爆風とガラ空きのビーチ

2021.05.03(月) 日帰り

活動データ

タイム

05:02

距離

7.9km

上り

984m

下り

986m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 2
休憩時間
1 時間 28
距離
7.9 km
上り / 下り
984 / 986 m
10
1 7
1 13
51
30

活動詳細

すべて見る

山梨遠征シリーズ二日目、深酒のせいか寝坊で大幅に出遅れ。甲府を7時に出発する。もともと雨乞山を予定していたが、初登山であることや、スタートが遅くなったことから、その近隣の日向山に変更。アクセス2回目ということもあり、それこそお気楽なハイキング気分。 さすが人気の山、渓谷の駐車場は満杯に近く、なんとかギリギリ駐車。尾白川渓谷からスタートしていくが、どういうわけか調子が上がらず。昨日の甲武信ヶ岳に比べれば、ウオーミングアップも同然。だがペースを上げようにも脈拍が上がるばかりで、高度は上がってこない。日向山、実はキツいのか? 吹雪いていた甲武信ヶ岳と比べれば、気温差は20度以上。さらに昨夜はマッコリ酒をしこたま呑み、たぶん二日酔い。それもあって食欲奮わずシャリバテ気味。とまあ、これだけ揃えばキツいわけだ。 ともあれ大汗かきながら、なんとか山頂。雁ヶ原に向かっていくと、ビーチ手前の樹林帯で多くの人々がランチ中。もったいない!折角の眺望を。 稜線に出てこの理由は判明、凄まじい爆風なのだ。寒い上にサングラス無しでは、目も開けられぬほど。 これを良いことに祠の岩場まで赴き、その岩で風を避けながら、富士山、鳳凰三山そして甲斐駒ヶ岳を独り占めで、貸切ランチタイム。 そのうち甲斐駒ヶ岳から流れてきた雲が、雪まで運んできた。そろそろ潮時と帰路に就く。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。