ベスト・オブ・賽の河原(暫定) 阿蘇山

2021.04.17(土) 日帰り

活動データ

タイム

03:41

距離

8.3km

上り

896m

下り

900m

活動詳細

もっと見る

登ってしばらくするとフリースの中が軽く汗ばむ、 つい最近まで雪山へ登っていたのに一足飛びで一気に夏山へ来たような感じ。 仙酔峡から登るコースは名前の通り峡谷の株から尾根に取り付き登るルートで阿蘇の懐を割って入り高岳へと高度を上げていく。 地面は砂利がコンクリートで固められたような天然の舗装路状態でグリップがかなりいい。 目に映るのはとにかく岩!真っ赤に染まった荒々しい岩群をずっと歩いていると方向感覚が麻痺する感じがし気づけば道を外れる事もしばしば。 この日は朝からの雨の残り雲でなかなか晴れず山頂部は一面のガスに覆われていた。 荒涼とした山頂部を歩いているとガスのせいもあってか自然と賽の河原という単語が思い浮かんでくる。 これまで登ったどの山の賽の河原よりも賽の河原らしい光景が印象的だった。 時間の都合で砂千里ヶ浜へは行けなかったが今度来たときには是非そっちにも行き阿蘇五山すべてに登ってみたい

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。