1511P13☆芦別岳

2015.06.29(月) 04:16 - 2015.06.29(月) 17:19
Ashibetsudake (Hokkaido)
🗻高校時代に新道を登って以来、数十年振りに旧道から芦別岳に登頂しました。 *旧道は、登る者の「心技体」が試される過酷なルート(-_-;) *登山者として備えておかなければならない体力、そして精神力と判断力が自分には欠けていることを痛感させられた登山となりました。 ◆北尾根で頭に浮かんだのは・・・横綱☆千代の富士のことば「体力の・・限界!」 ◆ちょっと写真が多くなっちゃって申し訳ございませんm(__)m  前半は山の景色、後半は花の写真をアップしました。 ◆今回は、その時の「心の叫び」など、写真のキャプションを少し詳しくしてみました(笑) ◆相変わらず、お花の説明は手薄です。悪しからず(*_*; §行程表 ▲上り*旧道ルート▲ (山部自然公園太陽の里駐車場04:19⇒)04:41旧道登山口⇒06:38三段の滝⇒06:41鉄梯子 ⇒06:50ユーフレ小屋分岐⇒08:09夫婦岩分岐(ここから迷う08:20夫婦岩崩れ~薮コギ~ 09:10元ルート)⇒10:10国境尾根(🍙ランチタイム)⇒10:50*1444峰⇒11:25*1457峰 ⇒11:50*1579峰⇒12:20キレット⇒12:30頂上直下平原(☕コーヒーブレーク) ⇒13:08頂上アタック開始⇒13:23芦別岳 △所要時間(休憩1:00&迷走1:00含む)8:42 △標高差1337m ▼下り*新道ルート▼ 芦別岳14:41⇒14:56雲峰山⇒15:22半面山⇒15:47鶯谷⇒16:27呻吟坂序曲⇒17:04新道登山口 ▽所要時間2:23 ▽標高差1401m ★熊の鳴き声と糞 *登頂して40分ほど経過した頃、旧道方面の平原で、親を呼ぶような子熊らしき鳴き声が聞こえ始めこれが10分以上も続きます。子離れの時期なのか、親を探しているような鋭い声は、一足先に下山を始めた新道側の登山者にも、頂上にも平原にも響き渡るものでした。ファインダーで声の方向を探しましたが姿は見えず終い。 丁度その時、キレットを登り終えた登山者が歩を止めて声のする方向を伺っているのが見え、やがて鳴き声が止むと、山頂に向けて再び歩を進めて来ました。その後は分かりません。 彼の到着を待たず、反対側の新道を下山開始(・・;) *旧道は熊が出ると昔から言われていますが、この日は熊の形跡は見当たりませんでした。むしろ、下山に使った新道では熊の糞が3か所もありました(@_@) ★この山で触れておかなければならないこと 芦別岳は、昔から夏・冬・クライミング・登山を問わず、登山者を引きつけて止まない魅力的な名峰です。 なぜ、この山を百名山に選ばなかったのかあの方に聞いてみたい! 気分です。 『魅力と魔力』は裏腹・・・山への畏敬の念と慎重さは下山まで保ちたいものです。 *私が迷った夫婦岩ルートは、かつて芦別高校の遭難事故が発生した場所です。 *そのほか、旧道の岩峰には1枚のプレートが、新道では2柱の慰霊碑と半面山の慰霊の鐘がありました。 そして何よりも、新道登山口に建つ大きな天然石の慰霊碑は、この山の重厚な登山史を象徴しています。 ★旧道と新道 旧道は、縦走の醍醐味を堪能できる素晴らしいコース✨ですが、過酷です。 北尾根に着いた時点で半分以上体力が残っているのが理想かな? 万が一途中撤退となって旧道を引き返すことになると超人的な体力を必要とします。 自信のない方には新道をおすすめします✋そして「体力の限界!」を感じたら新道を引き返しましょ(^^♪ ☆キレットから頂上までの間に、もっと違う種類の花が沢山咲いていました🌼🌼🌼 残念ながら、その時点では体力と心の余裕に欠けていたもので、カメラに収めることができませんでした(笑) 📷お花に興味があるあなた。今度は、是非、あなたのカメラで・・・(゜o゜)

写真

雲に覆われた芦別岳(朝3:48)

雲に覆われた芦別岳(朝3:48)

山部自然公園遊々の森入林ポスト(登山ポストはもっと奥にある)

山部自然公園遊々の森入林ポスト(登山ポストはもっと奥にある)

森に入ってすぐ鹿除け用金網ゲート

森に入ってすぐ鹿除け用金網ゲート

駐車場から20分 登山口

駐車場から20分 登山口

ユーフレ川 土砂崩れのあと

ユーフレ川 土砂崩れのあと

🌲『ハグの松』

🌲『ハグの松』

しばらく渓流沿いと・・・

しばらく渓流沿いと・・・

・・・高巻の連続(-_-;)

・・・高巻の連続(-_-;)

2時間で三段の滝(道新Gでは白竜の滝)

2時間で三段の滝(道新Gでは白竜の滝)

滝のすぐ裏が『鉄梯子』 短いので怖くないよ!

滝のすぐ裏が『鉄梯子』 短いので怖くないよ!

ユーフレ小屋分岐

ユーフレ小屋分岐

北尾根に向けて夫婦沢沿いを登ります(キツイ)

北尾根に向けて夫婦沢沿いを登ります(キツイ)

夫婦岩分岐 迷って行ってはいけない夫婦岩へ

夫婦岩分岐 迷って行ってはいけない夫婦岩へ

眼前に迫る夫婦岩 「シ、しまった」(*_*;

眼前に迫る夫婦岩 「シ、しまった」(*_*;

夫婦岩の北をトラバース

夫婦岩の北をトラバース

遠方には禁断の『崕山』

遠方には禁断の『崕山』

北尾根『天空の泉』 オタマジャクシがウヨウヨ

北尾根『天空の泉』 オタマジャクシがウヨウヨ

幾つもの峰を越える北尾根

幾つもの峰を越える北尾根

いよいよ北尾根核心部へ もう体力の限界(・・;)

いよいよ北尾根核心部へ もう体力の限界(・・;)

まだ山頂は雲の中

まだ山頂は雲の中

初お目見え☆芦別岳山頂☆しかし・・・

初お目見え☆芦別岳山頂☆しかし・・・

・・・まだまだ続く岩峰越え 気力も限界(-"-)

・・・まだまだ続く岩峰越え 気力も限界(-"-)

痩せ細った尾根を越えねば

痩せ細った尾根を越えねば

*また岩峰

*また岩峰

そこに頂上が見えるのに**またまた岩峰

そこに頂上が見えるのに**またまた岩峰

*ようやく1579峰を越え『キレット』へ

*ようやく1579峰を越え『キレット』へ

平原に出て頂上直下へ

平原に出て頂上直下へ

頂上☆所要時間・実に8時間42分

頂上☆所要時間・実に8時間42分

曇っちゃいましたけど☁

曇っちゃいましたけど☁

夕張岳

夕張岳

ポントナシベツ岳

ポントナシベツ岳

頂上から見た旧道🐻この時*子熊の鳴き声が響き渡っている

頂上から見た旧道🐻この時*子熊の鳴き声が響き渡っている

帰路*雲峰山から見た『インゼルの沢』

帰路*雲峰山から見た『インゼルの沢』

新道は荒れていた!

新道は荒れていた!

富良野盆地

富良野盆地

さようなら夫婦岩

さようなら夫婦岩

鶯谷*覚太郎コース分岐

鶯谷*覚太郎コース分岐

新道登山口ゲートに到着

新道登山口ゲートに到着

夕日に霞む芦別岳

夕日に霞む芦別岳

白いシラネアオイか?

白いシラネアオイか?

『雲露花✨』

『雲露花✨』

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。