蓬莱山・幌滝山(中山)・東中山・岩山

2021.04.21(水) 日帰り

活動データ

タイム

07:48

距離

17.6km

上り

744m

下り

739m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 48
休憩時間
1 時間 37
距離
17.6 km
上り / 下り
744 / 739 m
22
51
58
1 11
3 4
16

活動詳細

すべて見る

ここ最近はソロ活動を久しく行っていない。歌ではない。山である。 今回もジジイ二人のビューティーペアだ。 前回、ヒクタ峰の頂でジジイ二人の視線が絡んだ瞬間に、言葉はなくとも次は「岩山」と決まった。 以心伝心の四字熟語以外に、この瞬間を言い表す言葉は見つからない。 間違っても相思相愛の四字ではない。 先週の土日は生憎の雨で家に引き籠った。今週の土日も天候は怪しい。それではと、互いに勤務のない水曜日にGoだ。 中山峠スキー場の駐車場に車を停めて出発(9:00)。ゲレンデ右側のリフト支柱沿いを登る。 澄んだ空気の中に輪郭もクッキリと、無意根山、中岳、喜茂別岳などの山々が見渡せる。 雪も適度に締まって、ツボで快調に蓬莱山を通過した(9:24)。 右手に羊蹄山、ニセコアンヌプリ、尻別岳、貫気別岳などを遠望しながらただっ広い尾根を進むと、やがて反射板に到着する。その反射板から少し東に寄ると、木の幹に架けられた山頂標識「幌滝山(中山)」を確認した(10:26)。 山頂は風が強く、風の和らいだ標高980mまで下がって小休止。東中山へは平坦な雪原をただひたすらに進む。風雪で変容したダケカンバの姿態が面白い。 P968を過ぎて緩やかに登り返し、南へ方向を変えて斜面を登り切ると東中山に到着(11:32)。 東中山の頂は、札幌岳、狭薄山、漁、小漁、樽前、白老三山、ホロホロ、徳舜瞥山等々360度の絵巻物だ。 風が強い。早々に下って岩山に向かう。相変わらずただただ平坦な雪原だ。 やがて前方にP952が見えてくるが、ここは右に巻き、東に進んでコルに出る。 コルから東南に斜面を進むと、頂上付近に潅木帯が見えた。雪解けが進み、頂上までは5mほど藪漕ぎを強いられた。 頂上には低木に囲まれた大きな岩が居座っている。 山頂標識はなく、枝に小さなピンテが一つ。その奥の木の枝にはストッキング色の古い布が結ばれていた。 岩山は初めての山だ。しかし歩いた感はあっても登った感がない。長く歩いた割には今一つ達成感が湧いて来ない。 蓬莱山から東中山を往復した2020.5.3付の活動日記にはこう書いている。 「蓬莱山は中国古代の三神山の一つで、仙人が住み不老不死の薬を作っているというのだが 、毎年蓬莱山を訪れている私には何の御利益もないようだ。若返りもしないし、老化も止まらない」 その日、蓬莱山に戻り着く頃にはバテバテでヒラヒラだったのである。 それに比べるとどうだ 、1年歳を重ねたにも関わらず、今回はさほどの疲労感を感じない。 私も遂に蓬莱の御利益にあずかり、不老不死の仙人と成り得たのであろうか。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。