百名山 飯豊本山 日帰り 大日杉登山口より

2015.07.04(土) 04:24 - 2015.07.04(土) 16:11
Idesan, Dainichidake, Onishidake (Fukushima, Yamagata)
日帰りを前提に考えて、大日杉登山口をチョイスしました。 飯豊本山の登山口との高低差は1500m位ですが、飯豊本山自体に直接アプローチ出来る登山口はありませんので、必ず別の山の尾根を経由します。結果積算高低差は軽く2000mを超えてきます 日帰りの予定ではあるのですが、距離が長いため、天候など万が一を考え、小屋泊まりをしても良い準備をして向かいました。日帰りなのにリュックは激重です(笑) 霧の中の登山でしたが、山頂付近に到着するなり霧が晴れだし、見事な飯豊連峰の姿を見る事ができました。 本日もたくさんの方とすれ違いました。この人の数がこの山の人気を象徴しているんだなぁと感じました。さすがに日帰りの方はいませんでした(*^^*)木々の緑と雪渓の白のコントラストがとても美しい。 特別危険な所や、急登りが続く所はないのですが、他の山の尾根伝いに歩くので、アップダウンと距離が長いので、疲れました^o^ 雪渓のトラバースが何箇所かあるのですが、雪渓が大きく勾配もあります。渡る距離、登る距離もあるので、アイゼンの使用を強くオススメします。朝方はカチコチでツボ足では危険を感じました。 私は明日買ってきます(笑) 本日、私の登頂時間は深い霧が発生していて雪渓の出口が分かりにくい状態でした。初めての登頂でしたので、地の利もなく、地図には出口は書いていない。斜度があるカチコチ雪渓をツボ足で出口を探すという怖い状況でした。諦めて戻ろうとした所で偶然発見しましたが、雪渓を40分もウロウロしました。 初めての方は、霧が出ている際は一人で入って行かない方が賢明だと感じました。 また挑戦したい連峰と感じました。今度行く際は、公共交通機関等を駆使して、北から南までのメインルートを縦走してみたいです^o^ auの携帯電話は、登山口は圏外ですが、稜線まで出ると電波がありました。

写真

明るくなったら出発です

明るくなったら出発です

登山届けを出します。

登山届けを出します。

イキナリ鎖場からのスタート

テンションあがります↑↑

イキナリ鎖場からのスタート テンションあがります↑↑

どこにもあるザンゲ坂

どこにもあるザンゲ坂

小雨が降り始めました。

小雨が降り始めました。

地蔵岳が一番キツイ(笑)

地蔵岳が一番キツイ(笑)

ニョロニョロいました

ニョロニョロいました

花

いい連峰が見え始めます

いい連峰が見え始めます

名前覚えましたニッコウキスゲ

名前覚えましたニッコウキスゲ

雨は上がりましたが、霧

雨は上がりましたが、霧

見た事のない鳥が、コケを蒸し返してます

見た事のない鳥が、コケを蒸し返してます

霧の雪渓

霧の雪渓

ルートを見失います

ルートを見失います

飯豊本山と言えば、このお地蔵さん
女性禁制の飯豊本山に登って来た女性が石にされたという言われです。

飯豊本山と言えば、このお地蔵さん 女性禁制の飯豊本山に登って来た女性が石にされたという言われです。

岩場山頂小屋と神社
管理人さんがいて宿泊できるみたいです

岩場山頂小屋と神社 管理人さんがいて宿泊できるみたいです

霧が晴れてきました

霧が晴れてきました

登頂です。今回は格別です

登頂です。今回は格別です

霧が尾根を流れていきます。雪渓と相まって不思議な感じです

霧が尾根を流れていきます。雪渓と相まって不思議な感じです

大バノラマ

大バノラマ

緑と白のコントラストがキレイです

緑と白のコントラストがキレイです

落ちたら死にます

落ちたら死にます

雲が晴れて後ろの山もみえます

雲が晴れて後ろの山もみえます

お食事中の方失礼

お食事中の方失礼

大日杉の言われです。

大日杉の言われです。

無事帰還 タイムも予定通り^ ^

無事帰還 タイムも予定通り^ ^

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。