滑沢山・ヒクタ峰

2021.04.11(日) 日帰り

活動データ

タイム

05:08

距離

6.9km

上り

789m

下り

786m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 8
休憩時間
1 時間 3
距離
6.9 km
上り / 下り
789 / 786 m
1 32
47
1 27
49

活動詳細

すべて見る

今回はジジイ二人のデュオだ。ビューティーペアと呼んでいただきたい。 先月、美比内山から大沼山を縦走した時、ヒクタ峰を左に見ながら「次はあの山だ」と心に決めたのだが、移り気の私だ。結局次の次となって今日を迎えた。 ヒクタ峰は定山渓天狗岳と白井岳の中間に位置する山で、地形図1/25,000「余市岳」を覗き込んでも山名の記載はない。 山名の由来については諸説色々あるようだが、どうやら白井川の支流「ヒクタ沢の源の山」とすると通りが良いようである。 だが、ヒクタ沢の名も地形図にはない。 ヒクタは人の苗字だとの説もあるようだ。 このヒクタ峰、最近は訪れる登山者も多くなって、やがては「ヒクタ(手)あまた」の人気モノとなるのだろうか。 道道1号線を小樽方面に向かい、四ツ峰トンネルを抜けて1.8㎞ほど行くと、つつじ橋がある。渡って直ぐ左に5台ほど停められる駐車帯があり、ここに車を停めて、滑沢1号林道を出発した(8:33)。 雪は適度に締まっており、ツボ足で進む。5分ほど歩くと滑沢出会だ。雪融け水で水量の増した川の小橋を渡り、東尾根に取り付く。 標高450mから500m辺りまでは結構な急登だ。 尾根を登り続けるとポコの上に出た。通称「滑沢山」だ(10:06)。三等三角点「滑り澤」である。 ここからは比較的穏やかな稜線歩きとなる。 定山渓天狗岳、烏帽子岳、神威岳などを横目に歩くのは気持ちが良い。 最後の急な斜面を登り切るとヒクタ峰の頂上だ。 山頂は三つに分かれ、山頂標識があるのが1峰、次いで中央に2峰、西端が3峰で岩場となっている。山頂標識のある1峰より10mほど高いと言うのだ。 ならば行かねばなるまいと即決だ。3峰まで行って山頂標識のある1峰まで戻って来た(11:50)。 即決はいいが、行って良かったのか悪かったのか。 3峰への尾根は両サイドが切れ落ちて細く、岩場までは急な登りもあって生きた心地がしない。 登りはまだ良い。後ろ向きになり、心許ないハイ松を手掛かりにした下りは恐怖だった。 只でさえ幾ばくもない余命を、こんなところで縮める必要は何もないのである。 春の陽気で理性が麻痺したジジイこそ恐怖なのか。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。