浮嶽は寒かった!

2021.04.18(日) 日帰り

 ホームの脊振縦走路を🥾歩いてきた。  今年の目標にしている未踏区間制覇に向けてまた一歩近づけた。  今回の収穫は、浮嶽の大岩展望台からの眺望を楽しめたことだった。  今まで浮嶽⛰に登った時は、悪天候☁️だったリ、大岩展望台をスルーしたりしていたので、糸島の海🌊を眺めることができて良かった。  今回、初めて真名子からスタートしたが、女岳、浮嶽、二丈岳を周回するには便利だった。しかし、ゆらりんこ橋からの渓流沿いの遊歩道を歩けないのは残念であった。  登山ルートは、ほぼ杉🌲の植林帯(舗装路も結構歩いた。)なので歩きやすいが、自然の中という感じが少ないかもしれない。  浮嶽山頂で昼食🍜を取ったが、予報どおり風🌪が強く、気温も10℃位だったので、非常に🥶寒かった。  どの山も標高は低いが、山頂付近は急傾斜で楽ではない。また、右膝が痛くなってしまった。  来週予定している由布岳⛰を無事に下山できるか不安だ。

真名子キャンプ場の案内板
左へ行くと二丈岳登山口
右へ行くと木の香ランドキャンプ場、女岳登山口方面

真名子キャンプ場の案内板 左へ行くと二丈岳登山口 右へ行くと木の香ランドキャンプ場、女岳登山口方面

真名子キャンプ場の案内板 左へ行くと二丈岳登山口 右へ行くと木の香ランドキャンプ場、女岳登山口方面

川沿いに進み、右手のつばき橋を渡る

川沿いに進み、右手のつばき橋を渡る

川沿いに進み、右手のつばき橋を渡る

すぐに杉の植林帯に突入

すぐに杉の植林帯に突入

すぐに杉の植林帯に突入

一旦、アスファルト舗装
の林道に出て左へ行くと女岳登山口

一旦、アスファルト舗装 の林道に出て左へ行くと女岳登山口

一旦、アスファルト舗装 の林道に出て左へ行くと女岳登山口

杉林を登ると縦走路に出合う。
今回は、未踏ルートの荒川峠までピストン

杉林を登ると縦走路に出合う。 今回は、未踏ルートの荒川峠までピストン

杉林を登ると縦走路に出合う。 今回は、未踏ルートの荒川峠までピストン

貴重な自然林

貴重な自然林

貴重な自然林

ほぼ杉の植林帯を歩く

ほぼ杉の植林帯を歩く

ほぼ杉の植林帯を歩く

岩場がピークだが、山頂標識は見つからず

岩場がピークだが、山頂標識は見つからず

岩場がピークだが、山頂標識は見つからず

荒川峠に到着
一休みして折り返す

荒川峠に到着 一休みして折り返す

荒川峠に到着 一休みして折り返す

ユニークな姿

ユニークな姿

ユニークな姿

やはり日が射すと清々しい

やはり日が射すと清々しい

やはり日が射すと清々しい

この赤いものは何?

この赤いものは何?

この赤いものは何?

小さな花ばかりだか色彩が良い

小さな花ばかりだか色彩が良い

小さな花ばかりだか色彩が良い

分岐まで戻り、女岳を目指す

分岐まで戻り、女岳を目指す

分岐まで戻り、女岳を目指す

沢山咲いている

沢山咲いている

沢山咲いている

女岳山頂
眺望は北蛾の一部のみ

女岳山頂 眺望は北蛾の一部のみ

女岳山頂 眺望は北蛾の一部のみ

山頂付近の貴重な自然林

山頂付近の貴重な自然林

山頂付近の貴重な自然林

荒川峠の女岳西登山口の林道から見える浮嶽

荒川峠の女岳西登山口の林道から見える浮嶽

荒川峠の女岳西登山口の林道から見える浮嶽

女岳西登山口

女岳西登山口

女岳西登山口

浮嶽の東登山口を入るとやはり杉の樹林帯

浮嶽の東登山口を入るとやはり杉の樹林帯

浮嶽の東登山口を入るとやはり杉の樹林帯

伐採された所から展望が開けた

伐採された所から展望が開けた

伐採された所から展望が開けた

登山道と林道が近接した地点から
女岳を望む

登山道と林道が近接した地点から 女岳を望む

登山道と林道が近接した地点から 女岳を望む

大岩が見える所から急登が続く

大岩が見える所から急登が続く

大岩が見える所から急登が続く

白龍稲荷と大岩展望台のコースに進む

白龍稲荷と大岩展望台のコースに進む

白龍稲荷と大岩展望台のコースに進む

白龍稲荷

白龍稲荷

白龍稲荷

大岩展望台からは北側が一望できる(福吉方面)

大岩展望台からは北側が一望できる(福吉方面)

大岩展望台からは北側が一望できる(福吉方面)

糸島の海
薄雲が多く、今一つスッキリしない

糸島の海 薄雲が多く、今一つスッキリしない

糸島の海 薄雲が多く、今一つスッキリしない

大岩展望台のすぐ先の左手にもう一つの展望台
東側の羽金山の電波塔が見えた

大岩展望台のすぐ先の左手にもう一つの展望台 東側の羽金山の電波塔が見えた

大岩展望台のすぐ先の左手にもう一つの展望台 東側の羽金山の電波塔が見えた

浮嶽山頂近くの貴重な自然林

浮嶽山頂近くの貴重な自然林

浮嶽山頂近くの貴重な自然林

この笹路の先が山頂

この笹路の先が山頂

この笹路の先が山頂

祠

浮嶽山頂標識

浮嶽山頂標識

浮嶽山頂標識

山頂は杉などで展望が制限されている

山頂は杉などで展望が制限されている

山頂は杉などで展望が制限されている

帰路でも大岩展望台に寄って眺望を満喫
糸島の海

帰路でも大岩展望台に寄って眺望を満喫 糸島の海

帰路でも大岩展望台に寄って眺望を満喫 糸島の海

佐賀県側

佐賀県側

佐賀県側

女岳

女岳

女岳

帰路で帰る予定だった林道は、伐採作業のため立入禁止

帰路で帰る予定だった林道は、伐採作業のため立入禁止

帰路で帰る予定だった林道は、伐採作業のため立入禁止

一旦東へ林道を進む

一旦東へ林道を進む

一旦東へ林道を進む

つばき橋を渡って振り返り

つばき橋を渡って振り返り

つばき橋を渡って振り返り

黄色く光り輝き、美しい

黄色く光り輝き、美しい

黄色く光り輝き、美しい

何アザミ?

何アザミ?

何アザミ?

これから満開を迎える

これから満開を迎える

これから満開を迎える

何ツツジ?

何ツツジ?

何ツツジ?

二丈岳登山口

二丈岳登山口

二丈岳登山口

人工林ばかり

人工林ばかり

人工林ばかり

林道を横切る

林道を横切る

林道を横切る

広場からの取り付き部分

広場からの取り付き部分

広場からの取り付き部分

ここから急勾配が続く

ここから急勾配が続く

ここから急勾配が続く

山頂付近のわずかな自然林

山頂付近のわずかな自然林

山頂付近のわずかな自然林

二丈岳山頂
昔の山城跡

二丈岳山頂 昔の山城跡

二丈岳山頂 昔の山城跡

女岳と奥に浮嶽

女岳と奥に浮嶽

女岳と奥に浮嶽

雲が多く快晴とは言えません

雲が多く快晴とは言えません

雲が多く快晴とは言えません

佐賀方面
ほぼ360度の眺望に文句なし

佐賀方面 ほぼ360度の眺望に文句なし

佐賀方面 ほぼ360度の眺望に文句なし

何という花?

何という花?

何という花?

この大岩の上から全方位の眺望を楽しんだ。

この大岩の上から全方位の眺望を楽しんだ。

この大岩の上から全方位の眺望を楽しんだ。

真名子キャンプ場の駐車場

真名子キャンプ場の駐車場

真名子キャンプ場の駐車場

色が綺麗に撮れていないが、実際はもっと濃い赤で、びっくりするほど綺麗だった。

色が綺麗に撮れていないが、実際はもっと濃い赤で、びっくりするほど綺麗だった。

色が綺麗に撮れていないが、実際はもっと濃い赤で、びっくりするほど綺麗だった。

帰路で海を眺める

帰路で海を眺める

帰路で海を眺める

真名子キャンプ場の案内板 左へ行くと二丈岳登山口 右へ行くと木の香ランドキャンプ場、女岳登山口方面

川沿いに進み、右手のつばき橋を渡る

すぐに杉の植林帯に突入

一旦、アスファルト舗装 の林道に出て左へ行くと女岳登山口

杉林を登ると縦走路に出合う。 今回は、未踏ルートの荒川峠までピストン

貴重な自然林

ほぼ杉の植林帯を歩く

岩場がピークだが、山頂標識は見つからず

荒川峠に到着 一休みして折り返す

ユニークな姿

やはり日が射すと清々しい

この赤いものは何?

小さな花ばかりだか色彩が良い

分岐まで戻り、女岳を目指す

沢山咲いている

女岳山頂 眺望は北蛾の一部のみ

山頂付近の貴重な自然林

荒川峠の女岳西登山口の林道から見える浮嶽

女岳西登山口

浮嶽の東登山口を入るとやはり杉の樹林帯

伐採された所から展望が開けた

登山道と林道が近接した地点から 女岳を望む

大岩が見える所から急登が続く

白龍稲荷と大岩展望台のコースに進む

白龍稲荷

大岩展望台からは北側が一望できる(福吉方面)

糸島の海 薄雲が多く、今一つスッキリしない

大岩展望台のすぐ先の左手にもう一つの展望台 東側の羽金山の電波塔が見えた

浮嶽山頂近くの貴重な自然林

この笹路の先が山頂

浮嶽山頂標識

山頂は杉などで展望が制限されている

帰路でも大岩展望台に寄って眺望を満喫 糸島の海

佐賀県側

女岳

帰路で帰る予定だった林道は、伐採作業のため立入禁止

一旦東へ林道を進む

つばき橋を渡って振り返り

黄色く光り輝き、美しい

何アザミ?

これから満開を迎える

何ツツジ?

二丈岳登山口

人工林ばかり

林道を横切る

広場からの取り付き部分

ここから急勾配が続く

山頂付近のわずかな自然林

二丈岳山頂 昔の山城跡

女岳と奥に浮嶽

雲が多く快晴とは言えません

佐賀方面 ほぼ360度の眺望に文句なし

何という花?

この大岩の上から全方位の眺望を楽しんだ。

真名子キャンプ場の駐車場

色が綺麗に撮れていないが、実際はもっと濃い赤で、びっくりするほど綺麗だった。

帰路で海を眺める