[family]赤城山:黒檜山・駒ヶ岳 Revenge

2021.04.18(日) 日帰り
としあき
としあき

家族サービスばっかりで、おぬしトレーニングサボってんな活動記録はーじまーるよー♪ 3X歳児の自分を筆頭に小5の子1、小3の子2、小1の子3。子連れ登山。妻は言わなくてもわかるよね自宅待機。 2020/12/13に気温&風&雪で撤退した黒檜山のリベンジマッチ。過去ログ:https://yamap.com/activities/9068846 赤城山といったらメジャーな最高峰黒檜山とそのとなり駒ヶ岳への稜線をたどるコース。一気に標高をあげる黒檜山の岩場の連続は子たちにどう映るかが今回の核心かしら。(公社)日本山岳会 親子で楽しむ山登りより:http://jac.or.jp/oyako/f10/c2030.html 春になったらやろうと約束していたのでみんな楽しみにやってきたよ☆ と、思ったら。春なのに~寒いのね~大沼近くのおのこ駐車場で出発時点の気温6℃風速8m/sとのこと。自宅が18℃だったこともありスゴく寒く感じて子たちのやる気だださがり。特におのこ駐車場から黒檜山登山口まで向かう道は大沼沿いで遮るものがないから北風がダイレクトアタック!前回の二の舞かと戦々恐々。登山口まできたら山や木々で風がマシになった☆ と、思ったら。今度は登山道が昨日の雨でぬかるんでる。あーこれはダメなやつや。 ここまできたからにはやれるとこまでやってみようと、気合いを入れ直して、いざ行かん。今回は教えていただいた2人組を組んで協力しながら進ませるバディ制を試験導入。子1&2と子3&オヤジでチーム分け。うまくいくかなぁ。ちょっと進めばぬかるみも落ち着いて黒檜山おなじみの岩場ラッシュ!ぬかるみから恐れていた岩の濡れは無くてすべらなくて一安心。全身運動となるので、寒い寒いから一転、暑くなる。適宜上着を調整しながら進ませる。例によって子2は岩場大好きでぐんぐん進む。相方であるはずの子1を置いて・・・子1は慎重派で(あまりやる気もなかったかなぁ)岩場もそこまで好きではない。離れすぎてるよ。はい、ある程度予想してたけど、うちの子たちには無理だ>バディ制orz 一度注意したら、ある程度はちゃんと二人で進んでくれているけど。あーだこーだいいながら、前回撤退地点は軽く通過して、まだまだ行けるね~と。 失敗事項。子3が登山帽を脱いだまま落とす。黒檜山-3の看板付近で気がついて、子たちを先に進ませて回収に戻る。しばらく下るとお兄さん2人組が青い帽子を持ってのぼってきてくれてる!!「うちのです、ごめんなさい。ありがとうございます」と本当に感謝を伝えて帽子を受け取る。そして慌てて子たちを追いかける。フルに手足を伸ばしてグイグイすすむとすぐに追いつくのな。それがわかっただけでも良かったか。とはいえ、荷物は必ずチャック付きに入れると心がけなければとブルトン1号が教えてくれたというのに。だめだこりゃ。 大きなトラブルはそこぐらいで、あとどれぐらいだなんだを数え切れないほどやり取りしまくって、無事に山頂に到着。昼食の用意している間に展望スポットまで子たちを放して、カレーメシ系3種の準備。お湯だけでできてありがたい。子たちが戻ってきたら、帽子を拾ってくれたお兄さん2人組も到着。きちんとお礼を伝えてメシタイム♪ 子たちは今まで1つの山だけだったので、そのまま次に向かう縦走は初めて。個人的に黒檜山から駒ヶ岳に向かう稜線はとても気持ち良いポイントがあるので、目指して進む~と思ったら、子1が遅れだす。花粉症が一番ひどい子だから、鼻水がでるのがきついみたい。とはいえ、小1に遅れを取る小5はちとしんどいなぁ。稜線がはっきり見えるポイントは駒ヶ岳-10の看板付近。そこからのご褒美風景を受け取ってもらいたいが・・・無理だったかなぁorz 駒ヶ岳山頂でもちょっと軽食して、普段あまり見えない小沼もはっきり見えてヒャッホイしつつ、過去のソロ半周回では下りなかった駒ヶ岳登山道の階段から下りる。前回は雲の中で全く見えなかった駒ヶ岳-4 看板の分岐。全然わからなかったなぁ。過去単独赤城山外輪山半周ログ:https://yamap.com/activities/8037648 下りながら、バディ制をなんとなく思い出す。最前列でぐんぐん進む子2と、最後尾でのろのろ進む子1を最後ぐらいはちゃんと協力してやってみろと、声をかけて子3のサポートに注力。駒ヶ岳登山道は下りには良いね。やはりおすすめ周回ルートになるだけあって、黒檜山のあの岩場の連続を子たちの短い手足でアスレチックしながら下りるのは相当キツそうだもの。若干ザレてて滑るところもあったけれど、我が家のすっ転び大臣子3でも2回の転倒で済んだし。最後だけじっとりぬかるみ区間があったけどしっかり避けながら進んでおつかれ山。 意外に登山者が少なくてびっくりこいた。時間が遅かったせいか、雨の翌日だったせいか。前のときは平日にも関わらずすんげー人がいたんだけどなぁ。 下山後は、くそ寒いにも関わらずソフトクリームのリクエストをご褒美に買ってあげる。外には雪が舞っているというのに。子たちの感覚はよくわからん。外気2℃だぜ、まったく。 とはいえ、前回撤退した黒檜山をきちんとクリアーできたのは良かった。リベンジ達成。寒くても風が強くても、やりきったのはたいしたもの。2つの山も連続していけば案外行けるぜってこともわかってもらえたかな。稜線歩きの素晴らしさが感じてもらいたかった。 これで一応、子たちは榛名赤城と行けたことにすればよいか。妙義は・・・親がサポートしきれんな。行けて中間道コースぐらいだけど、もったいないよなぁ。上毛三山、どうするべさ!? ザックの中身について 子1:おやつ+昼飯セット+水筒 子2:ウィンドブレーカー(道中常に使用し、中身カラ) 子3:なし 親 :全員分の防寒着+レインウェア+救急キット+昼飯用お湯+水筒+その他諸々 もうちょっと分配しても良いのかなぁ。使わないと思っていた防寒着は結局休憩時から下山に向けて使用したし、デカザック(40L)で備えながらやらないと親子登山(しかも1人で3人の相手)はやってらんねーのかも。ある意味、スピードハイクなソロ活動とは別の方向での修行。個人的につらいっす。 反省。というか後悔。結局、冬のうちに赤城山スキー場や氷上わかさぎ釣りにいきたかったけど行きそびれたなぁ...来シーズンは行けるかなぁ。

ここにくるまでも一苦労。いざ!黒檜山!!ぬかるんでて怯む。

ここにくるまでも一苦労。いざ!黒檜山!!ぬかるんでて怯む。

ここにくるまでも一苦労。いざ!黒檜山!!ぬかるんでて怯む。

振り替えればぬかるみ。昨日丸1日と今日の午前2時ぐらいまで降ってたからねぇ。県道4号(前橋市街から赤城山上る道)でも道路に水が溢れているところもあったし、結構降ったのがわかる。

振り替えればぬかるみ。昨日丸1日と今日の午前2時ぐらいまで降ってたからねぇ。県道4号(前橋市街から赤城山上る道)でも道路に水が溢れているところもあったし、結構降ったのがわかる。

振り替えればぬかるみ。昨日丸1日と今日の午前2時ぐらいまで降ってたからねぇ。県道4号(前橋市街から赤城山上る道)でも道路に水が溢れているところもあったし、結構降ったのがわかる。

ぬかるみぬければ普通の登山道。

ぬかるみぬければ普通の登山道。

ぬかるみぬければ普通の登山道。

と、思いきや。黒檜山はこんな感じの岩場ラッシュ。手足が短いとたいへんなハンデな子3。だけど楽しそう。

と、思いきや。黒檜山はこんな感じの岩場ラッシュ。手足が短いとたいへんなハンデな子3。だけど楽しそう。

と、思いきや。黒檜山はこんな感じの岩場ラッシュ。手足が短いとたいへんなハンデな子3。だけど楽しそう。

アンテナ山(地蔵岳)の左に富士山が見えるらしい。子1と一緒に探すけどわからん。黒檜山-3看板あたり。

アンテナ山(地蔵岳)の左に富士山が見えるらしい。子1と一緒に探すけどわからん。黒檜山-3看板あたり。

アンテナ山(地蔵岳)の左に富士山が見えるらしい。子1と一緒に探すけどわからん。黒檜山-3看板あたり。

黒檜山-4看板。このあたりからあとどれぐらいー攻撃がはじまる。とまらないつらい。おおよそ上り行程の2/3ぐらい?

黒檜山-4看板。このあたりからあとどれぐらいー攻撃がはじまる。とまらないつらい。おおよそ上り行程の2/3ぐらい?

黒檜山-4看板。このあたりからあとどれぐらいー攻撃がはじまる。とまらないつらい。おおよそ上り行程の2/3ぐらい?

赤い土が増えてきたと子たちが気付く。赤い土は崩れやすく歩きにくい、らしい。こういうのを実感として学べる、実学主義。

赤い土が増えてきたと子たちが気付く。赤い土は崩れやすく歩きにくい、らしい。こういうのを実感として学べる、実学主義。

赤い土が増えてきたと子たちが気付く。赤い土は崩れやすく歩きにくい、らしい。こういうのを実感として学べる、実学主義。

雪も発見。日影ってさむいのね。

雪も発見。日影ってさむいのね。

雪も発見。日影ってさむいのね。

ツララもあるよ。もしかして、もしかしなくても、まだまだ寒い。

ツララもあるよ。もしかして、もしかしなくても、まだまだ寒い。

ツララもあるよ。もしかして、もしかしなくても、まだまだ寒い。

黒檜山-4,5,6は近すぎ。1~4と比べてバランスがとれてない。

黒檜山-4,5,6は近すぎ。1~4と比べてバランスがとれてない。

黒檜山-4,5,6は近すぎ。1~4と比べてバランスがとれてない。

もうひとふんばり。ここを上りきれば。

もうひとふんばり。ここを上りきれば。

もうひとふんばり。ここを上りきれば。

はい、分岐。黒檜山-6看板。上りはほぼ終わりであとは左に向かえば山頂&展望スポット。

はい、分岐。黒檜山-6看板。上りはほぼ終わりであとは左に向かえば山頂&展望スポット。

はい、分岐。黒檜山-6看板。上りはほぼ終わりであとは左に向かえば山頂&展望スポット。

山頂だー。結構ひろい。ここを昼メシ地とする!他の登山者はいなくて、後から来たお兄さん2人組だけ。降りる側のすれ違いはそこそこいたけど、上りはじめるのが遅かったかなぁ。

山頂だー。結構ひろい。ここを昼メシ地とする!他の登山者はいなくて、後から来たお兄さん2人組だけ。降りる側のすれ違いはそこそこいたけど、上りはじめるのが遅かったかなぁ。

山頂だー。結構ひろい。ここを昼メシ地とする!他の登山者はいなくて、後から来たお兄さん2人組だけ。降りる側のすれ違いはそこそこいたけど、上りはじめるのが遅かったかなぁ。

どの味お好き?お山といったらカレーメシ。子たちみんな大好き。お楽しみ。

どの味お好き?お山といったらカレーメシ。子たちみんな大好き。お楽しみ。

どの味お好き?お山といったらカレーメシ。子たちみんな大好き。お楽しみ。

展望スポットから大沼。風がゴウゴウなって寒い。大沼側から駆け上がってくる風。

展望スポットから大沼。風がゴウゴウなって寒い。大沼側から駆け上がってくる風。

展望スポットから大沼。風がゴウゴウなって寒い。大沼側から駆け上がってくる風。

上りはじめたときは快晴とまではいかないまでも晴れだったのに、山頂についたら曇り。日光白根方面かな。雲で谷川も見えなくなってたよ。

上りはじめたときは快晴とまではいかないまでも晴れだったのに、山頂についたら曇り。日光白根方面かな。雲で谷川も見えなくなってたよ。

上りはじめたときは快晴とまではいかないまでも晴れだったのに、山頂についたら曇り。日光白根方面かな。雲で谷川も見えなくなってたよ。

黒檜山で昼メシって、次は駒ヶ岳。はじめての縦走。

黒檜山で昼メシって、次は駒ヶ岳。はじめての縦走。

黒檜山で昼メシって、次は駒ヶ岳。はじめての縦走。

黒檜山のぼりの岩場ラッシュからうってかわって、階段だんだん。子1はこっちのが好みだって。

黒檜山のぼりの岩場ラッシュからうってかわって、階段だんだん。子1はこっちのが好みだって。

黒檜山のぼりの岩場ラッシュからうってかわって、階段だんだん。子1はこっちのが好みだって。

駒ヶ岳にむかって稜線がきれいにみえる。これ、好きやねん。

駒ヶ岳にむかって稜線がきれいにみえる。これ、好きやねん。

駒ヶ岳にむかって稜線がきれいにみえる。これ、好きやねん。

下りてきた黒檜山からの稜線。

下りてきた黒檜山からの稜線。

下りてきた黒檜山からの稜線。

さっきみえた線を通ってるってわかってるんかなぁ。ここを見せたくて連れてきたようなものなんだけど。親の心子知らず。

さっきみえた線を通ってるってわかってるんかなぁ。ここを見せたくて連れてきたようなものなんだけど。親の心子知らず。

さっきみえた線を通ってるってわかってるんかなぁ。ここを見せたくて連れてきたようなものなんだけど。親の心子知らず。

駒ヶ岳でも軽く休憩。チョコパン食ってるよ。風はかわらずきつい。

駒ヶ岳でも軽く休憩。チョコパン食ってるよ。風はかわらずきつい。

駒ヶ岳でも軽く休憩。チョコパン食ってるよ。風はかわらずきつい。

駒ヶ岳から下りはじめる。

駒ヶ岳から下りはじめる。

駒ヶ岳から下りはじめる。

小沼が遠くにみえて、開けたところをてぷてぷ。気持ちいい。

小沼が遠くにみえて、開けたところをてぷてぷ。気持ちいい。

小沼が遠くにみえて、開けたところをてぷてぷ。気持ちいい。

駒ヶ岳といったらこの階段。階段自体は濡れてないけど靴が泥たっぷりだから慎重にすすませる。大沼に気付いてるかな?

駒ヶ岳といったらこの階段。階段自体は濡れてないけど靴が泥たっぷりだから慎重にすすませる。大沼に気付いてるかな?

駒ヶ岳といったらこの階段。階段自体は濡れてないけど靴が泥たっぷりだから慎重にすすませる。大沼に気付いてるかな?

ここまで、チームを組んでたことを忘れてた子たち。最後ぐらいはやっとくれと声をかける。

ここまで、チームを組んでたことを忘れてた子たち。最後ぐらいはやっとくれと声をかける。

ここまで、チームを組んでたことを忘れてた子たち。最後ぐらいはやっとくれと声をかける。

この直前、子3すっころぶ。数字看板ごとに追い付くまで待つよう伝えていたんだけど、待ってる姉兄をみてあわてた弟の惨劇。

この直前、子3すっころぶ。数字看板ごとに追い付くまで待つよう伝えていたんだけど、待ってる姉兄をみてあわてた弟の惨劇。

この直前、子3すっころぶ。数字看板ごとに追い付くまで待つよう伝えていたんだけど、待ってる姉兄をみてあわてた弟の惨劇。

最後の最後でぬかるみ。避けるのに一生懸命。

最後の最後でぬかるみ。避けるのに一生懸命。

最後の最後でぬかるみ。避けるのに一生懸命。

駒ヶ岳登山口まで無事におりてこれたーおのこ駐車場はすぐそこ。がんばったしデザートなににする?「かき氷!!」寒くね??

駒ヶ岳登山口まで無事におりてこれたーおのこ駐車場はすぐそこ。がんばったしデザートなににする?「かき氷!!」寒くね??

駒ヶ岳登山口まで無事におりてこれたーおのこ駐車場はすぐそこ。がんばったしデザートなににする?「かき氷!!」寒くね??

かき氷は無かったのでソフトクリーム。車に乗り込むかとしたところで雪が舞いはじめた!黒檜山駒ヶ岳も雲のなか。ギリギリだったー

かき氷は無かったのでソフトクリーム。車に乗り込むかとしたところで雪が舞いはじめた!黒檜山駒ヶ岳も雲のなか。ギリギリだったー

かき氷は無かったのでソフトクリーム。車に乗り込むかとしたところで雪が舞いはじめた!黒檜山駒ヶ岳も雲のなか。ギリギリだったー

ここにくるまでも一苦労。いざ!黒檜山!!ぬかるんでて怯む。

振り替えればぬかるみ。昨日丸1日と今日の午前2時ぐらいまで降ってたからねぇ。県道4号(前橋市街から赤城山上る道)でも道路に水が溢れているところもあったし、結構降ったのがわかる。

ぬかるみぬければ普通の登山道。

と、思いきや。黒檜山はこんな感じの岩場ラッシュ。手足が短いとたいへんなハンデな子3。だけど楽しそう。

アンテナ山(地蔵岳)の左に富士山が見えるらしい。子1と一緒に探すけどわからん。黒檜山-3看板あたり。

黒檜山-4看板。このあたりからあとどれぐらいー攻撃がはじまる。とまらないつらい。おおよそ上り行程の2/3ぐらい?

赤い土が増えてきたと子たちが気付く。赤い土は崩れやすく歩きにくい、らしい。こういうのを実感として学べる、実学主義。

雪も発見。日影ってさむいのね。

ツララもあるよ。もしかして、もしかしなくても、まだまだ寒い。

黒檜山-4,5,6は近すぎ。1~4と比べてバランスがとれてない。

もうひとふんばり。ここを上りきれば。

はい、分岐。黒檜山-6看板。上りはほぼ終わりであとは左に向かえば山頂&展望スポット。

山頂だー。結構ひろい。ここを昼メシ地とする!他の登山者はいなくて、後から来たお兄さん2人組だけ。降りる側のすれ違いはそこそこいたけど、上りはじめるのが遅かったかなぁ。

どの味お好き?お山といったらカレーメシ。子たちみんな大好き。お楽しみ。

展望スポットから大沼。風がゴウゴウなって寒い。大沼側から駆け上がってくる風。

上りはじめたときは快晴とまではいかないまでも晴れだったのに、山頂についたら曇り。日光白根方面かな。雲で谷川も見えなくなってたよ。

黒檜山で昼メシって、次は駒ヶ岳。はじめての縦走。

黒檜山のぼりの岩場ラッシュからうってかわって、階段だんだん。子1はこっちのが好みだって。

駒ヶ岳にむかって稜線がきれいにみえる。これ、好きやねん。

下りてきた黒檜山からの稜線。

さっきみえた線を通ってるってわかってるんかなぁ。ここを見せたくて連れてきたようなものなんだけど。親の心子知らず。

駒ヶ岳でも軽く休憩。チョコパン食ってるよ。風はかわらずきつい。

駒ヶ岳から下りはじめる。

小沼が遠くにみえて、開けたところをてぷてぷ。気持ちいい。

駒ヶ岳といったらこの階段。階段自体は濡れてないけど靴が泥たっぷりだから慎重にすすませる。大沼に気付いてるかな?

ここまで、チームを組んでたことを忘れてた子たち。最後ぐらいはやっとくれと声をかける。

この直前、子3すっころぶ。数字看板ごとに追い付くまで待つよう伝えていたんだけど、待ってる姉兄をみてあわてた弟の惨劇。

最後の最後でぬかるみ。避けるのに一生懸命。

駒ヶ岳登山口まで無事におりてこれたーおのこ駐車場はすぐそこ。がんばったしデザートなににする?「かき氷!!」寒くね??

かき氷は無かったのでソフトクリーム。車に乗り込むかとしたところで雪が舞いはじめた!黒檜山駒ヶ岳も雲のなか。ギリギリだったー

類似するルートを通った活動日記