小野アルプスの岩場は楽しかったよ!

2021.04.10(土) 日帰り

絶好の天気に恵まれ,小野アルプスに行ってきました。 おっかなびっくりの紅山の岩登りでしたが,2往復して満喫しました。😛

予報どおりの最高の天気です。
一日中この青空でした。

「ゆぴか」に駐車。
1/40

予報どおりの最高の天気です。 一日中この青空でした。 「ゆぴか」に駐車。

予報どおりの最高の天気です。 一日中この青空でした。 「ゆぴか」に駐車。

登山道開始。

登山道開始。

登山道開始。

紅山までは整備が行き届いた道が続きます。

紅山までは整備が行き届いた道が続きます。

紅山までは整備が行き届いた道が続きます。

もう日が高くなっています。

もう日が高くなっています。

もう日が高くなっています。

オオカメノキ?

オオカメノキ?

オオカメノキ?

丁寧な標示です。

丁寧な標示です。

丁寧な標示です。

docomoの設備

docomoの設備

docomoの設備

青空と若葉の大樹
スカッとします。

青空と若葉の大樹 スカッとします。

青空と若葉の大樹 スカッとします。

なるほど

なるほど

なるほど

その奇跡のケヤキです。
なるほど

その奇跡のケヤキです。 なるほど

その奇跡のケヤキです。 なるほど

木漏れ日の道
暑かったのでほっとします。

木漏れ日の道 暑かったのでほっとします。

木漏れ日の道 暑かったのでほっとします。

アオダモの花

アオダモの花

アオダモの花

姫路方向の眺望
南向きは少し空が濁ります。

姫路方向の眺望 南向きは少し空が濁ります。

姫路方向の眺望 南向きは少し空が濁ります。

東方向の眺望
(歩いてきた山々の振り返り)

東方向の眺望 (歩いてきた山々の振り返り)

東方向の眺望 (歩いてきた山々の振り返り)

ヤシャブシ?

ヤシャブシ?

ヤシャブシ?

ツツジ

ツツジ

ツツジ

ツツジが沢山咲いています。

ツツジが沢山咲いています。

ツツジが沢山咲いています。

青空がたまりません。

青空がたまりません。

青空がたまりません。

半分歩いた。

半分歩いた。

半分歩いた。

ヤマブキの群落

ヤマブキの群落

ヤマブキの群落

こんなにも

こんなにも

こんなにも

拡大

拡大

拡大

さらに拡大

さらに拡大

さらに拡大

小野アルプスのハイライト「紅山の岩登り」
突然目の前にこのコースが現れました。

小野アルプスのハイライト「紅山の岩登り」 突然目の前にこのコースが現れました。

小野アルプスのハイライト「紅山の岩登り」 突然目の前にこのコースが現れました。

岩はあまり経験が無く,苦手です。
最初はおっかなびっくりで登りました。

岩はあまり経験が無く,苦手です。 最初はおっかなびっくりで登りました。

岩はあまり経験が無く,苦手です。 最初はおっかなびっくりで登りました。

頂上から岩ルートを見下ろす。

頂上から岩ルートを見下ろす。

頂上から岩ルートを見下ろす。

紅山の岩場を西側から見る。
27/40

紅山の岩場を西側から見る。

紅山の岩場を西側から見る。

岩場部の拡大(下部)

岩場部の拡大(下部)

岩場部の拡大(下部)

男池を眺めながら自然歩道を歩こう!と意気揚々とスタート。

男池を眺めながら自然歩道を歩こう!と意気揚々とスタート。

男池を眺めながら自然歩道を歩こう!と意気揚々とスタート。

行けども行けどもこんな道,展望なし。😞

行けども行けどもこんな道,展望なし。😞

行けども行けどもこんな道,展望なし。😞

唯一開けたところから見えたゴルフ場,その奥に少し見えた男池

今回も事前調査不足,楽しみにしていた男池(鴨池)の1周コースは眺望を期待してはダメなのでした。😞

唯一開けたところから見えたゴルフ場,その奥に少し見えた男池 今回も事前調査不足,楽しみにしていた男池(鴨池)の1周コースは眺望を期待してはダメなのでした。😞

唯一開けたところから見えたゴルフ場,その奥に少し見えた男池 今回も事前調査不足,楽しみにしていた男池(鴨池)の1周コースは眺望を期待してはダメなのでした。😞

ゴルフ場の中の自然歩道を通って男池の近くに来ました。
気持ちの良い男池が見えました。

男池の眺望は小野ゴルフコースの独占でした。

ゴルフ場の中の自然歩道を通って男池の近くに来ました。 気持ちの良い男池が見えました。 男池の眺望は小野ゴルフコースの独占でした。

ゴルフ場の中の自然歩道を通って男池の近くに来ました。 気持ちの良い男池が見えました。 男池の眺望は小野ゴルフコースの独占でした。

気持ちの良い木漏れ日の道

気持ちの良い木漏れ日の道

気持ちの良い木漏れ日の道

再び岩場を狙って紅山に登ります。

再び岩場を狙って紅山に登ります。

再び岩場を狙って紅山に登ります。

紅山頂上から岩場を下りました。
下りは怖いだろうと思っていましたが,手を使えば楽に降りられました。

せっかくなのでザックを置いてもう一度登りました。
2度目はスイスイ,余裕で楽しめました。

2度目の登りのとき,初めて登る小学校の女の子の付き添いになりました。
1/3まで登ったところで半べそで立ち往生していた女の子,付き添っているお母さんとママ友さんもお困りの様子。
女の子のバックに回って落下ガードや,ずれる足場で足首を支えたり,前に回って登りやすそうなルートを教えたり。
女の子は徐々に墜落を気にするよりも登ることに集中できるようになり,手と足を動かすリズムが良くなり,遂に友達が待つ頂上にたどり着きました。👏
次はきっと上手に登れるぞ!
今日の私の一番の収穫です。😛

紅山頂上から岩場を下りました。 下りは怖いだろうと思っていましたが,手を使えば楽に降りられました。 せっかくなのでザックを置いてもう一度登りました。 2度目はスイスイ,余裕で楽しめました。 2度目の登りのとき,初めて登る小学校の女の子の付き添いになりました。 1/3まで登ったところで半べそで立ち往生していた女の子,付き添っているお母さんとママ友さんもお困りの様子。 女の子のバックに回って落下ガードや,ずれる足場で足首を支えたり,前に回って登りやすそうなルートを教えたり。 女の子は徐々に墜落を気にするよりも登ることに集中できるようになり,手と足を動かすリズムが良くなり,遂に友達が待つ頂上にたどり着きました。👏 次はきっと上手に登れるぞ! 今日の私の一番の収穫です。😛

紅山頂上から岩場を下りました。 下りは怖いだろうと思っていましたが,手を使えば楽に降りられました。 せっかくなのでザックを置いてもう一度登りました。 2度目はスイスイ,余裕で楽しめました。 2度目の登りのとき,初めて登る小学校の女の子の付き添いになりました。 1/3まで登ったところで半べそで立ち往生していた女の子,付き添っているお母さんとママ友さんもお困りの様子。 女の子のバックに回って落下ガードや,ずれる足場で足首を支えたり,前に回って登りやすそうなルートを教えたり。 女の子は徐々に墜落を気にするよりも登ることに集中できるようになり,手と足を動かすリズムが良くなり,遂に友達が待つ頂上にたどり着きました。👏 次はきっと上手に登れるぞ! 今日の私の一番の収穫です。😛

紅山(真ん中少し右の山)と奥の権現池の眺望

紅山(真ん中少し右の山)と奥の権現池の眺望

紅山(真ん中少し右の山)と奥の権現池の眺望

拡大:登った紅山の岩場の東側からの眺望

拡大:登った紅山の岩場の東側からの眺望

拡大:登った紅山の岩場の東側からの眺望

このあと駐車場に向かって歩く山並み

このあと駐車場に向かって歩く山並み

このあと駐車場に向かって歩く山並み

北東の小野町の眺望

北東の小野町の眺望

北東の小野町の眺望

今日,何度も見上げた青空
ありがとうございました。

今日,何度も見上げた青空 ありがとうございました。

今日,何度も見上げた青空 ありがとうございました。

予報どおりの最高の天気です。 一日中この青空でした。 「ゆぴか」に駐車。

登山道開始。

紅山までは整備が行き届いた道が続きます。

もう日が高くなっています。

オオカメノキ?

丁寧な標示です。

docomoの設備

青空と若葉の大樹 スカッとします。

なるほど

その奇跡のケヤキです。 なるほど

木漏れ日の道 暑かったのでほっとします。

アオダモの花

姫路方向の眺望 南向きは少し空が濁ります。

東方向の眺望 (歩いてきた山々の振り返り)

ヤシャブシ?

ツツジ

ツツジが沢山咲いています。

青空がたまりません。

半分歩いた。

ヤマブキの群落

こんなにも

拡大

さらに拡大

小野アルプスのハイライト「紅山の岩登り」 突然目の前にこのコースが現れました。

岩はあまり経験が無く,苦手です。 最初はおっかなびっくりで登りました。

頂上から岩ルートを見下ろす。

紅山の岩場を西側から見る。

岩場部の拡大(下部)

男池を眺めながら自然歩道を歩こう!と意気揚々とスタート。

行けども行けどもこんな道,展望なし。😞

唯一開けたところから見えたゴルフ場,その奥に少し見えた男池 今回も事前調査不足,楽しみにしていた男池(鴨池)の1周コースは眺望を期待してはダメなのでした。😞

ゴルフ場の中の自然歩道を通って男池の近くに来ました。 気持ちの良い男池が見えました。 男池の眺望は小野ゴルフコースの独占でした。

気持ちの良い木漏れ日の道

再び岩場を狙って紅山に登ります。

紅山頂上から岩場を下りました。 下りは怖いだろうと思っていましたが,手を使えば楽に降りられました。 せっかくなのでザックを置いてもう一度登りました。 2度目はスイスイ,余裕で楽しめました。 2度目の登りのとき,初めて登る小学校の女の子の付き添いになりました。 1/3まで登ったところで半べそで立ち往生していた女の子,付き添っているお母さんとママ友さんもお困りの様子。 女の子のバックに回って落下ガードや,ずれる足場で足首を支えたり,前に回って登りやすそうなルートを教えたり。 女の子は徐々に墜落を気にするよりも登ることに集中できるようになり,手と足を動かすリズムが良くなり,遂に友達が待つ頂上にたどり着きました。👏 次はきっと上手に登れるぞ! 今日の私の一番の収穫です。😛

紅山(真ん中少し右の山)と奥の権現池の眺望

拡大:登った紅山の岩場の東側からの眺望

このあと駐車場に向かって歩く山並み

北東の小野町の眺望

今日,何度も見上げた青空 ありがとうございました。

類似するルートを通った活動日記