霧雨の中、乗鞍岳。 

2017.07.27(木) 2 DAYS Gifu, Nagano
ぶなこ
ぶなこ

活動データ

タイム

05:11

距離

28.1km

上り

2,099m

下り

630m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 ほんとは別のエリアに行く予定でしたが、天気予報がコロコロ変わり、雨は嫌なので、 天気が良さそうな乗鞍岳、日帰り登山に急遽 変更。  乗鞍岳はまだマイカー規制がなかった頃に一度ご来光登山に来たことがある。  ずいぶん昔の話だ。  一人で 初めての3000M、、、   今回のひそかなテーマ。  木曽駒ヶ岳も3000M級ではあるけど、2956、、、、     一時半出発。 東海北陸道は苦手なので、中津川まで高速道路、  あとは下道でほおのき平駐車場まで。  、、、、、、  道中 小雨がパサパサ、、、、、 嫌な感じ。  上高地散策にするか迷ったが、とりあえずほおのき平まで行くと  車もぼちぼち停まってて雨もやんでいたので、行ってみることに決めて のんびり準備。  ほぼ満車のバス。 結構 寝てしまった。  畳平は、、、  雨。   びしゃびしゃ。  オーマイガ~(T0T)     追記 普段の生活のなかでは味わえない感動や感激が、山にあっていいですね(^^)     

絶望的な雨! ( ̄▽ ̄;)
せっかく来たからお花畑でも散策するか~(^^;と。 でもスマホを取り出すと 濡れてしまうし(-_-;)
こんなはずではなかったのに、、、 (T0T)
剣ヶ峰へ向かう人も極 数名。 どうしようか 悩みつつ 霧雨×ガスガス 視界不良のなか トボトボ歩く。 こんな天気でも雪渓でスキーをしてる人たちに勇気?をもらう。
肩の小屋まで来た。 トイレ休憩し歩き出したが、ここからは本格的な 登山道。 風も出てきた、、、、  戻って、小屋の食堂で休憩することに。
結構多くの方がここで休憩。  雨 やまないかなーのホットコーヒー。。
小栗旬 かっこええ‼
小屋の方が 今日明日 回復しそうにないからがんばって今日登るほうがいいかもと、話していた。 そうかー。 覚悟を決めて行くことにした。 でも岩だらけアシバ不安定、霧雨、風の中、登って行くのはかなり緊張した。 いつも晴れてる日しか 登らないもんね。 
怖い岩場コースをなんとか通過、ん? ちょっと日差し? 怖いけど、ビクビクしながら山頂へと向かう。 全然見えないけど、賑やかな人達の声が聞こえてくる。 そしてなんとかたどり着いた山頂。  はあーーーーーー‼(T-T)  3000メートル越えたよう!
山頂は齡60~70代くらいのパワフル陽気な関西系のオバチャングループで とてもにぎやかだった(^^) その方たちが去っ途端、 あ! 青空! ガスガスの雲間に 青空が見えた!
これまで何にも見えなかったが サーッと 見えるようになり、 山頂にいた人達はおおはしゃぎ、大慌て! 私も、 感動!  おにぎりなんて食べてる場合じゃないっ! 
これまでなにも見えなかったのに、ガスが切れ見える景色が あまりに素晴らしく、、、、
泣きそうになった。
慌てて何枚も撮った。 それは ほんとにわずかな時間だった。 頑張って登ってきて わずかなこのタイミングで、、、 よかった、 ほんとうに よかった。
コンビニおにぎり2個食べる。 下りの岩場が心配だ。 ドキドキ、、、、 ひとつずつ ひとつずつ 岩を マイペースで おりていく
下山は降ってなかったのでよかった。 登る時には見えなかった登山道。
時折見える景色に感動する。
晴れると 素晴らしい眺め‼
青空、なんてさわやかなんだろう。
乗鞍、 緑が ゆたか!(^^)
振り返って。
登ってくる時にはなんにも見えなかったけど。 こんなにいい眺めなんだね❗(^^)
万里の長城みたい。
せっかくバーナーを持ってきたから。
乗鞍岳を眺めながらカレーカップヌーどー♪ コーシーも飲みたかったけど、またガスがー(-_-;)
高山植物がたくさん。
雪渓の雪解け池 なんたる美しいことか
畳平バスターミナル! よく見える!(^^)
愛らしいコマクサ
バスを待っているとどんどん青空が広がってきた! 主峰乗鞍岳をぐるりと取り囲むように いくつかの小高い山がある。 まるで 別の宇宙のようだと 思った。
帰りのバスからの眺め。
温泉宿~(^ω^)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。