鍋割山つらい

2021.05.02(日) 日帰り

今日は新茅山荘駐車場から塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、鍋割山と回ります。 9時間予定の行程です。 長丁場なので早朝スタート。 うーん、 12時間かかった。鍋割山つらかった。 でも、 カレー美味かった♪ヒルいなかった♪ そして、 木道ってすばらしい。 そして、 楽しかった~♪

6時前の新茅山荘駐車場。
ここまで、なかなか距離のあるダート路が続く。途中で引き返したくなったけど頑張りました♪

6時前の新茅山荘駐車場。 ここまで、なかなか距離のあるダート路が続く。途中で引き返したくなったけど頑張りました♪

6時前の新茅山荘駐車場。 ここまで、なかなか距離のあるダート路が続く。途中で引き返したくなったけど頑張りました♪

ヒル怖い。
完全防御!
10年位前に購入したゲイターを初めて使うw
ヒルよけもめちゃくちゃスプレーした。

結果、ヒル見ませんでした。俺だけバカみたい!?ふぉ?

ヒル怖い。 完全防御! 10年位前に購入したゲイターを初めて使うw ヒルよけもめちゃくちゃスプレーした。 結果、ヒル見ませんでした。俺だけバカみたい!?ふぉ?

ヒル怖い。 完全防御! 10年位前に購入したゲイターを初めて使うw ヒルよけもめちゃくちゃスプレーした。 結果、ヒル見ませんでした。俺だけバカみたい!?ふぉ?

丹沢木道キター!

丹沢木道キター!

丹沢木道キター!

行者ヶ岳からの眺望。空が重い。。。

行者ヶ岳からの眺望。空が重い。。。

行者ヶ岳からの眺望。空が重い。。。

政次郎ノ頭の手前。空だけでなく、既にふくらはぎも重い。。。なんでだろう?

政次郎ノ頭の手前。空だけでなく、既にふくらはぎも重い。。。なんでだろう?

政次郎ノ頭の手前。空だけでなく、既にふくらはぎも重い。。。なんでだろう?

塔ノ岳到着!
こら!お前らなんでこんなところにいるんだ!
ヘリで運んだらしい。

塔ノ岳到着! こら!お前らなんでこんなところにいるんだ! ヘリで運んだらしい。

塔ノ岳到着! こら!お前らなんでこんなところにいるんだ! ヘリで運んだらしい。

今日はいい天気のはずだろ!うーむ。

今日はいい天気のはずだろ!うーむ。

今日はいい天気のはずだろ!うーむ。

馬酔木。ガスガスをバックにつぼ状の白い花が全然際立たない!
今日は足腰がやられないように、しゃがんでの花撮影会は減らします。って、そもそも花はあまり目につきませんでした。

馬酔木。ガスガスをバックにつぼ状の白い花が全然際立たない! 今日は足腰がやられないように、しゃがんでの花撮影会は減らします。って、そもそも花はあまり目につきませんでした。

馬酔木。ガスガスをバックにつぼ状の白い花が全然際立たない! 今日は足腰がやられないように、しゃがんでの花撮影会は減らします。って、そもそも花はあまり目につきませんでした。

今年初の百名山、丹沢山到着!
2、3組の登山客が休憩中でした。

今年初の百名山、丹沢山到着! 2、3組の登山客が休憩中でした。

今年初の百名山、丹沢山到着! 2、3組の登山客が休憩中でした。

みやま山荘でコーラ買った♪
いまだ2.5㍑の水がリュックを重くしてるけどw

みやま山荘でコーラ買った♪ いまだ2.5㍑の水がリュックを重くしてるけどw

みやま山荘でコーラ買った♪ いまだ2.5㍑の水がリュックを重くしてるけどw

コイワザクラ?が単独でポツポツ目に付く。
サクラソウみたいでかわいい。
って、サクラソウの仲間だった。

コイワザクラ?が単独でポツポツ目に付く。 サクラソウみたいでかわいい。 って、サクラソウの仲間だった。

コイワザクラ?が単独でポツポツ目に付く。 サクラソウみたいでかわいい。 って、サクラソウの仲間だった。

いい稜線。
あれは○○山、これは○○山と、山容や稜線を堪能している方たちがいました。丹沢初心者の自分には、山座同定アプリを使ってもよく分からなかった。

いい稜線。 あれは○○山、これは○○山と、山容や稜線を堪能している方たちがいました。丹沢初心者の自分には、山座同定アプリを使ってもよく分からなかった。

いい稜線。 あれは○○山、これは○○山と、山容や稜線を堪能している方たちがいました。丹沢初心者の自分には、山座同定アプリを使ってもよく分からなかった。

バイケイソウ祭り開催中!
この葉脈が好き。

バイケイソウ祭り開催中! この葉脈が好き。

バイケイソウ祭り開催中! この葉脈が好き。

棚沢ノ頭。
←(丹沢山)から来て→(蛭ヶ岳)に向かう。
そのあと、蛭ヶ岳から戻ってきて↑(熊木沢)に向かう予定。

棚沢ノ頭。 ←(丹沢山)から来て→(蛭ヶ岳)に向かう。 そのあと、蛭ヶ岳から戻ってきて↑(熊木沢)に向かう予定。

棚沢ノ頭。 ←(丹沢山)から来て→(蛭ヶ岳)に向かう。 そのあと、蛭ヶ岳から戻ってきて↑(熊木沢)に向かう予定。

蛭ヶ岳手前で富士山チッ!

蛭ヶ岳手前で富士山チッ!

蛭ヶ岳手前で富士山チッ!

蛭ヶ岳到着!ひぃひぃ^^;
雲はまだ重たいが、いい感じ~♪
あれは宮ケ瀬湖?

蛭ヶ岳到着!ひぃひぃ^^; 雲はまだ重たいが、いい感じ~♪ あれは宮ケ瀬湖?

蛭ヶ岳到着!ひぃひぃ^^; 雲はまだ重たいが、いい感じ~♪ あれは宮ケ瀬湖?

蛭カレーいっといた。
思いのほか(失礼な!)、美味しかった~♪そして満腹♪♪大満足♪♪♪
さ、次行こう。
この時は、ここまで5時間位だから9時間ぐらいで戻れるだろうと思っていた。

蛭カレーいっといた。 思いのほか(失礼な!)、美味しかった~♪そして満腹♪♪大満足♪♪♪ さ、次行こう。 この時は、ここまで5時間位だから9時間ぐらいで戻れるだろうと思っていた。

蛭カレーいっといた。 思いのほか(失礼な!)、美味しかった~♪そして満腹♪♪大満足♪♪♪ さ、次行こう。 この時は、ここまで5時間位だから9時間ぐらいで戻れるだろうと思っていた。

蛭ヶ岳から降りはじめてからの眺望。
左の河原がこの後向かう熊木沢(たぶん)
右が富士山チッ!

蛭ヶ岳から降りはじめてからの眺望。 左の河原がこの後向かう熊木沢(たぶん) 右が富士山チッ!

蛭ヶ岳から降りはじめてからの眺望。 左の河原がこの後向かう熊木沢(たぶん) 右が富士山チッ!

熊木沢へ降りていく赤実線ルート。踏み跡はしっかりしているが、、、

熊木沢へ降りていく赤実線ルート。踏み跡はしっかりしているが、、、

熊木沢へ降りていく赤実線ルート。踏み跡はしっかりしているが、、、

そのうちによくわからなくなる。
YAMAP地図とにらめっこして進むと、ピンクテープや薄い踏み跡が出てきて、迷っていない確信を得る。

そのうちによくわからなくなる。 YAMAP地図とにらめっこして進むと、ピンクテープや薄い踏み跡が出てきて、迷っていない確信を得る。

そのうちによくわからなくなる。 YAMAP地図とにらめっこして進むと、ピンクテープや薄い踏み跡が出てきて、迷っていない確信を得る。

頑張って熊木沢まで降り、橋を通り、脚立を降りたところでパシャ!
なんで橋が途中で切れて脚立??
橋が流された?いや、林道が流されたらしい。


───┤  林  │
 橋 │     │
───┤  道  │

が

───┐   │林│
 橋 │脚立 │ │
───┘   │道│

となった。(たぶん)

頑張って熊木沢まで降り、橋を通り、脚立を降りたところでパシャ! なんで橋が途中で切れて脚立?? 橋が流された?いや、林道が流されたらしい。 ───┤  林  │  橋 │     │ ───┤  道  │ が ───┐   │林│  橋 │脚立 │ │ ───┘   │道│ となった。(たぶん)

頑張って熊木沢まで降り、橋を通り、脚立を降りたところでパシャ! なんで橋が途中で切れて脚立?? 橋が流された?いや、林道が流されたらしい。 ───┤  林  │  橋 │     │ ───┤  道  │ が ───┐   │林│  橋 │脚立 │ │ ───┘   │道│ となった。(たぶん)

さぁ、鍋割山への登り口は何処だ?10分以上彷徨うがよくわからない。
だめだ...。リスケだ。最近の2つのレポを見ていたので、このルートからのリスケは想定外だ!
YAMAP地図と相談すると、、、4方向に立入禁止マークが!八方塞がりだった...。蛭ヶ岳方面へ戻るしかない!?
だから誰にも会わなかったんだ...。
黄昏れる。
黄昏れる。
黄昏れる。

さぁ、鍋割山への登り口は何処だ?10分以上彷徨うがよくわからない。 だめだ...。リスケだ。最近の2つのレポを見ていたので、このルートからのリスケは想定外だ! YAMAP地図と相談すると、、、4方向に立入禁止マークが!八方塞がりだった...。蛭ヶ岳方面へ戻るしかない!? だから誰にも会わなかったんだ...。 黄昏れる。 黄昏れる。 黄昏れる。

さぁ、鍋割山への登り口は何処だ?10分以上彷徨うがよくわからない。 だめだ...。リスケだ。最近の2つのレポを見ていたので、このルートからのリスケは想定外だ! YAMAP地図と相談すると、、、4方向に立入禁止マークが!八方塞がりだった...。蛭ヶ岳方面へ戻るしかない!? だから誰にも会わなかったんだ...。 黄昏れる。 黄昏れる。 黄昏れる。

へへへーん!もう少し先に赤テープ発見♪いえーい。

へへへーん!もう少し先に赤テープ発見♪いえーい。

へへへーん!もう少し先に赤テープ発見♪いえーい。

むむむ。
どんどん急登になっていく。
急登だけど、全然滑らないです。

むむむ。 どんどん急登になっていく。 急登だけど、全然滑らないです。

むむむ。 どんどん急登になっていく。 急登だけど、全然滑らないです。

横をみるとこんな感じ。
無理やり尾根に取り付きます。

横をみるとこんな感じ。 無理やり尾根に取り付きます。

横をみるとこんな感じ。 無理やり尾根に取り付きます。

下を見るとこんな感じ。
小ピークを何度も上り下りしてます^^;

下を見るとこんな感じ。 小ピークを何度も上り下りしてます^^;

下を見るとこんな感じ。 小ピークを何度も上り下りしてます^^;

はぁ~、何回しゃがんで休憩したことだろう^^;
いなくなって初めて気が付く、木道のやさしさ。

はぁ~、何回しゃがんで休憩したことだろう^^; いなくなって初めて気が付く、木道のやさしさ。

はぁ~、何回しゃがんで休憩したことだろう^^; いなくなって初めて気が付く、木道のやさしさ。

そしてついに、
鍋割山への登山道と合流!いえい!
すでにHPは0
後で他サイトで調べたら、数名の人しか通ってないルートでした^^;

そしてついに、 鍋割山への登山道と合流!いえい! すでにHPは0 後で他サイトで調べたら、数名の人しか通ってないルートでした^^;

そしてついに、 鍋割山への登山道と合流!いえい! すでにHPは0 後で他サイトで調べたら、数名の人しか通ってないルートでした^^;

鍋割山到着!
15時過ぎで誰もいない。
ならば、ベンチで大の字になって休憩!

鍋割山到着! 15時過ぎで誰もいない。 ならば、ベンチで大の字になって休憩!

鍋割山到着! 15時過ぎで誰もいない。 ならば、ベンチで大の字になって休憩!

鍋割山から相模湾。疲れが吹っ飛ぶ♪

鍋割山から相模湾。疲れが吹っ飛ぶ♪

鍋割山から相模湾。疲れが吹っ飛ぶ♪

富士山チッ!

富士山チッ!

富士山チッ!

大倉尾根をサクサク降りて、新茅山荘駐車場方面に分岐するとこんな感じに...。
大倉尾根と同程度の尾根(たぶん)の未整備版です。
トーゼンに辛い。。。

大倉尾根をサクサク降りて、新茅山荘駐車場方面に分岐するとこんな感じに...。 大倉尾根と同程度の尾根(たぶん)の未整備版です。 トーゼンに辛い。。。

大倉尾根をサクサク降りて、新茅山荘駐車場方面に分岐するとこんな感じに...。 大倉尾根と同程度の尾根(たぶん)の未整備版です。 トーゼンに辛い。。。

はぁ、下まで来た。
名もなき?滝に癒されて、車までとぼとぼと。
久々の12時間行程でした^^;

はぁ、下まで来た。 名もなき?滝に癒されて、車までとぼとぼと。 久々の12時間行程でした^^;

はぁ、下まで来た。 名もなき?滝に癒されて、車までとぼとぼと。 久々の12時間行程でした^^;

6時前の新茅山荘駐車場。 ここまで、なかなか距離のあるダート路が続く。途中で引き返したくなったけど頑張りました♪

ヒル怖い。 完全防御! 10年位前に購入したゲイターを初めて使うw ヒルよけもめちゃくちゃスプレーした。 結果、ヒル見ませんでした。俺だけバカみたい!?ふぉ?

丹沢木道キター!

行者ヶ岳からの眺望。空が重い。。。

政次郎ノ頭の手前。空だけでなく、既にふくらはぎも重い。。。なんでだろう?

塔ノ岳到着! こら!お前らなんでこんなところにいるんだ! ヘリで運んだらしい。

今日はいい天気のはずだろ!うーむ。

馬酔木。ガスガスをバックにつぼ状の白い花が全然際立たない! 今日は足腰がやられないように、しゃがんでの花撮影会は減らします。って、そもそも花はあまり目につきませんでした。

今年初の百名山、丹沢山到着! 2、3組の登山客が休憩中でした。

みやま山荘でコーラ買った♪ いまだ2.5㍑の水がリュックを重くしてるけどw

コイワザクラ?が単独でポツポツ目に付く。 サクラソウみたいでかわいい。 って、サクラソウの仲間だった。

いい稜線。 あれは○○山、これは○○山と、山容や稜線を堪能している方たちがいました。丹沢初心者の自分には、山座同定アプリを使ってもよく分からなかった。

バイケイソウ祭り開催中! この葉脈が好き。

棚沢ノ頭。 ←(丹沢山)から来て→(蛭ヶ岳)に向かう。 そのあと、蛭ヶ岳から戻ってきて↑(熊木沢)に向かう予定。

蛭ヶ岳手前で富士山チッ!

蛭ヶ岳到着!ひぃひぃ^^; 雲はまだ重たいが、いい感じ~♪ あれは宮ケ瀬湖?

蛭カレーいっといた。 思いのほか(失礼な!)、美味しかった~♪そして満腹♪♪大満足♪♪♪ さ、次行こう。 この時は、ここまで5時間位だから9時間ぐらいで戻れるだろうと思っていた。

蛭ヶ岳から降りはじめてからの眺望。 左の河原がこの後向かう熊木沢(たぶん) 右が富士山チッ!

熊木沢へ降りていく赤実線ルート。踏み跡はしっかりしているが、、、

そのうちによくわからなくなる。 YAMAP地図とにらめっこして進むと、ピンクテープや薄い踏み跡が出てきて、迷っていない確信を得る。

頑張って熊木沢まで降り、橋を通り、脚立を降りたところでパシャ! なんで橋が途中で切れて脚立?? 橋が流された?いや、林道が流されたらしい。 ───┤  林  │  橋 │     │ ───┤  道  │ が ───┐   │林│  橋 │脚立 │ │ ───┘   │道│ となった。(たぶん)

さぁ、鍋割山への登り口は何処だ?10分以上彷徨うがよくわからない。 だめだ...。リスケだ。最近の2つのレポを見ていたので、このルートからのリスケは想定外だ! YAMAP地図と相談すると、、、4方向に立入禁止マークが!八方塞がりだった...。蛭ヶ岳方面へ戻るしかない!? だから誰にも会わなかったんだ...。 黄昏れる。 黄昏れる。 黄昏れる。

へへへーん!もう少し先に赤テープ発見♪いえーい。

むむむ。 どんどん急登になっていく。 急登だけど、全然滑らないです。

横をみるとこんな感じ。 無理やり尾根に取り付きます。

下を見るとこんな感じ。 小ピークを何度も上り下りしてます^^;

はぁ~、何回しゃがんで休憩したことだろう^^; いなくなって初めて気が付く、木道のやさしさ。

そしてついに、 鍋割山への登山道と合流!いえい! すでにHPは0 後で他サイトで調べたら、数名の人しか通ってないルートでした^^;

鍋割山到着! 15時過ぎで誰もいない。 ならば、ベンチで大の字になって休憩!

鍋割山から相模湾。疲れが吹っ飛ぶ♪

富士山チッ!

大倉尾根をサクサク降りて、新茅山荘駐車場方面に分岐するとこんな感じに...。 大倉尾根と同程度の尾根(たぶん)の未整備版です。 トーゼンに辛い。。。

はぁ、下まで来た。 名もなき?滝に癒されて、車までとぼとぼと。 久々の12時間行程でした^^;