出灰渓谷→川久保渓谷ルート\(^^)/

2015.06.29(月) 08:34 - 2015.06.29(月) 14:48
やっと行けたポンポン山! 梅雨の中休みの晴天に行ってきました\(^^)/ PonTaと名乗るからには登らなければ!と、個人的な襲名登山です😠✨ バスでJR高槻から出灰へ。川沿いをてくてくと歩きます。 ホタルが出るだけあって、とても綺麗な川です。 尸陀寺跡へは難なく到着。栗が一面に落ちていましたが全て食べられた後でした。 野生動物を探すもいなくてほっと安心。 ただ、猿の声は聞いたので計画的。 尸陀寺跡からポンポン山へ向かう道が分かりづらくて、読図で方向だけを頼りに進み、間違えたかなー?と思った時に道標があったので安心しました。 尸陀寺跡を右に進むとポンポン山方向へ。 道標が出てからは道なりに進みます。 途中、道端にホバリングしている物体が。 デカイ!デカすぎる!オオスズメバチの女王蜂だと思います。 ヤバいと思い、足早に通りすぎ振り返る。 あれ?近づいてきてる!?更にダッシュ! 登りを50m程ダッシュしましたΣ(×_×;)! 振り返り、いないことを確認。身体中から冷や汗が吹き出ました。威嚇音であるカチカチ音に警戒しながら、全ての羽音にビビりながらポンポン山山頂を目指します。 後10分の標識を見て、本当に10分で到着。 ポンポン山登頂!素晴らしい景色!誰もいません。 暫く独り占めして、ぼーっとしていると流石に人気のお山。二人登って来られました。 実は、バス停からトイレをずっと我慢しており体調が優れなく、吐き気と寒気が。そこへ蜂。まさに泣きっ面に蜂だったのですが、ポンポン山で休んでいる内に回復! 吐き気も寒気もなく、完全復活!体調次第で最短で下山する予定でしたが、釈迦岳まであしを伸ばしてみることに(^^) サクサクと足が進み、気分も天気も最高! ルートが色々と別れているので、しっかり道標と地図をチェックしながら進みます。 ここから登山者も増え、久しぶりに山で人に会い、前回二日間全く会わなかったなと思い返す。 行き交う人にルートを聞き、出灰へ下る方にはスズメバチが出ると報告。 釈迦岳にあっという間に到着。ここでもルートが別れているので要チェック。川久保渓谷方面へ下山。大杉を目指します。 天気がよく、本当に気持ちがいい(*´∇`*) 大杉に癒され、いざ川久保渓谷へ! いやー、素晴らしい!苔と水のオンパレードです! このルートで良かったなーと改めて実感。 美しい苔と渓谷を楽しんで下っていると、またもやオオスズメバチ! またかー!!!丸太階段手前で発見したので、階段下で待機( ̄□||||!! 様子を窺いながら、いなくなった隙にダッシュ! あー、ビックリしました。 蜂をやり過ごしてからは、渓流の音を聞き、木々の香りと自然に癒され、思う存分に渓谷を堪能して下山。 川久保でバスに乗るつもりだったのですが、もう間に合わないと確信したので、民家に移ってから程なくしてある川辺で水遊び( ・∇・) ここだけ降りれるように石段が積んであったので足をぶらぶらつけてアイシング。 時間はたっぷりあるので、帽子と靴下とリュックの背面も乾かします。 いやー、車道に出ると日差しが強い(・・;) 山はやはり涼しいですね。 体を十分に休めたので、神峰山バス停まで下ることに。 車道をすたこら下ります。 道中、頭が水色の蛇に遭遇!威嚇されます。 蛇と蛙は落ちてくる。と最近確信しました。 せっせと下り、あわよくば抜けれる道があるかと途中で神峰山の森へ突入。 時間がたっぷりあるのでゆっくり散策~。 残念ながら抜けれませんでしたが、地図で気になっていた所だったので大満足! その後もサクサクと歩き、蕎麦屋さん横に抜ける近道を進み、美しい農園風景を見ながら神峰山バス停へ。 バス停を間違え、右に折れる所を道路を渡ってしまいましたが時刻表で気付き、無事バス停に到着! 運よく、バスと同時にバス停に滑りこめました(*´∇`*) 高槻市営バスですが、平日のためか登校下校の児童と行き帰りと遭遇。 バスはほとんど児童に占領され、大人もお年寄りでさえも立ちっぱなし( ;∀;) 駅までも小一時間、辛かったっす。 市営バスとはいえ、乗車料金はお釣出ずピッタリじゃないといけないのでご注意を。 これでponTaを堂々と名乗れます(ФωФ)

写真

バスで出灰からのスタートです!

バスで出灰からのスタートです!

恐いなー。熊鈴セット!

恐いなー。熊鈴セット!

まずは車道から出灰渓谷を進みます

まずは車道から出灰渓谷を進みます

いっぱい並んでました

いっぱい並んでました

お洒落なお食事所

お洒落なお食事所

手作り工房ですかー

手作り工房ですかー

涼しくて気持ちがいい~

涼しくて気持ちがいい~

橋を渡ります

橋を渡ります

熊、猿、猪に注意( ; ゜Д゜)

熊、猿、猪に注意( ; ゜Д゜)

尸陀寺跡

尸陀寺跡

沢山の栗。全て食べられた後((((;゜Д゜)))

沢山の栗。全て食べられた後((((;゜Д゜)))

ルートを間違えたかと引き返そうとした時に出てきました。

ルートを間違えたかと引き返そうとした時に出てきました。

いい天気です!

いい天気です!

美しい

美しい

キラキラっ!

キラキラっ!

結構な登りに疲れ、、、。後10分ですね!

結構な登りに疲れ、、、。後10分ですね!

これを登りきると…

これを登りきると…

やったー!山頂!独り占めです!

やったー!山頂!独り占めです!

登頂!

登頂!

見比べてみます

見比べてみます

比叡山方面

比叡山方面

二上山金剛山方面

二上山金剛山方面

釈迦岳へ!

釈迦岳へ!

((((;゜Д゜)))

((((;゜Д゜)))

後少しかなー

後少しかなー

鉄塔①を横目に通り

鉄塔①を横目に通り

鉄塔②を通ります

鉄塔②を通ります

お!到着です。ここでも休めますね!

お!到着です。ここでも休めますね!

釈迦岳登頂!

釈迦岳登頂!

たーっち!

たーっち!

さて、大杉を目指します

さて、大杉を目指します

丁寧に記してくれてます

丁寧に記してくれてます

川久保方面へ

川久保方面へ

歩きやすい道です

歩きやすい道です

この糞は何の動物かなー。猿?

この糞は何の動物かなー。猿?

道が別れているのでよくチェック。

道が別れているのでよくチェック。

はい、気を付けます

はい、気を付けます

大杉到着!

大杉到着!

大きな立派な樹です

大きな立派な樹です

ここからは川久保渓谷!

ここからは川久保渓谷!

苔と水のオンパレード!

苔と水のオンパレード!

ここをピョンピョンと渡ります

ここをピョンピョンと渡ります

奥の丸太を登ろうとしたら、、、

奥の丸太を登ろうとしたら、、、

真ん中の少し左上にオオスズメバチ!

真ん中の少し左上にオオスズメバチ!

ふと見上げるとハートっぽい雲が(^^)

ふと見上げるとハートっぽい雲が(^^)

ここもピョンピョンと渡ります

ここもピョンピョンと渡ります

今日は絶好の登山日和です

今日は絶好の登山日和です

いいコースです

いいコースです

水場です

水場です

沢沿いをゆっくり下ります

沢沿いをゆっくり下ります

ミヤマカワトンボかな?

ミヤマカワトンボかな?

オレンジ寄の茶色の羽に体は水色です

オレンジ寄の茶色の羽に体は水色です

お水も綺麗です!

お水も綺麗です!

橋を越えます

橋を越えます

川久保バス停を目指します

川久保バス停を目指します

鎖をまたいで

鎖をまたいで

ここから民家に。

ここから民家に。

降りれる所を探してたらあったので。日差しが強く、水がすごい気持ち良かったです。

降りれる所を探してたらあったので。日差しが強く、水がすごい気持ち良かったです。

ここで水遊びしてました。

ここで水遊びしてました。

ここをくぐって神峰山方面へ向かいます

ここをくぐって神峰山方面へ向かいます

間に合わなかった(´д`|||)

間に合わなかった(´д`|||)

竹林も美しい~

竹林も美しい~

本山方面へ

本山方面へ

頭が水色のへび!

頭が水色のへび!

自分から出できたくせに威嚇されるという。

自分から出できたくせに威嚇されるという。

妹は、じゃー頭ええやん。と一言。

妹は、じゃー頭ええやん。と一言。

とても歩きやすいです

とても歩きやすいです

ふむふむ。

ふむふむ。

とても大きな広場です

とても大きな広場です

神峰山の森へ突入~

神峰山の森へ突入~

お!いいですねー

お!いいですねー

もう、夏ですねー

もう、夏ですねー

沢山咲いてました

沢山咲いてました

休憩所もあります

休憩所もあります

入園と退出時は鹿よけネットをお忘れなく!

入園と退出時は鹿よけネットをお忘れなく!

車がちょいちょい通ります

車がちょいちょい通ります

毘沙門天様!(^人^)

毘沙門天様!(^人^)

茶店等があります

茶店等があります

鳥居?結界かな。ここをくぐります

鳥居?結界かな。ここをくぐります

おや!近道とはq(^-^q)

おや!近道とはq(^-^q)

近道から出る。

近道から出る。

残念。きゅうりでも食べたかった

残念。きゅうりでも食べたかった

手打ち蕎麦屋さんですね。

手打ち蕎麦屋さんですね。

さてさて、バス停へ向かいます

さてさて、バス停へ向かいます

残したい風景です

残したい風景です

これから向日葵の季節ですね。

これから向日葵の季節ですね。

高槻駅のバス停は向かい側でした。

高槻駅のバス停は向かい側でした。

こちらが駅行のバス停です。間違えてる間にバスが来ました。

こちらが駅行のバス停です。間違えてる間にバスが来ました。

無事下山の祝杯\(^^)/

無事下山の祝杯\(^^)/

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。