雨乞岳(武平トンネル西登山口コース)クラ谷 東雨乞岳 経由ルート

2015.07.02(木) 07:26 - 2015.07.02(木) 13:08
鈴鹿セブン4座目登頂成功です。 今回はアクセスの利便性を考えて 前から予定していた雨乞岳に登ってきました。 もう一つ候補の山と迷ったのですが前日の天候予測で 「午前中曇~午後晴れ」になっていて登山には適した天候だったので 前日に滋賀県警察にネット申請で登山届を提出し 途中御在所の駐車場で知り合いの車を見かけたのですが 武平トンネル西駐車場をめざし予定より少し遅れて 7:00過ぎに入山しました。(自分以外の車は無かった) 今回は7合目付近でコースアウトをする経験をしました。 コースアウトは結局戻るのが一番早い・安全・疲れない 当たり前の事を体験しました。 (解かっていたけど経験したかったので引き返せるようにコースアウトしてます) 登山中誰にも合わない初めての経験にもなりました。 雨乞岳は自然の残る豊かな森を進めて行く「足元をしっかり固めて登る」山でした。 体調管理に合わせて、トイレ管理も今後しっかり合わせて行く事の認識ができた登山でした。 (出来れば山でトイレはしたくない) ※雨乞岳山頂はくつろげないので東雨乞岳山頂で休息

写真

武平トンネル西側駐車場からスタートです。

武平トンネル西側駐車場からスタートです。

雨乞岳に合わせてゲイター装備です。(パートナー用の装備で準備していたもでSサイズ)

雨乞岳に合わせてゲイター装備です。(パートナー用の装備で準備していたもでSサイズ)

駐車場から少し歩きます(10mぐらい)

駐車場から少し歩きます(10mぐらい)

武平峠~雨乞岳 ここは①番です 非常にわかりやすい。

武平峠~雨乞岳 ここは①番です 非常にわかりやすい。

滋賀県警察ネット申請で「登山届」は提出してます。ポストにも提出(下山後確認したら簡単に取る事ができて、回収されていない様子。自分の届を回収しました)

滋賀県警察ネット申請で「登山届」は提出してます。ポストにも提出(下山後確認したら簡単に取る事ができて、回収されていない様子。自分の届を回収しました)

わくわくの登りがはじまります。

わくわくの登りがはじまります。

ガスで幻想的な雰囲気

ガスで幻想的な雰囲気

アップダウンが続きます。

アップダウンが続きます。

沢わたりも何度もあります。

沢わたりも何度もあります。

ここは②番です。 までほとんど森の中です。「くまさんです」

ここは②番です。 までほとんど森の中です。「くまさんです」

ゴツゴツ 岩場もしっかり踏みしめていきます。

ゴツゴツ 岩場もしっかり踏みしめていきます。

ここは③番です。 アップダウンがつづくので緊張感があって時間も体力も使います。

ここは③番です。 アップダウンがつづくので緊張感があって時間も体力も使います。

ほとんどが森の中、水の音を聞きながらなので夏の暑い時期が最高かも?

ほとんどが森の中、水の音を聞きながらなので夏の暑い時期が最高かも?

ここは〇番です。 とは別に 119番の案内もでてます。

ここは〇番です。 とは別に 119番の案内もでてます。

自然と遊んでる感じ? 今回、ハシゴなどの造形物がなかったので積石でも和みました。

自然と遊んでる感じ? 今回、ハシゴなどの造形物がなかったので積石でも和みました。

色々な景色の森の姿をたのしめます。 御在所の隣の山とは思えないほどの豊かな土壌です。

色々な景色の森の姿をたのしめます。 御在所の隣の山とは思えないほどの豊かな土壌です。

ここは④番です。 ここの奥手が迷い道のようで多くの人が 迷ってるとの事です。 

ここは④番です。 ここの奥手が迷い道のようで多くの人が 迷ってるとの事です。 

沢の中進みます。

沢の中進みます。

水に足を入れる場所もあり GTX(ゴアテックス)使用の登山靴でないと後半しんどいかもです。

水に足を入れる場所もあり GTX(ゴアテックス)使用の登山靴でないと後半しんどいかもです。

ロープがあるのは3か所しかないので、楽しみながら無理にでも使いましょう。損はしないはずです。下山時この場所ですべったけど助かりました。ロープ使ってなかったら?しんどかったと思います。

ロープがあるのは3か所しかないので、楽しみながら無理にでも使いましょう。損はしないはずです。下山時この場所ですべったけど助かりました。ロープ使ってなかったら?しんどかったと思います。

絶妙に切断されてます。 感謝

絶妙に切断されてます。 感謝

行きますよ 「雨乞岳」 ~ 

行きますよ 「雨乞岳」 ~ 

水量が増している所へ突入・・・

水量が増している所へ突入・・・

沢わたり最高

沢わたり最高

しっかり足場を確認して渡ります。

しっかり足場を確認して渡ります。

ここは⑤番です。 森の中 山の中腹 といった感じで 自分以外の気配をまったく感じない不思議な空間でした。

ここは⑤番です。 森の中 山の中腹 といった感じで 自分以外の気配をまったく感じない不思議な空間でした。

なんとか読める看板です。

なんとか読める看板です。

ここは今日一番歩きやすい(庭石を敷き詰めた感)ところです。

ここは今日一番歩きやすい(庭石を敷き詰めた感)ところです。

ぐっと登りになります。

ぐっと登りになります。

119番の看板ですね。

119番の看板ですね。

沢わたりがまたあります。

沢わたりがまたあります。

ここ⑥番です。

ここ⑥番です。

沢を「がんがん」せめます。(めっちゃ慎重に)

沢を「がんがん」せめます。(めっちゃ慎重に)

足は濡れても良いや、ぐらいでせめます。(慎重に)

足は濡れても良いや、ぐらいでせめます。(慎重に)

今日の行動食メインは、DA・KA・RA と タブレット

今日の行動食メインは、DA・KA・RA と タブレット

看板が読めないですけど 伝わってきます。

看板が読めないですけど 伝わってきます。

この読めない看板までは、コース上にいます。

この読めない看板までは、コース上にいます。

ここは実は、コースアウトしています。目測で目印を完全にロストしています。

ここは実は、コースアウトしています。目測で目印を完全にロストしています。

それでもトレース出来ているか確認をまだ行っていますが・・・コースアウトには気づいています。

それでもトレース出来ているか確認をまだ行っていますが・・・コースアウトには気づいています。

水の流れとGPSの位置がほぼ平行していたので流れに合わせて登ります。

水の流れとGPSの位置がほぼ平行していたので流れに合わせて登ります。

さらにインコースの高台を目指して進めますが、地図を確認すると水のアウト側に登山道があるとおもわれるので・・・

さらにインコースの高台を目指して進めますが、地図を確認すると水のアウト側に登山道があるとおもわれるので・・・

一度水の流れに合わせて登り・・・

一度水の流れに合わせて登り・・・

続けて登り・・・

続けて登り・・・

ちょっとエネルギーを補給 いつもの 「SOYJOY」

ちょっとエネルギーを補給 いつもの 「SOYJOY」

ここから一気にアウトコースに方向をかえて・・・

ここから一気にアウトコースに方向をかえて・・・

おそらく稜線上に登山道があると確信して・・・

おそらく稜線上に登山道があると確信して・・・

ようやく復帰します。 「 ホッ 」 この青いテープが無ければ引き返すところでした。

ようやく復帰します。 「 ホッ 」 この青いテープが無ければ引き返すところでした。

登山道は歩きやすいと目線を落とした先に 「足跡」 大きさ形から鹿っぽい。

登山道は歩きやすいと目線を落とした先に 「足跡」 大きさ形から鹿っぽい。

いのししより軽い感じなので、ほぼ鹿にまちがいなさそう。

いのししより軽い感じなので、ほぼ鹿にまちがいなさそう。

コースアウトで 「ドロドロ」 だけどゲイターのおかげで掃除も楽でした。

コースアウトで 「ドロドロ」 だけどゲイターのおかげで掃除も楽でした。

ここ⑧番です。(7番 7人山をパスしてます。帰りには寄れるでしょう)

ここ⑧番です。(7番 7人山をパスしてます。帰りには寄れるでしょう)

気持ちよく ガスの中「くま笹?の中をすすめていると」  ガサガサ先行者発見 「鹿さん」

気持ちよく ガスの中「くま笹?の中をすすめていると」  ガサガサ先行者発見 「鹿さん」

白いお尻を ぴょんぴょん はずませながら 指の指す方に消えて行きました。

白いお尻を ぴょんぴょん はずませながら 指の指す方に消えて行きました。

今日は、誰にも合わなかったけど 鹿に会えたので 元気になりました。コースアウトの事を忘れて・・・

今日は、誰にも合わなかったけど 鹿に会えたので 元気になりました。コースアウトの事を忘れて・・・

東雨乞岳到着~  何にも見えません 真っ白です。 このまま雨乞岳をめざします。

東雨乞岳到着~  何にも見えません 真っ白です。 このまま雨乞岳をめざします。

ここにもありましたね。「鹿の足跡」

ここにもありましたね。「鹿の足跡」

たまに岩場があります。

たまに岩場があります。

本日 唯一の 何の花 「山百合」でいいのかな?ひざ下で咲いていたので奇跡的に発見でした。

本日 唯一の 何の花 「山百合」でいいのかな?ひざ下で咲いていたので奇跡的に発見でした。

たまに空が見えます、サトウキビ畑を歩いてる感じの背丈の高い笹です。でもすぐ真っ白になります。

たまに空が見えます、サトウキビ畑を歩いてる感じの背丈の高い笹です。でもすぐ真っ白になります。

ここは⑨番です。 もちろん雨乞岳です。

ここは⑨番です。 もちろん雨乞岳です。

いろいろあったけど・・・登頂成功

いろいろあったけど・・・登頂成功

三等三角点

三等三角点

ここが1200mの池

ここが1200mの池

ここに何かいますよ。 ぴょんぴょんする 雨の好きな子です。

ここに何かいますよ。 ぴょんぴょんする 雨の好きな子です。

東雨乞岳にもどって ご褒美です。「鮭おにぎり1つ」

東雨乞岳にもどって ご褒美です。「鮭おにぎり1つ」

「明太子おにぎり1つ」

「明太子おにぎり1つ」

ウイダーインゼリー1つ(今回アミノ酸系持参できず)

ウイダーインゼリー1つ(今回アミノ酸系持参できず)

下山前に靴ひもを固く結び直そうとゲイターをはずすと・・・いましたあいつが?

下山前に靴ひもを固く結び直そうとゲイターをはずすと・・・いましたあいつが?

ヒル下がりにジョニー君です。 元気にピコピコしてました。ゲイターとブーツの間に1つしか確認できなかったので・・・コースアウトが原因かもです。元気出して下山いきましょう。

ヒル下がりにジョニー君です。 元気にピコピコしてました。ゲイターとブーツの間に1つしか確認できなかったので・・・コースアウトが原因かもです。元気出して下山いきましょう。

ここから先が通った事のない登山道です。

ここから先が通った事のない登山道です。

明らかな登山道ですね。

明らかな登山道ですね。

めちゃめちゃ歩きやすい。

めちゃめちゃ歩きやすい。

ちょうど、ガスも流れて景色も良い・・・

ちょうど、ガスも流れて景色も良い・・・

はじめまして ここが⑦番です。 本日の指名手配ですね。

はじめまして ここが⑦番です。 本日の指名手配ですね。

じゃご褒美に チョコバー (今回はじめて 下山中にトイレ問題について考えながら の下山になりました)

じゃご褒美に チョコバー (今回はじめて 下山中にトイレ問題について考えながら の下山になりました)

天気も良くなってきたので 「阪神ファンのお友達」 に出会いました。

天気も良くなってきたので 「阪神ファンのお友達」 に出会いました。

今日は滋賀県におじゃましておりました。(トイレ問題は解決していません)

今日は滋賀県におじゃましておりました。(トイレ問題は解決していません)

無事に下山できました。 「最高の天気です」 めちゃ長くて つかれました(トイレ問題と一緒に帰宅です)

無事に下山できました。 「最高の天気です」 めちゃ長くて つかれました(トイレ問題と一緒に帰宅です)

道具リスト

  • テトンGTX

    MAMMUT

  • ウエストバックハイク

    MAMMUT

  • トラバットグローブ

    MAMMUT

  • MAMMUT スカイウォーカー

    その他

  • ポキオキ ソフトシェルキャップ

    MAMMUT

  • ソフテック タフ ライトジャケット

    MAMMUT

  • iPhone6

    その他

  • GORE-TEX Gaiter サイズS

    MAMMUT

  • ソフテック トラバースパンツ

    MAMMUT

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。