中央アルプスデビュー・木曽駒ケ岳

2017.07.29(土) 2 DAYS Nagano
だふく
だふく

活動データ

タイム

05:25

距離

18.8km

上り

1,558m

下り

2,409m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

5月に登山を始めて6山目にして中央アルプス最高峰の木曽駒ケ岳(2,956m)に登る機会を得ました。(医王山、取立山、焼岳、伊吹山、涸沢カールに続く)日本3大カールのうち、先週登って来た涸沢カールに続けて千畳敷カールも見られるとのことで、嬉しい限りです。もう一つのカールは何処なんだろう・・・(';') パーティーは、職場や仕事のお仲間である、①隊長のH常務、②由香嬢、③ムヒさん、私の4人です。H隊長は雪山もこなすベテラン登山家、由香嬢は海外や東京のフルマラソンや100kmウォークを複数回もこなす超健脚Woman、ムヒさんは富山の会社の優しくてダンディなお兄さんです^^ 前日の金曜日は有給休暇をとって、伊那市の企業さんを視察、その足で隣町の駒ケ根市に登山口がある木曽駒ケ岳への登山と相成りました。 今回宿泊するのはルートイン駒ケ根インターです。身銭で泊まるには毎回はキツイけど、一泊7,100円、大浴場付きなので、遠方の登山ならたまにはありかなと・・・ ホテルの駐車場から明日登る山が見えます。因みに昨日までの天クラ予報は「C」だったものの、登山前日の今日は「B~A」に変わり、夕方に至っては少し日も差してくるというラッキー具合です。(≧▽≦) 前日のチェックインを見ていても登山客がメッチャ多かったので混雑を警戒し、ロビーに4:00集合、連絡バスの出る菅の台駐車場には4:10に到着しました。 ところがところが・・・ 連絡バス駐車場についてビックリ( ゚Д゚) まだ始発の1時間以上前なのにかなりの人が並んでる!!! 急いで身支度を整えてバス停へ。ざっと50人くらいが前に並んでる感じでしょうか。東京や名古屋から近い中央アルプス・・・舐めたらアカンな~^^; でも、5:15始発だった筈が、「臨時便が出ます」との案内で、もし一番バスに乗れるなら5:00に出発できそうです。早く出発したおかげ^^ てな感じで山行スタートです(^^) 軌跡はロープウェイの乗車駅〜帰りはバス駐車場までとなっているので活動時間や距離が長くなっていますが、実質的な登山の時間と距離は以下の通りです。 6:10 千畳敷駅を出発 7:40 木曽駒ケ岳山頂に到着 8:30山頂を出発 10:00 千畳敷駅に帰還 歩行時間:119分 歩行距離:4km 先週の涸沢カール往復30kmに比べたら全然ですが、疲労度を考えるともう少し歩いた気がしたんだけどなぁ...(>_<)

興奮でか眠れず朝3:20に起きて荷物の積み込み開始。
4:00にホテルを出発です。これでも3番手...
ホテルから4kmの菅の台駐車場は既にバス待ちの行列が... 50名くらいでしょうか。中央アルプスを舐めていた...(._.)
木曽駒ケ岳の方角の雲が薄くなって来ました!(≧▽≦)
5:15始発に対して5:00の臨時バスが出ました。
ギリギリセーフで1台目に乗れたので補助席です。
標高800m差をジグザグに登ること40分近く、ロープウェイ駅に到着です。車両が路線バスタイプなので物凄く乗り心地が悪い...(._.)
ロープウェイは定員70名だそうです。
立ち乗りでギッチギチに詰め込まれました。大混雑です。ザックは前抱えなので辛い...
行きは左側に乗ることをお勧めします(^^)右側は景色がイマイチ...
千畳敷駅に到着です。日本最高峰の駅だとか...
ロープウェイ駅を降りると雲海が広がっていました(≧▽≦)
ロープウェイ駅の裏手に出ると大大パノラマが広がっていました!(*゚▽゚*)
千畳敷カールが物凄く綺麗です(๑˃̵ᴗ˂̵)
とにかく天気がイイ!(≧▽≦)
バスとロープウェイで一気に標高差1,800mほどを登り、2,600m地点に立ったので高山病になるリスクがあると、隊長のアドバイスに従ってラジオ体操をしてから登山開始です。
シナノキンバイ?
これも何の花だろう...^^; でも綺麗です(๑˃̵ᴗ˂̵)
いや、天気はほんとに超ラッキーでした(≧▽≦)
これが千畳敷カールなのね...(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
眼下には雲海が広がっています(^^)♪
6:00過ぎなんですが、既に結構な登山者が居ます。
登山道はどこまでも整備されていて綺麗ですが、いきなり高地で急登なので息は上がりがちです。
登り終えたところが乗越浄土(のっこしじょうど)です。
カール上方に行くにつれて、メマトイやアブが非常に多かったです。虫ネットにハッカスプレーが良く効きました。
乗越浄土の右手の前岳。バス乗り場の登山相談員の方が前日に前岳で事故があり、救難ヘリで運ばれたので注意を!と呼び掛けていたので近付かず...^^;
乗越浄土からのパノラマです。左手が宝剣岳、青い屋根が宝剣山荘、右手の丸っこい山が中岳で、その奥に木曽駒ケ岳の山頂があります。
宝剣岳です(๑˃̵ᴗ˂̵)
中岳です(๑˃̵ᴗ˂̵)
宝剣山荘。トイレは宿泊以外200円でした。
真っ直ぐに中岳、木曽駒ケ岳を目指します。
荒々しい宝剣岳。鎖場も多く人も多かったので初心者の僕らは諦めました。とんがった岩の山頂で片足ポーズとってる人も居ましたが、怖すぎる...(>_<)
中岳山頂を目指します。緩やかに見えて、結構急な登りです。
中岳山頂から見る木曽駒ケ岳山頂です(๑˃̵ᴗ˂̵) 眼下には駒ケ岳頂上山荘が見えます。
中岳山頂からのパノラマです。
さぁ、いよいよ木曽駒ケ岳山頂へ登って行きます(≧▽≦)
しかし... 絵に描いたような晴天です(๑˃̵ᴗ˂̵)
ここも意外とキツイ登り。
これは三沢岳ですね(^^)
ゴツゴツした岩も多く、背の低い方だと下りがシンドそうでした。
あともうちょっと...(๑˃̵ᴗ˂̵)
左に三沢岳、真ん中が木曽前岳、その右下に頂上木曽小屋の赤い屋根が見えます。雲が晴れていたら、その右上の方に御嶽山が見えたそうです。
木曽駒ケ岳山頂の一歩手前で記念撮影。雲から薄っすら顔を出しているのが、南駒ケ岳と空木岳の様です。
三角点ゲット~(*'▽'*)
これまで登った山の中で一番標高が高いので素直に嬉しい!(≧▽≦)
左の茶臼山から将棋頭山への稜線です。
三沢岳の右上に薄っすら見えるのが恵那山。
頂上で50分ほど楽しんだ後、下山開始です。徐々に混雑が始まっています。
中岳を登らず巻道へ行きたかったんですが、難所有りとのことで諦めました。
地道に登って戻ります。この辺りからメンバーの1人が軽い高山病のようで頭痛が酷いとのこと... ペースを落として休み休み進みます。
中岳からの下り。宝剣岳が見えます。だいぶガスが上がって来ました。私も前回痛めた膝の靭帯がかなり痛み出していて、登山前に飲んだボルタレンの効きが切れ始めており、堪えながらの下山です。
宝剣岳の行けるところまで行ってみる?と話していたんですが、ここまで来ると早く降りようってモードになって、また今度...^^;ってことになりました。
宝剣山荘もだいぶ人が増えています。
乗越浄土からの下山です。完全にガスっていて周りは何も見えません。3時間の差で天国と地獄です。登山道もかなりラッシュ... 装備が全員新品の200人の初心者団体とかも居ました...(._.)
行きは周りの景色ばかり見ていたのであまり気付かなかったんですが、結構、登りは急ですね^^;
マジで早起きして良かった~(*´ω`*)
無事降りて来ました~(*'▽'*)
ロープウェイも大混雑です。観光客の方がかなり多い感じです。お陰で通常30分間隔のところを9分間隔の運転になっており、下りのロープウェイはガラガラでした。
バスも帰りはガラガラ。おまけに新車だったので乗り心地もグー(๑˃̵ᴗ˂̵)
いや~ ほんとに早起きで100文以上得したって感じです。ガスしか見えないのと、あの絶景と... 始発がお勧めです(≧▽≦)♪
頂上限定のバッチを買ってしまった...^^;

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。