<周回>鳳凰三山<青木鉱泉から>

2015.06.29(月) 04:31 - 2015.06.29(月) 14:27
Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)
 長野県内の山だけでも登りきれないほどあるので県外の山に興味はなかったのだが、山友達が鳳凰三山の話をよくしていたため気になって登りに行った。  地蔵ヶ岳までの登山道はよく整備されており気持ちよく登れた。また、登山道沿いの3箇所(南精進ヶ滝・白糸の滝・五色の滝)に滝もあって癒された。特に五色の滝は滝つぼまで近づくこともでき、さらに虹がかかっていたため絶景であった。ピークハントも悪いとは思わないが、この登山道で登るのであれば少し時間を設けて滝の見物することを強く薦める。樹林帯を抜けた地蔵ヶ岳目前の登山道は花崗岩が風化してできた細かい砂礫のため、なかなか先に進まず体力を消耗した。地蔵ヶ岳ではオベリスクの途中まで登ったが危険を感じて途中で止めた。観音ヶ岳に向かう途中から雲が多くなり、北岳も全体を見ることはできなかった。オベリスクと30分ほど格闘したのだが、その際に体力を消耗してしまい登るペースがガタ落ちになってしまった。登頂までの疲労の蓄積や空気の薄さを考えるとあまり無理をしないほうが良いと改めて感じた。最近の登山では高山植物に注目して登っているのだが、今回の山行では期待に反してあまり花を見ることができなかった。薬師岳で少し休んだ後、中道経由で下山した。地蔵ヶ岳までの登山道に比べると、景色もいまひとつで、整備もあまりされていない道だった。カラマツ林まで下った所からは、非常に歩きやすくなった。登山の楽しみから言えば、登りは地蔵ヶ岳、下り薬師岳から中道が良いだろう。 <まとめ> ・好天に恵まれて快適な登山だった。 ・山頂付近は花崗岩の巨石が多く、とても良い景色だった。 ・高山植物の種類・数が少なく残念だった。 ・青木鉱泉までの林道の傷みが激しく、運転は要注意。青木鉱泉で駐車場代(750円)を徴収するなら、もう少しきちんと整備して欲しい。 ☆花の名前で間違っている物があれば教えてください。

写真

地蔵ヶ岳までもう少し。それにしても良い天気。

地蔵ヶ岳までもう少し。それにしても良い天気。

オベリスクが見えた!!

オベリスクが見えた!!

地蔵ヶ岳途中から観音ヶ岳を望む

地蔵ヶ岳途中から観音ヶ岳を望む

地蔵ヶ岳までもう少しのところで休憩

地蔵ヶ岳までもう少しのところで休憩

地蔵ヶ岳から観音ヶ岳を望む

地蔵ヶ岳から観音ヶ岳を望む

オベリスク

オベリスク

地蔵ヶ岳から観音ヶ岳を望む

地蔵ヶ岳から観音ヶ岳を望む

オベリスクに登って(頂上ではない)

オベリスクに登って(頂上ではない)

地蔵ヶ岳は地蔵がいっぱい

地蔵ヶ岳は地蔵がいっぱい

ドンドコ沢

ドンドコ沢

ドンドコ沢

ドンドコ沢

五色の滝

五色の滝

五色の滝(虹が二重!!)

五色の滝(虹が二重!!)

鳳凰小屋までもう少し

鳳凰小屋までもう少し

鳳凰小屋

鳳凰小屋

地蔵ヶ岳までもう少しのところ

地蔵ヶ岳までもう少しのところ

北岳の頂上がちょこっと見える

北岳の頂上がちょこっと見える

観音ヶ岳

観音ヶ岳

薬師岳

薬師岳

御座石

御座石

帰りの林道

帰りの林道

帰りの林道

帰りの林道

青木鉱泉バス停

青木鉱泉バス停

青木鉱泉

青木鉱泉

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ

タカネサギソウ

タカネサギソウ

タカネサギソウ

タカネサギソウ

マイヅルソウ

マイヅルソウ

イチヨウラン

イチヨウラン

イチヨウラン

イチヨウラン

クチバシオガマ

クチバシオガマ

コイワカガミ

コイワカガミ

ミヤマカタバミ

ミヤマカタバミ

イワツツジ

イワツツジ

コツマトリソウ

コツマトリソウ

タイツリオウギ

タイツリオウギ

ナナカマド

ナナカマド

道具リスト

  • TGー3 Red

    OLYMPUS

  • アルパインクルーザー2300

    mont-bell

  • ストームクルーザー

    mont-bell

  • ストームクルーザー

    mont-bell

  • Z35

    GREGORY

  • iPhone 6

    その他

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。