🐍を求めて観音岳・丸山へ

2021.04.15(木) 日帰り
tora
tora

活動データ

タイム

00:40

距離

2.1km

上り

69m

下り

329m

活動詳細

もっと見る

4月。 今年も、山を登るとうっすら汗をかく季節がやって来た。 ワタシは、この季節になると山登り時に楽しみが一つ増える。 それは、冬の間土の下でじっとして過ごしていたヘビ🐍が地表に出てきて活動を始める事だ。 例年なら毎年この頃には山へ行く度に1匹か2匹はヘビを見かけるのだが、考えてみれば今年はまだ一度もお目にかかっていない。 ニホンマムシ、ヤマカガシ、アオダイショウ、シマヘビ、ジムグリ、ヒバカリ、タカチホヘビ、シロマダラ…と色んなヘビが存在するのに、それらのどれとも出会えていない。 ヘビ好きのワタシとしては、実に寂しい限り…。😓 なので、本日の日課の山登りは、テーマを「ヘビ探しの小岱山」とした。😊 カブを丸山の🅿️に停め、正規の登山口ではない適当な所から山の中に分け入った。 人の全く入らない雑木林の中を、積もった枯葉🍂や枯枝・倒木を越えながら進んだ。 一応方向的には『観音岳』の山頂を目指しつつ、ヘビの居そうな場所を探しながら進んでみた。 人の入らない場所なので土が踏み固められておらず、柔らかくて全く踏ん張りが効かない。 そのため、斜度のかなりキツい斜面では2~3歩登るのにも四苦八苦する。 そうこうしながらも30分ほど粘ってみたが、残念ながら収穫はゼロである…😓 時間もそう無いので今回は潔く諦める事にし、途中から正規の登山ルートに出るための苦行(?)に移行。 何とか正規ルートに合流し、そのまま『観音岳』山頂へと登った。 時々思う時がある。「時間に余裕がある訳でもないのにまるでガキみたいな事をやって、俺は一体何を考えているんだろうか…」と。 でも、こんな無意味な行動の一つ一つが、普段の生活や仕事で蓄えた精神的ストレスの発散に大きなひと役をかっているのだ!と考えれば、たまにはそれもありかもな…?と思い直す。😅 『観音岳』山頂の後『丸山展望所』へと行ってはみたが、相変わらず今日も時間切れで『丸山展望所』はスルー、即下山した。😓 「よーし、来世は、仕事なんかしなくても生活に困らず、時間的にも余裕のある”恵まれた環境“を生きられる人間に生まれて来よう!」…などと訳の解らない妄想をする本日のポンコツボケジジィであった。🤪

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。