ヒルが多いと言われる入道へ~

2015.06.22(月) 08:31 - 2015.06.22(月) 14:55
梅雨の合間に入道ヶ岳に行って来ました。 ★宮妻キャンプ場~水沢峠~イワクラ尾根~入道ヶ岳~宮妻新道 入道ヶ岳は鈴鹿山系でヒルが多い場所と言われる 何故にその場所に行くのか?って? それは鈴鹿山系が繋がっている事を知る登山で 師匠の好意ではじまった(有難や) 雨で何度も中止になっていて 本日になった(次回は同じ場所からスタートして鎌ヶ岳へ) 入道ヶ岳“ヒル実験登山”(笑) 駐車場にもいると聞いていたが、いなかった 林道を10分歩いて鎌ヶ岳登山口の横を通過 師匠から40分林道を歩いて登山口に着くと聞いていて、本当に40分 ヒルは林道あたりから、チラホラ 登りはじめて、前の人のスパッツにヒルがはっている ヤマヒルファイターを振っていないとのことで振ってあげる 思ったより少ない?時期が早い? イワクラ尾根から入道ヶ岳まではヒルは見なかった。 入道手前の奥宮で、久しぶりに登山された方が体調くずし、入道ヶ岳山頂に行く班と、近道班に分かれる 山頂に着いて3枚写真を撮って、折り返したので、入道の吸い込まれそうな絶景場所の画像なし。 宮妻新道の下山がはじまり、笹の中を歩き、左に鎌ヶ岳と御在所がぼんやり見えて 気持よく歩く そして林の中を歩きだしたら、滑る滑る 人の歩いた跡がツルツルで滑るスベル 何人かの方が滑って転んで泥だらけ 転んでもヒルはいなかったのでOKだったよう 沢の音が聞こえて来たら、ヒルさんがチラ・ホラ 川の横に着いたら、ヒルが靴に上がって来たと皆が止まってしまって そうしたら「ここが一番のヒルが多いとこだから止まったらダメ!」と言われて 皆そのまま歩く 最後の難所が川だったが 師匠と話をして、石が滑るからロープを使って渡っても バランス崩して転んだら全部濡れると思い 膝上の川を渡った 気持よいねぇ~ 今日のヒル被害者10名いて0 ヒルのいる場所は皆が気をつけて後ろから注意していた ヒル対策のスプレーはやはりgood!! 私には来なかった しかし師匠が「まだ活発やないな!あいつら動きがまだ調子悪そうやもんな。」って笑っていたので つづく・・・・・・・・・・・・・・・・・ このコースの逆回りは精神的にきつそうです 私が回ったコースがベストかなぁ~

写真

宮妻キャンプ場Pからスタート。行きは右上の林道を行く。帰りは左の道から帰って来た

宮妻キャンプ場Pからスタート。行きは右上の林道を行く。帰りは左の道から帰って来た

カズラ経由の鎌ヶ岳登山口を横目にどんどん進む。横目ね・・・私は入道ヶ岳ね

カズラ経由の鎌ヶ岳登山口を横目にどんどん進む。横目ね・・・私は入道ヶ岳ね

師匠から「林道を40分歩くぞぉ~」と

師匠から「林道を40分歩くぞぉ~」と

ほんとに40分歩きます

ほんとに40分歩きます

さぁ~!入道ヶ岳を目指します

さぁ~!入道ヶ岳を目指します

鈴鹿山系でヒルが多いと言われる入道ヶ岳・・・・・はい!いてます

鈴鹿山系でヒルが多いと言われる入道ヶ岳・・・・・はい!いてます

こんなとこ登っていたら、時々見ます

こんなとこ登っていたら、時々見ます

滝のような・・・・滝か・・な

滝のような・・・・滝か・・な

今日は左ね!。師匠から「今度はここまで登って右にいくぞぁ~」とヽ(≧∀≦)ノ

今日は左ね!。師匠から「今度はここまで登って右にいくぞぁ~」とヽ(≧∀≦)ノ

ガスり方が綺麗だった

ガスり方が綺麗だった

先頭の師匠が「ユリや!」と・・・・花の事を知らない師匠の事を他の人が「本当にゆり?」って言ったら、奥様が「まぁ~あの人でもユリは間違えんやろ」と(笑)ユリでした

先頭の師匠が「ユリや!」と・・・・花の事を知らない師匠の事を他の人が「本当にゆり?」って言ったら、奥様が「まぁ~あの人でもユリは間違えんやろ」と(笑)ユリでした

きゃぁ~~。

きゃぁ~~。

楽しいわぁ~~

楽しいわぁ~~

はい分岐に着きました

はい分岐に着きました

ここから下る

ここから下る

ここから登る

ここから登る

ギンリョウソウ・・・別名:ユウレイソウ

ギンリョウソウ・・・別名:ユウレイソウ

また下ります・・・・登ったり下ったりの繰り返しで・・・・せっかく登ったのにもったいない(^_^;)

また下ります・・・・登ったり下ったりの繰り返しで・・・・せっかく登ったのにもったいない(^_^;)

皆はここの横を通過したが、私と師匠と奥様は岩の真ん中を通る

皆はここの横を通過したが、私と師匠と奥様は岩の真ん中を通る

はい!また登ります

はい!また登ります

ガッツリ登ります。

ガッツリ登ります。

入道ヶ岳はアセビが多い

入道ヶ岳はアセビが多い

・・・・・だそうです

・・・・・だそうです

後ろ見たら入道ヶ岳

後ろ見たら入道ヶ岳

この方の奥様がね・・・2か月前にね、木の根っこで滑って足を骨折されてね。「早く治りますように」って言われているのかなぁ~。とても優し方です。早く治りますように

この方の奥様がね・・・2か月前にね、木の根っこで滑って足を骨折されてね。「早く治りますように」って言われているのかなぁ~。とても優し方です。早く治りますように

綺麗な鳥の羽。

綺麗な鳥の羽。

カエルさん。あなた何か有難い物をかけられてるの?ここでお弁当タイム

カエルさん。あなた何か有難い物をかけられてるの?ここでお弁当タイム

さぁ~入道ヶ岳に向います。体調の悪い方が見えたので、入道山頂組と近道の2班に分かれる

さぁ~入道ヶ岳に向います。体調の悪い方が見えたので、入道山頂組と近道の2班に分かれる

振り向いたら鎌ヶ岳が・・・あ~~~~!!もう少し雲さん動いてぇ~~。“ふぅ~”って吹いちゃえ~

振り向いたら鎌ヶ岳が・・・あ~~~~!!もう少し雲さん動いてぇ~~。“ふぅ~”って吹いちゃえ~

反対見たら、亀山?鈴鹿?(^_^;)

反対見たら、亀山?鈴鹿?(^_^;)

鎌ヶ岳の左を見ると野登山と仙ヶ岳が見える

鎌ヶ岳の左を見ると野登山と仙ヶ岳が見える

クッパさん来たよ!来たよ!!ネンネしたら落ちゃうよ

クッパさん来たよ!来たよ!!ネンネしたら落ちゃうよ

はい!タッチ。先回りしている方がいるので3枚くらい写真を撮って合流地点目指す

はい!タッチ。先回りしている方がいるので3枚くらい写真を撮って合流地点目指す

皆様と合流しました。

皆様と合流しました。

さぁ~宮妻新道で下山します

さぁ~宮妻新道で下山します

こんなとこ好き

こんなとこ好き

下山中に左見たら鎌ヶ岳がしっかりお隠れになっている

下山中に左見たら鎌ヶ岳がしっかりお隠れになっている

新緑に枯れた木もいいね。

新緑に枯れた木もいいね。

木の実

木の実

バイケンソウの花

バイケンソウの花

滑ります。

滑ります。

早く言って下さい

早く言って下さい

きのこ

きのこ

ものすごく滑ります

ものすごく滑ります

下の川に来たら、皆様の足にヒルが上がっているので、取ろうとされていたら「こんなとこで立ち止まったらダメ!。ここが一番多いから」と。

下の川に来たら、皆様の足にヒルが上がっているので、取ろうとされていたら「こんなとこで立ち止まったらダメ!。ここが一番多いから」と。

一番ヒルが多い地点だそう。

一番ヒルが多い地点だそう。

さぁ~ここです。最後の難関。川渡り・・・渡れ!とされる場所の石が滑る

さぁ~ここです。最後の難関。川渡り・・・渡れ!とされる場所の石が滑る

なので私と師匠は滑って全身を濡らすなら、普通に川を渡ろうと、膝上までの川を渡った

なので私と師匠は滑って全身を濡らすなら、普通に川を渡ろうと、膝上までの川を渡った

ここが最後で良かった。出だしで水に入り、ヒルに出迎えられたら、登る気なくすかなぁ~

ここが最後で良かった。出だしで水に入り、ヒルに出迎えられたら、登る気なくすかなぁ~

綺麗なお花がぶら下がってました

綺麗なお花がぶら下がってました

はいお疲れ様でした

はいお疲れ様でした

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。