鬼とメロンパン

2015.07.03(金) 10:49 - 2015.07.03(金) 16:47
Sefurisan (Saga, Fukuoka)
目覚ましは鳴ったんです!でも、どうせ曇りだし朝焼けも日の出も期待できないから朝のウォーキングをサボって二度寝。 6時半に起きてテレビをダラダラと。天気予報じゃお昼頃は晴れですか。 ならばどっか登ってみましょうか!と言うことで1年ぶりの脊振山。 鬼ヶ鼻岩の直登コースを体験してみたく椎原までバスでね!←去年のお盆は自宅からオール徒歩で53Kでした。 さて、椎原峠への登山口から登るわけですが鬼ヶ鼻岩への直登コースはヤマップの地図には載ってない。 分岐するところが判らずにしょうがないので山と高原地図のアプリを開くと… すでに過ぎ去ってる模様(あ” 5分ほど引き返すもまだ判らず。て言うか下りすぎてるし。 再び登り山と高原地図の分岐のとこで周りを見回すと沢の向こうに道らしき跡が。 そこからは赤テープがなくケルンとマーカーを頼るのみ。 胸丈くらいの藪漕ぎしてたら岩に躓いて派手に転び膝を負傷の出血orz 一番痛かったのは買って1か月もしてないズボンの膝が破けたことですが。 急登を登り切り鬼ヶ鼻岩に到着。先客が1名、後追いで2名のご夫婦。 期待はしてなかったけど眺望はまったく良くなく油山が認識できる程度。 40分の休憩のあと脊振山を目指すも時間的には大丈夫なのか? とりあえず矢筈峠まで行ってみて検討。14:30に矢筈峠着。 椎原バス停17:08のバスに乗らないと18時からの野球中継に間に合わん!←山頂乾杯と同じくらいに大切です! ここからバス停までコースタイムで1時間50分。脊振山までが30分。 ということは行って帰ってきて下山で2時間50分。 僕の足でだいたいコースタイムの8割なんでコーヒー飲むくらいは出来るかな。 山頂ではクルマでいらっしゃった3名様と遭遇。メロンパンナちゃんの記念撮影してコーヒー飲んで20分の滞在でそそくさと下山。 矢筈峠からは沢沿いを渡渉、渡渉、また渡渉を繰り返すこと数十回。車谷の分岐に16:20着。あ、早すぎた! そこからはゆっくり歩いてバス停まで。何とか野球中継にも間に合いシャワー浴びてビール飲みながら活動日記更新なう。 そして今、我が広島はヤクルトに勝ちました!\(^o^)/

写真

しゅっぱーつ

しゅっぱーつ

椎原峠へ

椎原峠へ

渡渉

渡渉

また渡渉

また渡渉

この標識のとこから渡渉して鬼ヶ鼻直登コースへ

この標識のとこから渡渉して鬼ヶ鼻直登コースへ

ここです!

ここです!

藪漕ぎ…そして足元が見えず岩にすっころんで膝を擦り剥き出血。沢で洗って絆創膏で応急手当。ズボンの膝が破けたのが一番痛かったケド

藪漕ぎ…そして足元が見えず岩にすっころんで膝を擦り剥き出血。沢で洗って絆創膏で応急手当。ズボンの膝が破けたのが一番痛かったケド

山アジサイ?

山アジサイ?

林道横断

林道横断

こっから急登が…

こっから急登が…

赤テープがなくマーカーと

赤テープがなくマーカーと

ケルンが目印になります。

ケルンが目印になります。

鬼ヶ鼻岩直下

鬼ヶ鼻岩直下

到着!

到着!

パックリと…絆創膏が剥がれてて貼り直し

パックリと…絆創膏が剥がれてて貼り直し

とりあえず、かんぱーい♪

とりあえず、かんぱーい♪

遠くにメロンパンナちゃん

遠くにメロンパンナちゃん

霞んで見えない福岡市内と油山

霞んで見えない福岡市内と油山

歩きながら休憩

歩きながら休憩

笹藪を行くしかないのです

笹藪を行くしかないのです

気象台レーダーとメロンパンナちゃん

気象台レーダーとメロンパンナちゃん

いつものザレ場

いつものザレ場

メロンパンナちゃんと脊振神社

メロンパンナちゃんと脊振神社

疲れてるのでむしろアンパンが食べたいのですが…

疲れてるのでむしろアンパンが食べたいのですが…

15℃とかなってるけど体感温度は20℃です。この時間の福岡市内の気温が26℃なんで標高考えたら20℃くらいのはずなんやけど?

15℃とかなってるけど体感温度は20℃です。この時間の福岡市内の気温が26℃なんで標高考えたら20℃くらいのはずなんやけど?

脊振ダム

脊振ダム

コーヒーブレイク

コーヒーブレイク

そして下山も渡渉

そして下山も渡渉

渡渉につぐ渡渉

渡渉につぐ渡渉

林道を100Mほど歩いてまた下山

林道を100Mほど歩いてまた下山

こっちは通行止めね

こっちは通行止めね

バスの時間が迫ってるのでフラットな道は小走りで

バスの時間が迫ってるのでフラットな道は小走りで

車谷の分岐。こっからは舗装路でバス停まで20分くらい

車谷の分岐。こっからは舗装路でバス停まで20分くらい

マダり…

マダり…

奥の山のてっぺんは唐人の舞あたり?

奥の山のてっぺんは唐人の舞あたり?

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。