こえてくる、いわば町の裏山的な存在ですが、西山に向けて少し尾根を歩くだけで、徐々に山深い自然の静寂と風情にどっぷりと浸れるのがとても不思議でした。西山への道中も至るところに眺望ポイントがあり、すっかりその魅力に引き込まれてしまいました。 今回は西山の山頂から同じ道を引き返しましたが、いずれ継鹿尾山まで全山を踏破してみたいと思います。

写真

可児川下流域自然公園駐車場より見上げる鳩吹山。低山ながら堂々とした山容です。

可児川下流域自然公園駐車場より見上げる鳩吹山。低山ながら堂々とした山容です。

駐車場の非常にきれいなトイレの前の案内板。主にウォーキング向け。

駐車場の非常にきれいなトイレの前の案内板。主にウォーキング向け。

駐車場から下って橋を渡ると、カタクリ群生地の中に登山口(カタクリ口)があります。

駐車場から下って橋を渡ると、カタクリ群生地の中に登山口(カタクリ口)があります。

カタクリ口前の案内板です。

カタクリ口前の案内板です。

最初からかなり急峻な九十九折の道が続きます。

最初からかなり急峻な九十九折の道が続きます。

樹影は薄く、至るところで眺望が開けます。北東方面/木曽川を望む。

樹影は薄く、至るところで眺望が開けます。北東方面/木曽川を望む。

岩場あり、木の根ありで、なかなか楽しめます。

岩場あり、木の根ありで、なかなか楽しめます。

小天神休憩舎に到着。可児市街方面の眺望が開けます。

小天神休憩舎に到着。可児市街方面の眺望が開けます。

小天神休憩舎からの眺望。

小天神休憩舎からの眺望。

樹影が薄いので登山道は明るい。快晴の日はかなり暑いと思います。

樹影が薄いので登山道は明るい。快晴の日はかなり暑いと思います。

次々と眺望ポイントが現れるので「登っていること」を実感できます。

次々と眺望ポイントが現れるので「登っていること」を実感できます。

ずいぶん登ってきました。

ずいぶん登ってきました。

前日の雨で濡れた岩場は滑りやすくなっていました。

前日の雨で濡れた岩場は滑りやすくなっていました。

急峻な岩場の間に、気持ちの良い道が続きます。

急峻な岩場の間に、気持ちの良い道が続きます。

頂上間近の大天神休憩舎にて。素晴らしい大パノラマ!

頂上間近の大天神休憩舎にて。素晴らしい大パノラマ!

こちらが頂上です。

こちらが頂上です。

西山休憩小屋まで尾根伝いに1.5km、45分。

西山休憩小屋まで尾根伝いに1.5km、45分。

コース上の至るところに絶景ポイントが。飽きません。

コース上の至るところに絶景ポイントが。飽きません。

徐々に山深い風情と静寂があたりを包み始めます。

徐々に山深い風情と静寂があたりを包み始めます。

響くのは野鳥のさえずりと、沢音に。

響くのは野鳥のさえずりと、沢音に。

キリギリスの仲間でしょうか。

キリギリスの仲間でしょうか。

木曽川北岸の坂祝町を望む。

木曽川北岸の坂祝町を望む。

いくつか目のコルを通過。

いくつか目のコルを通過。

なかなか手ごわい岩場もあり、登山道はバラエティに富んでいました。

なかなか手ごわい岩場もあり、登山道はバラエティに富んでいました。

西山のピークに向けて最後の登りあたり。

西山のピークに向けて最後の登りあたり。

西山休憩小屋にて。どこの休憩場所も大変きれい。ウチワが置かれるなど気遣いも嬉しい。

西山休憩小屋にて。どこの休憩場所も大変きれい。ウチワが置かれるなど気遣いも嬉しい。

西山山頂近くの眺望。頂上に眺望はありませんでした。

西山山頂近くの眺望。頂上に眺望はありませんでした。

カタクリ群生地の登山口に戻ってきました。また訪れたい素敵な山です。

カタクリ群生地の登山口に戻ってきました。また訪れたい素敵な山です。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。