境岳・風来山・ポン山

2021.04.29(木) 日帰り

ゴールデンウィークが始まったが、期間中の好天は今日くらいなものか。 久し振りのソロで、気ままな春山ハイクと意気込んだが、今日は29日だ。 時間の制約がある。早く帰らねば。 東の空は既に明るい。中山峠除雪ステーションの駐車場に車を停めて出発した(6:37)。 尾根は緩やかで、だだっ広い。何となくという感じで境岳の頂上に着いた(7:02)。岳というより丘の趣である。 山頂標識の手前には、堀り掛けの穴と掘り下げた穴があった。 掘り下げた方は目測1.5mほどで、穴の底には何もなく、何の形跡もない。 ここは三等三角点「境岳」926.8mである。 おそらく三角点の標石を表出しようとしたのではないだろうか。標石はまだ下にあるのか、それとも穴の位置がズレたのか? いずれにしても、ここまで掘り下げた基礎体力には脱帽するしかない。 5分ほど脱帽した後、風来山に向かった(7:08)。 広く平坦な尾根を、やや右ドッグレッグで15分ほど歩くと風来山だ(7:23)。 ここも丘のような場所で、これと言って特色はない。 ここからポン山までは、ダケカンバと白樺の疎林の中の雪原ハイキングだ。 のどかに歩いていると、何となく頂上に着いた(7:56)。 平坦な頂上は樹木に遮られて展望はない。 丁度山頂でソロの男性とスライド。彼は喜茂別岳の方向に向かって行った。 私はというと、時間の制約がある。萬年草(965m)までは無理だろう。という訳で、P887まで行って折り返し(8:33)、下山した。 くどいようだが、今日は29日だ。 カミさんから念を押されている。「9の付く日は東光デーだから」と。 例によって、アッシー君とポーター君という極めて重要な仕事が私を待っている。 余力があってどうも物足りないが、仕方がない。 今日の「おかわり」は、スーパーの食品売り場にしよう。

出発だ。
尾根は広く、どこでも歩ける。

出発だ。 尾根は広く、どこでも歩ける。

出発だ。 尾根は広く、どこでも歩ける。

三等三角点「境岳」△926.8m

三等三角点「境岳」△926.8m

三等三角点「境岳」△926.8m

境岳から風来山を見る。

境岳から風来山を見る。

境岳から風来山を見る。

風来山 979m

風来山 979m

風来山 979m

風来山を下って標高915m付近の白樺。

風来山を下って標高915m付近の白樺。

風来山を下って標高915m付近の白樺。

風来山とポン山のコル。
大広場だ。

風来山とポン山のコル。 大広場だ。

風来山とポン山のコル。 大広場だ。

ポン山 925m。

ポン山 925m。

ポン山 925m。

P887。
ピンテなし標識なし展望なし。

P887。 ピンテなし標識なし展望なし。

P887。 ピンテなし標識なし展望なし。

風来山の20m下から蓬莱山を望む。

風来山の20m下から蓬莱山を望む。

風来山の20m下から蓬莱山を望む。

左に本倶登山、右にルスツスキー場。

左に本倶登山、右にルスツスキー場。

左に本倶登山、右にルスツスキー場。

尻別岳遠望。

尻別岳遠望。

尻別岳遠望。

風来山と境岳のコルから中岳。

風来山と境岳のコルから中岳。

風来山と境岳のコルから中岳。

中央に並河岳。

中央に並河岳。

中央に並河岳。

風来山と境岳のコルから無意根山を望む。

風来山と境岳のコルから無意根山を望む。

風来山と境岳のコルから無意根山を望む。

境岳付近から羊蹄山を遠望する。

境岳付近から羊蹄山を遠望する。

境岳付近から羊蹄山を遠望する。

境岳頂上にあった穴。

境岳頂上にあった穴。

境岳頂上にあった穴。

穴の中。何もなく、何の痕跡もない。

穴の中。何もなく、何の痕跡もない。

穴の中。何もなく、何の痕跡もない。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く花1。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く花1。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く花1。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く花2。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く花2。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く花2。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く水芭蕉。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く水芭蕉。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く水芭蕉。

水芭蕉もう一枚。

水芭蕉もう一枚。

水芭蕉もう一枚。

出発だ。 尾根は広く、どこでも歩ける。

三等三角点「境岳」△926.8m

境岳から風来山を見る。

風来山 979m

風来山を下って標高915m付近の白樺。

風来山とポン山のコル。 大広場だ。

ポン山 925m。

P887。 ピンテなし標識なし展望なし。

風来山の20m下から蓬莱山を望む。

左に本倶登山、右にルスツスキー場。

尻別岳遠望。

風来山と境岳のコルから中岳。

中央に並河岳。

風来山と境岳のコルから無意根山を望む。

境岳付近から羊蹄山を遠望する。

境岳頂上にあった穴。

穴の中。何もなく、何の痕跡もない。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く花1。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く花2。

帰路、無意根山の薄別登山口に咲く水芭蕉。

水芭蕉もう一枚。

類似するルートを通った活動日記