残雪の栗駒山 感謝の栗駒blue 4/11/2021

2021.04.11(日) 日帰り
はにゃ
はにゃ

活動データ

タイム

07:16

距離

12.2km

上り

987m

下り

988m

活動詳細

もっと見る

ありがとう❗️残雪の栗駒山😭 ここ数週間の異常高温で、もはや今シーズンの雪山を諦めていたのですが、ここ数日のお天気のお陰で、残雪登山を味わうことが出来ました。初めての栗駒ブルーに大感激して帰ってきました。 雪が緩む前に登りたかったので日の出と共に登りはじめました。帰りはお昼近くになったところ、多くの方が登っていらっしゃいました。さすが人気のお山ですね。 稜線からは岩手山や早池峰、朝日連峰など名だたる山々すら見えました。 ところで、今回虚空蔵山を目指して進みましたが、夏道は藪と危険な雪のトラバースに阻まれ、その後通れる所を模索しましたが、結局迷走と藪漕ぎを繰り返し、技術不足の私たちとしては撤退しました。しかも山頂に戻ってくるまで食事込み3時間もかかるとは、まさに返り討ち。 帰りは東栗駒コースから。裏掛分岐点より下の東栗駒コースは雪が解けてました。

栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 大分陽も長くなりましたね
大分陽も長くなりましたね
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 陽に照らされる雪景色
陽に照らされる雪景色
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 朝陽が背中を押す
朝陽が背中を押す
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 開通まであと少し
開通まであと少し
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 ようやく夏の渡渉点を過ぎて、東栗駒の尾根が間近に見えます
ようやく夏の渡渉点を過ぎて、東栗駒の尾根が間近に見えます
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 須川岳も顔を見せました。近いように見えるけどここからが遠い
須川岳も顔を見せました。近いように見えるけどここからが遠い
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 この急登はなかなかキツいですね。でも栗駒ブルー最高
この急登はなかなかキツいですね。でも栗駒ブルー最高
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 目の前に焼石連峰 牛形山方面に伸びる稜線
目の前に焼石連峰 牛形山方面に伸びる稜線
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 流石の貫禄の鳥海山 金曜日からの雪でまた雪化粧 最高の姿を見せてくれました
流石の貫禄の鳥海山 金曜日からの雪でまた雪化粧 最高の姿を見せてくれました
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 栗駒でこんな展望が良かったのは初めてです
栗駒でこんな展望が良かったのは初めてです
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 アルプスを彷彿させる禿岳、その後ろに葉山、さらにその後ろに朝日連峰そして右奥にはでっかい月山
アルプスを彷彿させる禿岳、その後ろに葉山、さらにその後ろに朝日連峰そして右奥にはでっかい月山
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 天狗岩
天狗岩
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 展望岩頭の近くから須川岳方面
展望岩頭の近くから須川岳方面
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 雪の華
雪の華
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 昭和湖は雪に覆われてますね。焼石連峰がこんな手前に見えるとは。冬山の眺望はなぜこんなに近くに見えるのでしょう
昭和湖は雪に覆われてますね。焼石連峰がこんな手前に見えるとは。冬山の眺望はなぜこんなに近くに見えるのでしょう
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 焼石の向こうには秋田駒や和賀山塊
焼石の向こうには秋田駒や和賀山塊
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 冷凍庫に入ったような石楠花 あとわずかでここも藪藪となるのでしょう
冷凍庫に入ったような石楠花 あとわずかでここも藪藪となるのでしょう
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 雪の島のよう
雪の島のよう
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 泉ヶ岳から船形山へ続く稜線
泉ヶ岳から船形山へ続く稜線
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 大地森 そして虚空蔵山、また挑戦します
大地森 そして虚空蔵山、また挑戦します
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 須川岳へ戻ります
須川岳へ戻ります
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 秣岳や泥湯三山、そして鳥海
秣岳や泥湯三山、そして鳥海
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 奥に神室連峰 そして左手前の饅頭のような虎毛山 どこも未踏 是非歩いてみたい
奥に神室連峰 そして左手前の饅頭のような虎毛山 どこも未踏 是非歩いてみたい
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 青と白の中を歩くのは気分は最高
青と白の中を歩くのは気分は最高
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 高温続きでクラックがあちらこちらに
高温続きでクラックがあちらこちらに
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 帰りは東栗駒側か帰ります
帰りは東栗駒側か帰ります
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 皆さん頑張って〜
皆さん頑張って〜
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 東栗駒コースはこんな感じでほとんど雪がありませんし、人もいない
東栗駒コースはこんな感じでほとんど雪がありませんし、人もいない
栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山 最後に山麓で水芭蕉見て帰ります
最後に山麓で水芭蕉見て帰ります

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。