飯盛〜叶嶽5山縦走

2015.06.28(日) 13:30 - 2015.06.28(日) 19:35
飯盛神社→飯盛山→高地山→高祖山→鐘撞山→叶嶽→飯盛神社 洗谷ルートで井原山に登るつもりが寝坊してしまいました・・・ 飯盛山周辺に急遽予定変更です。 以前計画したことのある5山を周回ルートで登ってきました。 それぞれの山頂近くに綱場や岩場を含む急登があるものの 縦走路はとても歩きやすくてサクサク進めます。 何よりも虫が少なくてとても快適でした。 この時期の登山にはありがたいことです。 飯盛山、叶嶽には神社もあり紫陽花など植えられたお花も綺麗に咲いています。 山中には見晴らしの良い場所、社や史跡などの見所もあります。 ルート全体としてよく整備されていて快適な登山を楽しませてもらいました。 下山後の車道歩きが30分ほど。 叶嶽側から飯盛神社へは明快な道がなく あみだくじを進む様に新旧の住宅街やら農地やらを歩きました。 いつも思うことですが山から離れると緊張がほどけて、五感が緩慢になっているような... 途中に何度か現れた自動販売機を横目に到着後に何を飲もうか妄想しながら歩を進めました。

写真

飯盛神社中宮社に参拝

飯盛神社中宮社に参拝

社の左脇にある紫陽花に囲まれた階段を登って行きます

社の左脇にある紫陽花に囲まれた階段を登って行きます

ピンク色の斑点のある紫陽花

ピンク色の斑点のある紫陽花

階段を登りきると中宮跡の広場に着く ここから山の中に入る感じです

階段を登りきると中宮跡の広場に着く ここから山の中に入る感じです

見晴らしがいい

見晴らしがいい

鏡磐 

鏡磐 

岩場もあり

岩場もあり

急登を経て飯盛山に到着

急登を経て飯盛山に到着

叶岳方面へ進みます

叶岳方面へ進みます

いいもり分岐 ここから高祖山方面へ行く予定ですが

いいもり分岐 ここから高祖山方面へ行く予定ですが

少し叶岳方面に進んで高地山のピークに寄り道

少し叶岳方面に進んで高地山のピークに寄り道

うねうねの枝の道

うねうねの枝の道

高祖山の直下にある2つある洞穴、防空壕だそう

高祖山の直下にある2つある洞穴、防空壕だそう

高祖山に到着

高祖山に到着

城址ということで広い山頂です

城址ということで広い山頂です

山頂からの景色

山頂からの景色

少し下ると下ノ城址 高祖東谷方面へ進みます

少し下ると下ノ城址 高祖東谷方面へ進みます

鐘撞山に到着

鐘撞山に到着

机とベンチあり 見晴らしもよい休憩所です

机とベンチあり 見晴らしもよい休憩所です

東側の景色 能古の島が見える

東側の景色 能古の島が見える

西側の景色 可也山が見える

西側の景色 可也山が見える

カラフルな案内板 一旦上ノ原に下ります

カラフルな案内板 一旦上ノ原に下ります

山裾車道歩き

山裾車道歩き

再び叶岳神社から登ります

再び叶岳神社から登ります

神社近くの休憩所

神社近くの休憩所

夕暮れてきました

夕暮れてきました

ここを左折

ここを左折

お社の左を登って行きます

お社の左を登って行きます

いい雰囲気です

いい雰囲気です

ん? お顔に見える

ん? お顔に見える

近寄るとこんなお顔

近寄るとこんなお顔

「不動岩 左へ24歩」の案内を見て寄り道

「不動岩 左へ24歩」の案内を見て寄り道

叶嶽神社に到着 引戸を開けてお参りさせてもらいました

叶嶽神社に到着 引戸を開けてお参りさせてもらいました

裏手にトイレがあります

裏手にトイレがあります

野方方面へ下る

野方方面へ下る

御影石がえぐれた山道 下りにくい

御影石がえぐれた山道 下りにくい

西日で建物の輪郭がくっきり見える

西日で建物の輪郭がくっきり見える

登山口の案内に「昔から山は神様として恐れ敬い親しんで来た」・・・と書いてある

登山口の案内に「昔から山は神様として恐れ敬い親しんで来た」・・・と書いてある

今日もありがとうございました

今日もありがとうございました

今日であったお花たち

今日であったお花たち

キノコ

キノコ

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。