大倉~塔の岳ピストン。お花たくさん、ヒルもたくさん(-"-)

2015.06.30(火) 08:35 - 2015.06.30(火) 14:57
Tanzawasan (Kanagawa, Yamanashi)
大倉→塔の岳のピストンしてきました。 6月ならではのお花がたくさん咲いていて、登り一辺倒、展望ほぼゼロの山行に色どり与えてくれました。 しっかし、見晴茶屋までの道はグチャグチャ道、ヒルもたくさん見かけました。あぶないあぶない(*_*; 前回大倉へ降りた時の例の登山靴で再リベンジ。今度はスーパーフィートの中敷きを思い切ってはずし、最初から入っていたペラッペラッの中敷きに戻してみたら、だいぶ痛みが軽減されました。右靴のサイズが多少小さかったのが原因だったよう。

写真

ホタルブクロ

ホタルブクロ

見晴小屋

見晴小屋

見晴ゼロ

見晴ゼロ

ここから本格的な登りがはじまります。

ここから本格的な登りがはじまります。

雑事の平の場の付近の平らな尾根道。ここはちょっとほっとします。

雑事の平の場の付近の平らな尾根道。ここはちょっとほっとします。

秋になるとモミジが紅葉してすごくきれいな道です。

秋になるとモミジが紅葉してすごくきれいな道です。

水水しぃ~。

水水しぃ~。

堀止茶屋

堀止茶屋

ヤマボウシ

ヤマボウシ

堀山の家。今日はお休み。

堀山の家。今日はお休み。

シモツケ

シモツケ

ここからはひたすら階段地獄(-"-)

ここからはひたすら階段地獄(-"-)

天神尾根分岐付近。ここもホッとできる場所。

天神尾根分岐付近。ここもホッとできる場所。

ガレ場に変わってきます。

ガレ場に変わってきます。

ここのあたりからお花が増えてきてキョロキョロしながら進めます。ひたすら登りだったからありがたや。

ここのあたりからお花が増えてきてキョロキョロしながら進めます。ひたすら登りだったからありがたや。

ノイバラ

ノイバラ

クサノオウ?

クサノオウ?

ここから絶景の景色が見えるハズなのですが・・

ここから絶景の景色が見えるハズなのですが・・

おー、黒々雨雲が追いかけてくる~。急げ---

おー、黒々雨雲が追いかけてくる~。急げ---

この階段を登れば・・登れば・・・。

この階段を登れば・・登れば・・・。

エゴノキ

エゴノキ

花立山荘に到着。だいぶお花と戯れました。

花立山荘に到着。だいぶお花と戯れました。

わぉ。まだまだ咲いてる。

わぉ。まだまだ咲いてる。

あっちにも、こっちにも。

あっちにも、こっちにも。

金冷し。 もうあと一息。

金冷し。 もうあと一息。

尊仏山荘が見えてきた

尊仏山荘が見えてきた

塔の岳山頂!

塔の岳山頂!

景色は・・・。やっぱりかいーーーー

景色は・・・。やっぱりかいーーーー

気をとりなおして、ごはんごはん♪♪フォー・ガースープ”!具が見えない。

気をとりなおして、ごはんごはん♪♪フォー・ガースープ”!具が見えない。

町田の”権米衛”でおにぎり買ってきて良かったーー。って、一つも手作り感なしの山飯(-"-)

町田の”権米衛”でおにぎり買ってきて良かったーー。って、一つも手作り感なしの山飯(-"-)

ドロドロ道でした

ドロドロ道でした

たっぷり休憩したので、下山開始。花立山荘前まで下りてきました。

たっぷり休憩したので、下山開始。花立山荘前まで下りてきました。

景色は・・・まっしろです。

景色は・・・まっしろです。

見晴小屋前の景色。もっと見えなくなってる。

見晴小屋前の景色。もっと見えなくなってる。

ヒル、たくさん見かけました。ひえ~~

ヒル、たくさん見かけました。ひえ~~

下山後は炭酸がなぜか飲みたくなります。

下山後は炭酸がなぜか飲みたくなります。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。