春香山

2015.07.05 2 DAYS Hokkaido

活動データ

タイム

05:30

距離

12.4km

上り

1,085m

下り

1,082m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

どことなく名前にシンパシーを感じる山、春香山(銭函)へ。 低山はどこでもそうだと思いますけどこの山もぷ~さんの目撃情報が比較的多いので鈴は必ず付けて行きましょう。魔法の鈴は装備しないと意味が無いんじゃ。 前半はいかにも森の中といった道を歩く。途中から砂利道をひたすら登る…登る…今日の午前中は雲ひとつない晴天で日差しがキツかった~ 砂利道を終えて分岐点からは再び林道。ベンチで休憩を挟んで少し登り、銭函峠分岐から少し平坦な道を歩くとほどなく山小屋「銀嶺荘」に出ます。中は覗きませんでしたが、物音がしてたので管理人さんはちゃんと居たみたい?数百円で水・コーヒーや休憩等のサービスあります。 銀嶺荘から山頂まではすこし急なジグザグ道。道は細く、ヤブもどんどん深くなる。ぬかるんだ地面に蚊がうなってる… でも暑すぎてとてもウェアを羽織る気にはなれず気合で半袖で登ってました。虫除けも必須です 最後に、ロープで岩をよじ登るとほどなく頂上へ。 う~ん、頂上は少しだけ広くなってるとはいえ周りはやはりヤブ…手稲・石狩方面だけはかろうじて展望が開けていますが。 他にも数名登山客の方が居ましたが長居することなく下山開始。 水を飲みきってしまったのでできるだけ立ち止まる事なく下山してしまいたい。体力不足でかなり脚に来てます。砂利道は足の裏が痛いし…参考タイムより少し遅いですが登り3時間強、降り2時間強でピストン完了! 銀嶺荘から山頂までの道はキツい割に頂上は大したことないので、次来るとしても山荘まででいいかなって感じでした。 次は手稲山かな? P.S. ブログにYAMAPの紹介記事を書きました http://tamagotaso.seesaa.net/article/421695337.html

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。