吉備路全山縦走(再チャレンジ)

2021.04.25(日) 日帰り

活動データ

タイム

12:58

距離

40.9km

上り

1708m

下り

1707m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
12 時間 58
休憩時間
58
距離
40.9 km
上り / 下り
1708 / 1707 m
4
1 1
11
6
3 15
1 57
1 7
30
1 17
2
3
17
2 22

活動詳細

すべて見る

吉備路全山縦走に再チャレンジです。 今回はとにかく歩き切ることが目標。 歩みの遅い私がトレランのコースを完徒するため早朝6時にスタート。 最高気温25℃の予報でしたが,早朝は涼しく快適,暑くなるまでにどれだけ進めるかが決め手で,写真撮影などは二の次にして坦々と歩くことに徹しました。 薄雲がかかっていた空が10時過ぎくらいには晴れ渡り,気温は20度を超えてきます。 その頃からアスファルトからの照り返しがきつくなってきます。 引き換えに青空になり,見上げると新緑が映えています。 そして前回,エスケープした最上稲荷奥之院一乗寺の山頂あたり,今振り返るとまだ終わりが見通せず一番辛かったように思います。 そして,そこから先は後半戦。歩けば歩くほどどんどん終わりに近づく,足が動かなくなる心配からセーブしていた足取りも軽くなり,吉備津神社まで一気の勢いで歩き切りました。 吉備津神社から駐車場までは9.6㎞のロード,Googleマップで徒歩ルート検索すると2時間強,日が沈むまでにたどり着けるかどうかギリギリですので休憩なし。 最短コースの国道180号線を進み,途中で温羅(うら)伝説ゆかりの神社の「矢喰(やぐい)神社」に立ち寄り。 今回唯一見学のために足を止めて見学しました。 吉備津彦の尊が放った矢と鬼ノ城に棲む温羅が投げた石がぶつかって落ちた場所との伝承地点です。 https://japanmystery.com/okayama/yagui.html 神社をあとにして,西の山に沈む夕日に向かって黙々と歩き,日没直後になんとか駐車場に到着。 今の自分の体力の限界を感じた一日でした。👨 ※ 写真は地点通過記録です。読み飛ばしてください。

吉備路の山全山縦走大会 6時,砂川公園駐車場からスタートです
10台くらいの車がありましたが,公園でキャンプをされていました
6時,砂川公園駐車場からスタートです 10台くらいの車がありましたが,公園でキャンプをされていました
吉備路の山全山縦走大会 ナナカマドでしょうか?
しばしば見かけました
ナナカマドでしょうか? しばしば見かけました
吉備路の山全山縦走大会 鬼ノ城駐車場に到着
順調
鬼ノ城駐車場に到着 順調
吉備路の山全山縦走大会 パノラマ
鬼ノ城山頂からの展望の案内板です
当日はここまでの展望はありませんでした
パノラマ 鬼ノ城山頂からの展望の案内板です 当日はここまでの展望はありませんでした
吉備路の山全山縦走大会 このような感じでした
このような感じでした
吉備路の山全山縦走大会 鬼ノ城西門
鬼ノ城西門
吉備路の山全山縦走大会 西門付近の石畳
水の流れで崩れないように内側に向けた傾斜にしてあります
西門付近の石畳 水の流れで崩れないように内側に向けた傾斜にしてあります
吉備路の山全山縦走大会 鬼ノ城の北東の展望のよい岩場に到着
鬼ノ城の北東の展望のよい岩場に到着
吉備路の山全山縦走大会 鬼ノ城山の温羅遺跡地点
鬼ノ城山の温羅遺跡地点
吉備路の山全山縦走大会 鬼ノ城の周回路は歩きやすい
鬼ノ城の周回路は歩きやすい
吉備路の山全山縦走大会 岩屋地区に到着
鬼の差し上げ岩
岩屋地区に到着 鬼の差し上げ岩
吉備路の山全山縦走大会 岩屋地区に到着
鬼の差し上げ岩の中です
岩屋地区に到着 鬼の差し上げ岩の中です
吉備路の山全山縦走大会 血吸川(吉備津彦命との戦いで傷ついた温羅の血が流れて真っ赤になったと伝えらる)沿いを下る
この道は苔むした木や岩でお気に入りです
血吸川(吉備津彦命との戦いで傷ついた温羅の血が流れて真っ赤になったと伝えらる)沿いを下る この道は苔むした木や岩でお気に入りです
吉備路の山全山縦走大会 血吸川にかかる橋
血吸川にかかる橋
吉備路の山全山縦走大会 竹藪を抜けます
ここもお気に入りです
竹藪を抜けます ここもお気に入りです
吉備路の山全山縦走大会 奥屋駐車場に到着
ほぼ計画通りに進行中
奥屋駐車場に到着 ほぼ計画通りに進行中
吉備路の山全山縦走大会 気温21度
気温21度
吉備路の山全山縦走大会 最初に見た花と同じ
最初に見た花と同じ
吉備路の山全山縦走大会 新緑の道を歩く
気持ちがいいです
但し,今回はずっと垂れ下がる虫を掃うためストックを振り回しながらの進行でした
新緑の道を歩く 気持ちがいいです 但し,今回はずっと垂れ下がる虫を掃うためストックを振り回しながらの進行でした
吉備路の山全山縦走大会 足守の街並み
江戸時代は木下氏足守藩の陣屋町、蘭学者緒方洪庵の出身地で、中心部一帯は足守町並み保存地区に指定されており現在も当時の町並みが残っています
足守の街並み 江戸時代は木下氏足守藩の陣屋町、蘭学者緒方洪庵の出身地で、中心部一帯は足守町並み保存地区に指定されており現在も当時の町並みが残っています
吉備路の山全山縦走大会 藤田千年治亭
この地で醤油製造業をしていた商家
江戸時代末に建築,内部は当時の醤油工場の様子が再現されています
足守には近水園(おみずえん)や侍屋敷などの見どころがあります
藤田千年治亭 この地で醤油製造業をしていた商家 江戸時代末に建築,内部は当時の醤油工場の様子が再現されています 足守には近水園(おみずえん)や侍屋敷などの見どころがあります
吉備路の山全山縦走大会 龍泉寺に到着
古来霊場として、滝修行の場があり,この日もなさっていました
ご本人の許可がないので撮影はできませんでした
龍泉寺に到着 古来霊場として、滝修行の場があり,この日もなさっていました ご本人の許可がないので撮影はできませんでした
吉備路の山全山縦走大会 龍泉寺の龍王池
龍泉寺の龍王池
吉備路の山全山縦走大会 紅葉の新緑も鮮やかです
紅葉の新緑も鮮やかです
吉備路の山全山縦走大会 龍王山山頂に到着
少し遅れ気味になっていました
龍王山山頂に到着 少し遅れ気味になっていました
吉備路の山全山縦走大会 山頂にある最上稲荷奥之院一乗寺
お寺のようですが鳥居
山頂にある最上稲荷奥之院一乗寺 お寺のようですが鳥居
吉備路の山全山縦走大会 ここの狛犬に相当するこれは?
ライオン?
ここの狛犬に相当するこれは? ライオン?
吉備路の山全山縦走大会 かなり長い木段
今回のルートでは珍しい
かなり長い木段 今回のルートでは珍しい
吉備路の山全山縦走大会 シャガの群落がありました
シャガの群落がありました
吉備路の山全山縦走大会 三光山に到着
ほぼ順調
三光山に到着 ほぼ順調
吉備路の山全山縦走大会 雲一つない青空になっていました
雲一つない青空になっていました
吉備路の山全山縦走大会 太平山に到着
太平山に到着
吉備路の山全山縦走大会 龍王山あたりから要所にこの表示
龍王山あたりから要所にこの表示
吉備路の山全山縦走大会 いよいよ最後の吉備中山に向かいます
いよいよ最後の吉備中山に向かいます
吉備路の山全山縦走大会 吉備津彦神社に到着
吉備津彦神社に到着
吉備路の山全山縦走大会 ここが正規の登山口のようです
初めて通ります
ここが正規の登山口のようです 初めて通ります
吉備路の山全山縦走大会 砲弾?
説明はありませんでした
砲弾? 説明はありませんでした
吉備路の山全山縦走大会 吉備中山に到着
なんとか日暮れまでに駐車場へ戻れるペースをキープしています
吉備中山に到着 なんとか日暮れまでに駐車場へ戻れるペースをキープしています
吉備路の山全山縦走大会 茶臼山古墳
茶臼山古墳
吉備路の山全山縦走大会 吉備津神社に下りてきました
吉備津神社に下りてきました
吉備路の山全山縦走大会 矢喰神社と矢喰の岩
矢喰神社と矢喰の岩
吉備路の山全山縦走大会 矢喰の岩
矢喰の岩
吉備路の山全山縦走大会 総社IC近くのAmazonの物流基地「岡山フルフィルメントセンター(FC)」
総社IC近くのAmazonの物流基地「岡山フルフィルメントセンター(FC)」
吉備路の山全山縦走大会 同じく郵便の物流基地
同じく郵便の物流基地
吉備路の山全山縦走大会 血吸川堤防を帰ります
車が通らないのでゆったりです
血吸川堤防を帰ります 車が通らないのでゆったりです
吉備路の山全山縦走大会 JR吉備線を渡ります
いよいよ日没間近
JR吉備線を渡ります いよいよ日没間近
吉備路の山全山縦走大会 なんとか暗くなる前に駐車場に戻って来られました
なんとか暗くなる前に駐車場に戻って来られました
吉備路の山全山縦走大会 距離と時間の長い一日がようやく終わりました

なんとか吉備路全山縦走を歩き通せた,一応満足

ありがとうございました👨
距離と時間の長い一日がようやく終わりました なんとか吉備路全山縦走を歩き通せた,一応満足 ありがとうございました👨

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。