朝明~釈迦ヶ岳~根の平峠 周回

2015.06.29(月) 09:40 - 2015.06.29(月) 14:30
Shakagatake(Suzuka) (Mie, Shiga)
お休みをもらって釈迦ヶ岳へ。 釈迦ヶ岳の北(八風峠周回)と南(ハト峰周回)とで迷いましたが、今回は南側を歩くことにしました。 釈迦ヶ岳の登りは、前回庵座谷登りでしんどかったので今回は中尾根から登りました。 でもこのコースは最初に尾根に出るまで、急坂が続くんでした。いきなり体力消耗しますが、20分ほどで尾根に出て、そこからは尾根歩きで登り続けます。今日は曇りで気温が高くなく、涼しい風が吹いてました。途中で開ける眺望では、御在所が見えますが、今日は雲がかかって少し残念な感じでした。 そんなこんなで、1時間半程で釈迦ヶ岳頂上につきました。 頂上からは麓の街並みがきれいに見えてなかなかの絶景です。 頂上で八風方面から登ってきた方々と一緒になりお話が聞けました。 岩ヶ峰コースは厳しいというので今回ひよったワケですが、次回は登ってみたいと思っているのでいろいろ貴重な情報を頂きました。 今日はハト峰まで、あわよくば根の平峠まで行ってみたいと思っていたので、皆さんが休憩されている時に 一足お先に出発しました。 結果としては11:40釈迦ヶ岳頂上を出発し、~猫岳~ハト峰峠で1時間。さらに先に行って~中峠~根の平峠で1時間。根の平峠から朝明の駐車場までで1時間少々。といった時間配分でした。 距離はおよそ11km。5時間の山歩きです。 平日ということもあり、釈迦ヶ岳を出発してからは誰にも会わず、純粋に山を満喫してきました。 ハト峰辺りまでは、後ろを振り返ると釈迦ヶ岳が見え、左を見ると四日市の町並みが見えますが、 ハト峰を過ぎると山深くなってきて、一時、ふもとの町が見えなくなります。 たまに見える釈迦ガ岳もはるか向こうに霞がかって見えるほどになりました。 尾根の少し開けた場所で目をつむると、静かすぎて山に溶けてしまいそうな感覚になりました。 何と贅沢な話です。 楽過ぎず、しんど過ぎず、岩場あり、渓流あり、滝あり、尾根歩きあり。 滝好き、登山道好きの自分としては、鈴鹿の山は1000mそこそこで尾根歩きが出来るのが最高です。 次は藤原岳か、御池岳か、釈迦ガ岳の北の谷を周回するか、、、御在所はいつ行こうか、、、、と悩みは尽きません。

写真

今日は中尾根ルートを選択しました

今日は中尾根ルートを選択しました

ここを渡らないといけません。石飛です。

ここを渡らないといけません。石飛です。

中尾根の登山道入口。

中尾根の登山道入口。

いきなりの急坂。

いきなりの急坂。

20分ほどで尾根に出ます。

20分ほどで尾根に出ます。

僕の好きな感じの尾根歩きです。

僕の好きな感じの尾根歩きです。

尾根と言ってもこんな岩がごろごろしてます

尾根と言ってもこんな岩がごろごろしてます

奥の御在所は雲がかかってます

奥の御在所は雲がかかってます

木の根元が崩れたようです

木の根元が崩れたようです

前の写真の足元はこんな感じ

前の写真の足元はこんな感じ

こんな道が続きます

こんな道が続きます

ここから尾根らしい尾根歩きです

ここから尾根らしい尾根歩きです

最後の難関

最後の難関

今日はハト峰に行きます

今日はハト峰に行きます

こんな道大好きです①

こんな道大好きです①

こんな道大好きです②

こんな道大好きです②

猫岳(手前)と釈迦の鞍部

猫岳(手前)と釈迦の鞍部

ハト峰峠。降りきったところを左で朝明。今日はまっすぐ。

ハト峰峠。降りきったところを左で朝明。今日はまっすぐ。

ハト峰の道しるべ

ハト峰の道しるべ

こんな道大好きです③

こんな道大好きです③

街が遠くに見えます

街が遠くに見えます

こんな道大好きです④

こんな道大好きです④

中峠。今日はさらに根の平まで。

中峠。今日はさらに根の平まで。

根ノ平峠。ここから降りて渓流沿いを歩きます

根ノ平峠。ここから降りて渓流沿いを歩きます

登山口入口。これは分かりずらい。。。

登山口入口。これは分かりずらい。。。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。