修験のお山⛰️へ‼️‼️2日目〜シャガ🌺の道を行く(身延山)

2021.05.04(火) 日帰り

活動詳細

もっと見る

修験のお山、2日目は身延山⛰️です。 昔、妹の幼馴染みの家の宗派が日蓮宗?で、 その総本山である身延山への参拝旅行に 妹が連れて行ってもらってました。 私自身は今日まで全く縁がなく、 2019年11月に行った(登った)比叡山から、 次は高野山か身延山かな〜という漠然とした 気持ちでした。 前日登った七面山が思いの外 登山者や参拝者で大人気だったので、 身延山はもっと凄いかと思い、 登山口には6時頃到着。 ところが到着した無料駐車場は平日無料なのに ガラ空きで歩く人もまだほとんど居ません。 肩透かしを食った様な気持ちで歩き始めましたが、 後で気づきました。 ここは奥の院へ登るロープウェイがあり、 その営業時間までは参拝者は現れないらしい。 ただ、登山者も出だしが遅いらしく、 山頂の奥の院に到着するまでは シャガ🌺の咲き乱れる静かな参道を2人占めして、 ホオジロ🐦さんやミソサザイ🐦さんに 遊んでもらいながら楽しく登れました。 奥の院からは昨日に引き続き富士山🗻が、 山頂からは南アルプスの白い峰々🏔️が拝めました。 それも全て2人占め。 贅沢な時間を過ごした後、 ロープウェイの営業時間を待たずに 昨日の下山で傷んだ膝と足裏を労りつつ 周回で下りてきました。 下山に使用したルートでは数組の登山者と すれ違い、スタートした山門に着く頃には 参拝者で賑わっていました。 2日間、修験の山を登りましたが、 七面山⛰️は標高を稼ぐ良いトレーニングになり、 身延山⛰️は平淡な歩きやすい登山道で、 筋肉痛の足には優しく、七面山とは 違った厳かさがあって良いお山でした。 生活圏から離れたお山に行くと、 聞いたことのない野鳥さん🐦に逢えたり、 お花🥀🥀にも会えるので嬉しいです。 楽しくリフレッシュできた2日間でした。 🥳🥳🥳👍

七面山・身延山 総本山だからと早目に駐車場に着きましたが、どうやら一番乗りだったみたい。辺りはまだ静かで鳥の鳴き声が響いてます。
総本山だからと早目に駐車場に着きましたが、どうやら一番乗りだったみたい。辺りはまだ静かで鳥の鳴き声が響いてます。
七面山・身延山 この辺りは歴史文化公園なんですね。
この辺りは歴史文化公園なんですね。
七面山・身延山 周回する登山道にも様々なお堂等がある様です。
周回する登山道にも様々なお堂等がある様です。
七面山・身延山 山門まで続く商店街。
山門まで続く商店街。
七面山・身延山 では本日もっ、
では本日もっ、
七面山・身延山 頑張りまっせ‼️‼️
頑張りまっせ‼️‼️
七面山・身延山 さすが総本山、物凄く立派な山門です。
さすが総本山、物凄く立派な山門です。
七面山・身延山 石塔の右に見えるのは山頂の奥の院かな?
石塔の右に見えるのは山頂の奥の院かな?
七面山・身延山 ブッポウソウ🐦、逢ってみたいな、聞きたいな。
ブッポウソウ🐦、逢ってみたいな、聞きたいな。
七面山・身延山 山門を入ってすぐに目に入るのが奥の壁の様な石段。
山門を入ってすぐに目に入るのが奥の壁の様な石段。
七面山・身延山 右手にはシャガが咲き乱れています。
右手にはシャガが咲き乱れています。
七面山・身延山 石段を避けるには女坂と男坂がある様です。
ここは潔く石段突破で(笑。
石段を避けるには女坂と男坂がある様です。 ここは潔く石段突破で(笑。
七面山・身延山 朝イチの筋肉痛な足で行きますので、手すりに頼ってゆっくり登ります。
朝イチの筋肉痛な足で行きますので、手すりに頼ってゆっくり登ります。
七面山・身延山 ゼイゼイ、登り切りました。一番下が霞んでます。疲れのせい?
ゼイゼイ、登り切りました。一番下が霞んでます。疲れのせい?
七面山・身延山 五重塔と本堂が。登山道はこの左を奥へ。
五重塔と本堂が。登山道はこの左を奥へ。
七面山・身延山 フムフム。
フムフム。
七面山・身延山 左手は下山するルートで、途中に六老杉があるそう。
左手は下山するルートで、途中に六老杉があるそう。
七面山・身延山 右の舗装路を進みます。左のベージュ色の道はロープウェイ乗り場です。
右の舗装路を進みます。左のベージュ色の道はロープウェイ乗り場です。
七面山・身延山 この案内が次の目標までの目安になります。
この案内が次の目標までの目安になります。
七面山・身延山 登山道脇にもシャガが一杯。
登山道脇にもシャガが一杯。
七面山・身延山 少し登って本堂の裏手から見下ろします。
奥のお山は何かな?
少し登って本堂の裏手から見下ろします。 奥のお山は何かな?
七面山・身延山 このお山にも丁目石があるんですね。
初めて見たのに9丁目です。
ここも山頂の奥の院は五十丁目かな?
このお山にも丁目石があるんですね。 初めて見たのに9丁目です。 ここも山頂の奥の院は五十丁目かな?
七面山・身延山 ここが最初の十如坊。
そして十丁目です。
ここが最初の十如坊。 そして十丁目です。
七面山・身延山 纏のリスくんに見送られて歩きます。
今の所ずっと舗装路で、筋肉痛の足には優しいです。(傾斜はキツイ(笑))
纏のリスくんに見送られて歩きます。 今の所ずっと舗装路で、筋肉痛の足には優しいです。(傾斜はキツイ(笑))
七面山・身延山 ティキティキというカワイイ鳴き声と共に現れたのはホオジロ🐦くん。階段を1段ずつ登りながら挨拶してくれました。
ティキティキというカワイイ鳴き声と共に現れたのはホオジロ🐦くん。階段を1段ずつ登りながら挨拶してくれました。
七面山・身延山 マムシグサ?ウラシマソウ?。あちこち咲いてました。
マムシグサ?ウラシマソウ?。あちこち咲いてました。
七面山・身延山 次の目標地、大光坊です。
次の目標地、大光坊です。
七面山・身延山 白い藤の花がキレイでした。
白い藤の花がキレイでした。
七面山・身延山 きらびやかな仏像?
きらびやかな仏像?
七面山・身延山 登山道は砂利の道になりました。
でも七面山より全然歩きやすいです。
登山道は砂利の道になりました。 でも七面山より全然歩きやすいです。
七面山・身延山 40丁目までが早い(笑。
40丁目までが早い(笑。
七面山・身延山 つぎの目標地、法明坊。
誰もいません。静かです。
このあとミソサザイの声に癒やされ、
ミソっちらしき鳥影に引っ張られて登りを頑張りました。
つぎの目標地、法明坊。 誰もいません。静かです。 このあとミソサザイの声に癒やされ、 ミソっちらしき鳥影に引っ張られて登りを頑張りました。
七面山・身延山 富士川が見える場所まで登ってきました。
富士川が見える場所まで登ってきました。
七面山・身延山 初めて見えた眺望がやはり富士山🗻。
初めて見えた眺望がやはり富士山🗻。
七面山・身延山 あと一登り。
あと一登り。
七面山・身延山 雲はないけど背景が白くて霞んでますね。→
雲はないけど背景が白くて霞んでますね。→
七面山・身延山 ←→
←→
七面山・身延山 ←富士川と麓の道。
←富士川と麓の道。
七面山・身延山 🗻をアップ。
🗻をアップ。
七面山・身延山 絶景ポイントです。2人占め。静かです。
麓から1度も挨拶してません(笑。
絶景ポイントです。2人占め。静かです。 麓から1度も挨拶してません(笑。
七面山・身延山 限定の御朱印があるそうです。
限定の御朱印があるそうです。
七面山・身延山 この奥が奥の院思親閣(ししんかく)だそうです。
五十丁目の石はどこかな?
この奥が奥の院思親閣(ししんかく)だそうです。 五十丁目の石はどこかな?
七面山・身延山 奥の白い建物がロープウェイの山頂駅です。
奥の白い建物がロープウェイの山頂駅です。
七面山・身延山 有りましたよ。
昨日は五十丁目石を見なかったのでリベンジできましたよ。😀👍👍
有りましたよ。 昨日は五十丁目石を見なかったのでリベンジできましたよ。😀👍👍
七面山・身延山 ロープウェイから来る時はここを入ります。
東コースは奥の道から来ました。
ロープウェイから来る時はここを入ります。 東コースは奥の道から来ました。
七面山・身延山 日蓮聖人お手植えの杉ですって😧😧
樹齢何百年??
日蓮聖人お手植えの杉ですって😧😧 樹齢何百年??
七面山・身延山 開山750年らしいです。
確か能郷白山が一昨年開山1300年なので、まだピチピチのお山ですね(笑。
開山750年らしいです。 確か能郷白山が一昨年開山1300年なので、まだピチピチのお山ですね(笑。
七面山・身延山 立派な本堂。
立派な本堂。
七面山・身延山 変わり絵馬たち。
変わり絵馬たち。
七面山・身延山 山頂に来ましたよ。→
山頂に来ましたよ。→
七面山・身延山 ←こちらはまた南プス展望地でしたか。
←こちらはまた南プス展望地でしたか。
七面山・身延山 →
七面山・身延山 ←→きのうの希望峰からと比べると白い峰々の見える部分が少ないですが、それでも絶景ですね。
←→きのうの希望峰からと比べると白い峰々の見える部分が少ないですが、それでも絶景ですね。
七面山・身延山 ←→
←→
七面山・身延山 見えるのは南プス北部の方ですね。
見えるのは南プス北部の方ですね。
七面山・身延山 ここも山梨百名山でしたか。
ここも山梨百名山でしたか。
七面山・身延山 白峰三山をバックに。
白峰三山をバックに。
七面山・身延山 同じルートでお一人ソロ男性がいらっしゃいましたが、今はここを2人占めです。
同じルートでお一人ソロ男性がいらっしゃいましたが、今はここを2人占めです。
七面山・身延山 来れて良かったね。
来れて良かったね。
七面山・身延山 イチゴ系のお花かな?モミジイチゴ?
イチゴ系のお花かな?モミジイチゴ?
七面山・身延山 ここでお饅頭休憩。
ここでお饅頭休憩。
七面山・身延山 山頂はYAMAPのマークからは少し外れた場所です。
山頂はYAMAPのマークからは少し外れた場所です。
七面山・身延山 ロープウェイ山頂駅の近くに七面山展望所があります。
ロープウェイ山頂駅の近くに七面山展望所があります。
七面山・身延山 大ガレの右辺りに山頂ですかね。
希望峰はガレの左端辺りかな。
大ガレの右辺りに山頂ですかね。 希望峰はガレの左端辺りかな。
七面山・身延山 ロープウェイ山頂駅からもう一度富士山🗻。
ロープウェイ山頂駅からもう一度富士山🗻。
七面山・身延山 麓の富士川。手前に見える赤い屋根は登ってきた大光坊辺りかな。
麓の富士川。手前に見える赤い屋根は登ってきた大光坊辺りかな。
七面山・身延山 枝垂れ桜?が咲いてました。
小粒でカワイイお花です。
枝垂れ桜?が咲いてました。 小粒でカワイイお花です。
七面山・身延山 ロープウェイの営業開始を合図に下山します。
ロープウェイの営業開始を合図に下山します。
七面山・身延山 見納め富士山。ありがとぅ〜👋👋
見納め富士山。ありがとぅ〜👋👋
七面山・身延山 下山は西コースで。
七面山方面に下りますが、決して七面山には行きませんよ(笑。足痛いし。
下山は西コースで。 七面山方面に下りますが、決して七面山には行きませんよ(笑。足痛いし。
七面山・身延山 ここが七面山登山口との分岐。ここから車道と登山道が交差しながら下っていきます。
ここが七面山登山口との分岐。ここから車道と登山道が交差しながら下っていきます。
七面山・身延山 このお山はミソっち天国ですね。
声は聞こえど姿は中々見せてもらえません。
キセキレイが2、3羽チョロチョロしてました。
このお山はミソっち天国ですね。 声は聞こえど姿は中々見せてもらえません。 キセキレイが2、3羽チョロチョロしてました。
七面山・身延山 こちらは千本杉。
こちらは千本杉。
七面山・身延山 まあ立派な杉たち。
まあ立派な杉たち。
七面山・身延山 次は松樹庵ですね。
次は松樹庵ですね。
七面山・身延山 ツクバネウツギかな。瑞々しくてキレイでした。
ツクバネウツギかな。瑞々しくてキレイでした。
七面山・身延山 登りは大丈夫だったのですが、下り始めると昨日の膝のイヤな痛みが復活。ダマシだまし下ります。でも下りのこのコースも歩きやすいですね。

ただし、こちらのコースは落石が多く、登山道脇の山壁は脆いところが多い感じですので、注意を払いながら歩くことをおすすめします。
登りは大丈夫だったのですが、下り始めると昨日の膝のイヤな痛みが復活。ダマシだまし下ります。でも下りのこのコースも歩きやすいですね。 ただし、こちらのコースは落石が多く、登山道脇の山壁は脆いところが多い感じですので、注意を払いながら歩くことをおすすめします。
七面山・身延山 ここはビュースポットだそう。麓が見渡せますね。山門辺りから見えてた所がここだったのかな。
ここはビュースポットだそう。麓が見渡せますね。山門辺りから見えてた所がここだったのかな。
七面山・身延山 ゆく年くる年の撮影地ですって。
ゆく年くる年の撮影地ですって。
七面山・身延山 獣よけの門?を通り、
獣よけの門?を通り、
七面山・身延山 妙石坊。
妙石坊。
七面山・身延山 由来。
由来。
七面山・身延山 この辺りは緑で鬱蒼としてますね。
この辺りは緑で鬱蒼としてますね。
七面山・身延山 後はひたすら山門までテクテク。
後はひたすら山門までテクテク。
七面山・身延山 下山完了。辺りには参拝者が一杯。
まあこうでなくちゃね。
下山完了。辺りには参拝者が一杯。 まあこうでなくちゃね。
七面山・身延山 ありがとうございました。🙏🙏🙇🙇
ありがとうございました。🙏🙏🙇🙇
七面山・身延山 道の駅はくしゅうまで戻り、鶏の黒酢和え定食を。
疲れた体にはお酢が効きますよね。
野菜一杯で美味しゅうございました。
道の駅はくしゅうまで戻り、鶏の黒酢和え定食を。 疲れた体にはお酢が効きますよね。 野菜一杯で美味しゅうございました。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。