伊吹山(国見峠・北尾根ルート)

2021.04.10(土) 日帰り
河原崎幸成
河原崎幸成

活動データ

タイム

09:15

距離

16.3km

上り

1399m

下り

1402m

活動詳細

もっと見る

冬季限定、閉鎖中の伊吹山ドライブウェイ歩き🚙 (伊吹山ドライブウェイは4/17から開通予定) 久しぶりのメンバーで登ることができて楽しかった! 【国見峠~国見岳】 朝の時点で気温は0℃ほどと寒かった。 登山口までサンダルできていたが、 靴下、着替えなどを全て忘れたことに気づき、絶望。 やぶに靴下を借りることができ、本当に助けられた...! 国見岳までは尾根沿いに比較的歩きやすい道を進み、 300mほど標高を上げる。 国見岳手前には広々としたスペースがあり、 白山の眺望が抜群によかった! 霞の先には御嶽山、乗鞍岳、穂高連邦も見えた◎ 【国見岳~大禿山】 一度下り、尾根伝いに大禿山まで登り返す。 このあたりから石灰岩地帯に入り足場が不安定に。 捻挫しないように慎重に歩いた。 登り返しは少ないので、北尾根の中でも この区間は比較的楽だった。 【大禿山~御座峰】 100mほどの標高差をアップダウン。 途中歩いてて気持ちの良い道もあった。 御座峰には北尾根縦走路の説明もあった。 【御座峰~静馬ヶ原】 往路ではこの区間の登りが最も長かった。 100m下って200mほど登り返す。 ドライブウェイまで近づいてはいるが、 まだまだ遠いなと感じた。 最後の急登を超えると静馬ヶ原に到着。 風の通り道なのか、ここだけ強風だった。 【静馬ヶ原~伊吹山】 ドライブウェイ→駐車場までは約30分🚶‍♂️ 駐車場→山頂広場までは約20分🚶‍♂️ 山頂にはたくさんの登山者がおり賑やかだった。 ご飯を食べたり話しながら、 1時間ほどゆっくり過ごした。 伊吹山に来るとほっこりしてしまいがち。 正直もっとゆっくりしたい気持ちもあったが、 帰りの行程も長いので帰ることに。 【伊吹山~国見峠】 アップダウンを繰り返しながら下山していく。 獲得標高自体はそこまでないが、 登りっぱなし→下りっぱなしよりも疲れた気がする。 もしくは石灰岩地質の岩場の登山道が苦手なのかな。 【下山後】 ♨️池田温泉 ¥700  ぬるぬる、ツルツルになる泉質  サウナは5名まで  水風呂はぬるめで入りやすい  露天風呂はぬるめ、暖まるなら内湯 🍜台湾ラーメン 棒太郎  台湾まぜそば 特盛(辛さ: Low)  小ライス  唐揚げ2個 【行程】 5:00 下道で移動(Sさんの🚙) 7:00 国見峠 11:30 伊吹山頂 16:30 国見峠 17:30 池田温泉 19:45 棒太郎 【登山中の摂取カロリー】合計 約2,100kal ・おにぎり2個 350kcal ・クリーム玄米ブラン2個 700kcal ・エネルギーゼリー飲料3個 600kcal ・どら焼き 300kcal ・エナジードリンク 150kcal ・水1ℓ~1.5ℓ →最後までバリバリ動けてちょうどよかった。

伊吹山・伊吹高原・御座峰 国見峠の駐車場からゴールの伊吹山を見る。
こちら側から見るのは初めて。そこそこ遠いなぁ
国見峠の駐車場からゴールの伊吹山を見る。 こちら側から見るのは初めて。そこそこ遠いなぁ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 登山開始
登山開始
伊吹山・伊吹高原・御座峰 238cmの大男
238cmの大男
伊吹山・伊吹高原・御座峰 尾根歩き
尾根歩き
伊吹山・伊吹高原・御座峰 雪が固く、滑ったら危なかったトラバース
雪が固く、滑ったら危なかったトラバース
伊吹山・伊吹高原・御座峰 国見岳手前の広々スペース
国見岳手前の広々スペース
伊吹山・伊吹高原・御座峰 肉眼では白山がはっきり見えたがスマホでは写せず
肉眼では白山がはっきり見えたがスマホでは写せず
伊吹山・伊吹高原・御座峰 1126
いい風呂
1126 いい風呂
伊吹山・伊吹高原・御座峰 北尾根を見渡す。
大禿山、御座峰を経てドライブウェイへ
北尾根を見渡す。 大禿山、御座峰を経てドライブウェイへ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ここまで道として整備されてるのすごい
ここまで道として整備されてるのすごい
伊吹山・伊吹高原・御座峰 捻挫しそうな足場
捻挫しそうな足場
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↓
伊吹山・伊吹高原・御座峰 尾根伝いに歩く
尾根伝いに歩く
伊吹山・伊吹高原・御座峰 大禿山
大禿山
伊吹山・伊吹高原・御座峰 気持ちの良い道
気持ちの良い道
伊吹山・伊吹高原・御座峰 御座峰手前
御座峰手前
伊吹山・伊吹高原・御座峰 後ろを見返す
後ろを見返す
伊吹山・伊吹高原・御座峰 北尾根登山道の歴史
北尾根登山道の歴史
伊吹山・伊吹高原・御座峰 御座峰
御座峰
伊吹山・伊吹高原・御座峰 伊吹山が近づいてきた。
上野側から見た端正な山容が印象的だが、
こちら側から見る伊吹山は新鮮。
伊吹山が近づいてきた。 上野側から見た端正な山容が印象的だが、 こちら側から見る伊吹山は新鮮。
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↓
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↑
伊吹山・伊吹高原・御座峰 霊仙山っぽい
霊仙山っぽい
伊吹山・伊吹高原・御座峰 イシガミセンクウ
イシガミセンクウ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 白山、左には少し雪が残る能郷白山
白山、左には少し雪が残る能郷白山
伊吹山・伊吹高原・御座峰 やっとドライブウェイ
やっとドライブウェイ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 静馬ヶ原(しずまがはら)
笹又への分岐あり。
静馬ヶ原(しずまがはら) 笹又への分岐あり。
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ドライブウェイ合流
ドライブウェイ合流
伊吹山・伊吹高原・御座峰 駐車場は広々
駐車場は広々
伊吹山・伊吹高原・御座峰 花を楽しむにはまだ早かったです。
花を楽しむにはまだ早かったです。
伊吹山・伊吹高原・御座峰 駐車場からは整備された道を歩く
駐車場からは整備された道を歩く
伊吹山・伊吹高原・御座峰 石畳and階段
石畳and階段
伊吹山・伊吹高原・御座峰 結構急な階段でした
結構急な階段でした
伊吹山・伊吹高原・御座峰 あと少しで山頂
あと少しで山頂
伊吹山・伊吹高原・御座峰 山頂は広い
山頂は広い
伊吹山・伊吹高原・御座峰 記念撮影
記念撮影
伊吹山・伊吹高原・御座峰 まだ閉まってました
まだ閉まってました
伊吹山・伊吹高原・御座峰 帰りは西から駐車場へ
帰りは西から駐車場へ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 昼寝
昼寝
伊吹山・伊吹高原・御座峰 雪があると空の青さが際立つ
雪があると空の青さが際立つ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 琵琶湖展望台へ
琵琶湖展望台へ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 上野ルートを見下ろすと続々と登ってきていました。
上野ルートを見下ろすと続々と登ってきていました。
伊吹山・伊吹高原・御座峰 琵琶湖
琵琶湖
伊吹山・伊吹高原・御座峰 上野ルート
上野ルート
伊吹山・伊吹高原・御座峰 駐車場へ
駐車場へ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 なんとなく海外ドラマ感がある
ウォーキングデッドとか
なんとなく海外ドラマ感がある ウォーキングデッドとか
伊吹山・伊吹高原・御座峰 趣が深すぎて理解できず。

(「伊吹山は月の力など借りなくても、そのままで立派な山だよ」という意味だそうです)
趣が深すぎて理解できず。 (「伊吹山は月の力など借りなくても、そのままで立派な山だよ」という意味だそうです)
伊吹山・伊吹高原・御座峰 駐車場から北尾根
駐車場から北尾根
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ドライブウェイ
ドライブウェイ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 北尾根登山道へ
北尾根登山道へ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↓
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↓
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↓
伊吹山・伊吹高原・御座峰 奥に見える鞍部まで
奥に見える鞍部まで
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↓
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↑
伊吹山・伊吹高原・御座峰 可愛いかったのでパシャリ📸
ネコノメソウというらしい。
可愛いかったのでパシャリ📸 ネコノメソウというらしい。
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↓
伊吹山・伊吹高原・御座峰 大禿山へ
大禿山へ
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↑
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↑
伊吹山・伊吹高原・御座峰 @大禿山
@大禿山
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ↓
伊吹山・伊吹高原・御座峰 @国見岳
@国見岳
伊吹山・伊吹高原・御座峰 ラストは下り勝手
ラストは下り勝手
伊吹山・伊吹高原・御座峰 危険なトラバース
危険なトラバース
伊吹山・伊吹高原・御座峰 残りは消化試合
残りは消化試合
伊吹山・伊吹高原・御座峰 お疲れ山でした!
お疲れ山でした!
伊吹山・伊吹高原・御座峰 麺に特製卵ソースが絡めてあり、
台湾まぜそば×カルボナーラの意味がわかった。
大盛りにしてライス2杯でもよかったかも。
麺に特製卵ソースが絡めてあり、 台湾まぜそば×カルボナーラの意味がわかった。 大盛りにしてライス2杯でもよかったかも。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。