【7月恒例】北ドーントリッジ(だいじょうぶかい)

2015.07.04(土) 08:54 - 2015.07.04(土) 15:32
三宮おっぱい広場~布引の滝~猿のかずら橋~城山~二本松~善助茶屋跡~縦走路~高雄山~南ドーントリッジ~北ドーントリッジ~六甲森林植物園~トエンティクロス~徳川道~桜谷道~掬星台~山寺尾根~灘温泉水道筋店~阪神大石駅 毎年7月、森林植物園の紫陽花が見頃を迎える季節に明治時代の在留外国人のドーントさんが好んで歩いたとされるドーントリッジを南から北へ歩いています。 この道は数年前に山と高原地図を見入っている時に「ドウントリッジ」という文字を見つけ、探検心に火がつき探しに行きました。南ドーントリッジは一般的に歩かれている道なので直ぐに分かったのですが、北ドーントリッジは山と高原地図に騙されて?東側の森林管理歩道を歩いてしまいました。 その後、ネットを検索していると間違っていることに気付き、再度探検に行った思い出のあるコースです。 北ドーントリッジは歩く人が少ないマイナーコースで脆い岩場やナイフリッジもありますが、歴史のある面白いコースなので是非歩いて見てください。森林公園の門のないところに出てしまう妙なコースです。 神戸區と書いた石柱が多数あり目印になりますが、今回は南半分に親切?にピンク色のテープが至るところに取り付けてあり、トラロープも2箇所ありました。 神戸市の「神戸の本棚」にも以下のように紹介されています。 「明治44年(1911)、H.E.ドーントを中心に当時の在留外国人たちによって神戸カモシカクラブ(The Kobe Goat Mountain of Club)と名付けられた山岳会が設立されました。『INAKA』はこのクラブの英文機関紙として大正4年(1915)から同13年(1924)まで全18巻発行されたものです。」

    写真

    三宮のおっぱい広場集合でした。

    三宮のおっぱい広場集合でした。

    定番 布引の滝

    定番 布引の滝

    猿のかずら橋を渡り城山方面に進みます。

    猿のかずら橋を渡り城山方面に進みます。

    滝山城址

    滝山城址

    二本松に出ます。 ☚は二本松林道 大龍寺方面は階段を登ります。

    二本松に出ます。 ☚は二本松林道 大龍寺方面は階段を登ります。

    毎日登山発祥の地 善助茶屋跡の石碑

    毎日登山発祥の地 善助茶屋跡の石碑

    右奥から出て来ました。縦走路を奥方向(東)に進みます。

    右奥から出て来ました。縦走路を奥方向(東)に進みます。

    市ヶ原の手前の道標を高雄山山頂方向に進みます。

    市ヶ原の手前の道標を高雄山山頂方向に進みます。

    この辺は立派な紅葉が多く、秋は見事な紅葉を見せます。

    この辺は立派な紅葉が多く、秋は見事な紅葉を見せます。

    ☚神戸市役所☛神戸區と読み取れる?石柱 

    ☚神戸市役所☛神戸區と読み取れる?石柱 

    高雄山山頂

    高雄山山頂

    南ドーントリッジを半分位歩いた四差路を真っ直ぐ進むべきところを右側に進み分水嶺越道の東側に降りてしまった(高雄山森林管理歩道)

    南ドーントリッジを半分位歩いた四差路を真っ直ぐ進むべきところを右側に進み分水嶺越道の東側に降りてしまった(高雄山森林管理歩道)

    西に行くと直ぐ右手に植物園東門に進む森林管理歩道があります。私の持っている古い山と高原地図ではこちらが北ドーントリッジとなっていますが間違いだと思います。

    西に行くと直ぐ右手に植物園東門に進む森林管理歩道があります。私の持っている古い山と高原地図ではこちらが北ドーントリッジとなっていますが間違いだと思います。

    分水嶺越道をもう少し西に進むと本来出てくるところがあります。道標に南ドーントリッジの文字があります。

    分水嶺越道をもう少し西に進むと本来出てくるところがあります。道標に南ドーントリッジの文字があります。

    更に分水嶺越道を進み、左手の舗装した急坂を進みます。

    更に分水嶺越道を進み、左手の舗装した急坂を進みます。

    神戸市水道局の修法ケ原浄水場の手前のガードレールを左方向に登ります。ここが真の「北ドーントリッジ」です。

    神戸市水道局の修法ケ原浄水場の手前のガードレールを左方向に登ります。ここが真の「北ドーントリッジ」です。

    危険?なナイフリッジがあります。

    危険?なナイフリッジがあります。

    危険?なナイフリッジが続きます。

    危険?なナイフリッジが続きます。

    何ということでしょう!門のない六甲森林植物園の長谷池近くに出てしまいます。

    何ということでしょう!門のない六甲森林植物園の長谷池近くに出てしまいます。

    長谷池は餌をもらいに亀や鯉がわんさか寄ってきます。

    長谷池は餌をもらいに亀や鯉がわんさか寄ってきます。

    園内の紫陽花 綺麗です。

    園内の紫陽花 綺麗です。

    アメリカ産のアナベルという白い紫陽花

    アメリカ産のアナベルという白い紫陽花

    青い紫陽花のアップ

    青い紫陽花のアップ

    青と紫の紫陽花

    青と紫の紫陽花

    色とりどりの紫陽花

    色とりどりの紫陽花

    色とりどりの紫陽花

    色とりどりの紫陽花

    トエンティクロスに出たところ 以前の木橋がないので飛石を渡ります。奥の道標の左側が森林管理歩道です。

    トエンティクロスに出たところ 以前の木橋がないので飛石を渡ります。奥の道標の左側が森林管理歩道です。

    徳川道から桜谷道に進む飛石 昨年の台風で信じられない程の大きな石が流されました。

    徳川道から桜谷道に進む飛石 昨年の台風で信じられない程の大きな石が流されました。

    縦走路の白い紫陽花

    縦走路の白い紫陽花

    掬星台の色とりどりの紫陽花 見頃を迎えていました。

    掬星台の色とりどりの紫陽花 見頃を迎えていました。

    掬星台の青と白の紫陽花

    掬星台の青と白の紫陽花

    420円のスーパー銭湯、掛け流し天然温泉の灘温泉水道筋店で汗を流しました。

    420円のスーパー銭湯、掛け流し天然温泉の灘温泉水道筋店で汗を流しました。

    コメント

    読み込み中...

    もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

    登山ほけん

    1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

    週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。