伊勢の槍ヶ岳・局ケ岳へ下見山行

2021.04.09(金) 日帰り
ゆうこ先生
ゆうこ先生

活動データ

タイム

03:26

距離

3.9km

上り

656m

下り

673m

活動詳細

もっと見る

ピラミダルな山容から、「伊勢の槍ヶ岳」と呼ばれる局ケ岳へ下見に。 そもそもは、この近くにある相津峠の山桜が美しく、9日までが見頃というので、たまたま空いていた9日に行こうと思い立ったもの。近くに山があるかな~?と思ったら、この局ケ岳がヒットした。 結論からいうと、相津峠の桜はもうほぼ終わっていた。山桜のピンクと新緑のグリーンとのコントラストは確かに綺麗だが、なんせ、アクセスが悪い。わざわざここまで足を運ぶかなー。何かのついでだったらいいけどなぁ、、と悩ましいところ。 一方の局ケ岳。本日は旧道から入り新道を降りるコース。 旧道は岩ゴロな道で、まぁまぁ急登が続くので、少し体力が必要。でも、岩ゴロの道を歩く練習には良さそう。 足元にはヒトリシズカの群生が至る所にあって、目を楽しませてくれる。なかなか楽しい道。 小峠から頂上へは、花の道と書いてあったが、確かに、カタクリがあちらこちらに咲いている。先日の文殊岳とは比べものにならないけれど、これはこれで心が躍る。 先に進めば、バイケイソウの群落、ミツバツツジ、タムシバ、何か分からない黄色い花と、確かに春の花が様々咲いている。 頂上はぐるり360度の眺望が望め、東に目をやると、伊勢湾が見えている。大きな反射板があるのだけが残念なところ。 風が強いので、少し降りたところのベンチでランチタイム。 下山は新道で。こちらはよく整備されていて歩きやすいが、やや単調。でもお客様を連れていくなら、同じように登り旧道、下りは新道がいいな。 来春企画しよう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。