羊蹄山→真狩登山口→お鉢一周150622

2015.06.22(月) 08:37 - 2015.06.22(月) 13:02
Yoteizan (Hokkaido)
4度目の正直(^o^) やっと羊蹄山に行ってきました~。 実は、樽前→風不死縦走の疲労がふくらはぎに残ってましたが、2回雨で、1回仕事で行けなかったので、どうしても行きたくて行動しました。 ですが、登山口ではガス過ぎて、軽装しか持ってなかったので帰ろうかと思うも、危険を感じたら帰ってこようと思い直し軽い気持ちで出発。 森に入ると、もののけ姫の世界が広がっていて、こだまを探しながら神秘的な景色の中登ってゆきます。 う~ん道中、景色はガスなので変化もなくコメントするようなこともなくお鉢に到着。 思ったより早く登れたので、お鉢一周を決意! 途中道間違って高山植物を踏みそうになりながら山頂を目指す。 ふと上を見上げたら、なんと山頂で15人くらいに見下ろす形で注目されてしまいました(笑) おそらく喜茂別側から山頂に行ったことのある人には伝わると思います。 残念だったのはお鉢を駆け抜けるイメージでしたが、とってもとっても険しくて全く走れません。 ガスの中でしたが、お鉢側はしっかり見えたので良かったです。 それにしてもよく写真撮りましたね。 トレランのはずなんですが・・・歩いてるもバレバレ(笑) 下山も6合目くらいまでは、急で足元の悪さで走れず。 走り出したら一回つまずいて、 一回休憩中の登山者の前で転びました! 登山者はかなり驚いてました(笑) 5合目からは、もう誰も俺を止められない状態で駆け抜けられましたが、2度足が両足ツルも乗り越えて1合目付近で推定1年生男の子、3年生女の子と登る4人家族に出会って、あまりにも驚きすぎて話しかけちゃいました。 こぶまでと言ってましたが、どこなのかな? お嬢ちゃんに頑張ってねと声をかけてさらに走り出した途端事件が・・・ 首に激痛(涙) 首をやったのか、つってるのか全く分からず・・・ 5合目から1合目まで約15分と好タイムですごい気持ちよく駆け下りてただけに残念でしたが泣きそうなくらい首が痛い。 結果は治ったのでつってたのようですが、その時はどうしようと思いました。 1合目からはゆっくり首に振動がいかないように歩いて下山。 下山後、キャンプ場の炊事場をかりて下半身にアイシングのつもりで水をかけまくりました。今思えばそれがよかったのか、一晩たったいま足の疲労はあんまり感じません。 その後、一番楽しみにしてた、お蕎麦屋さん「いし豆」・・・・完売(涙) 自宅に戻って、子供たちと約束していたプールが休みで、とっておきの第一滝本館の日帰り入浴(プールとウォータースライダーあり)へ行って遊んできました。温泉時間は30分(笑) 娘が500メートル泳ぐとう快挙を成し遂げて、家族大満足て帰ってきました。 子供たちは遊び過ぎで、帰りの40分の車の移動でも耐えられず就寝(笑) 私もちょいとビールをひっかけて、心地よい疲れを感じながら就寝。 お疲れ様でした。

写真

最初はこんな感じのところを登ります。

最初はこんな感じのところを登ります。

なんと意外。濃霧の中は神秘的な感じでした。すごい空気が澄んでて気持ちいい。

なんと意外。濃霧の中は神秘的な感じでした。すごい空気が澄んでて気持ちいい。

一合目。

一合目。

展望台があるようです。

展望台があるようです。

二合目。

二合目。

目を疑いましたが、二合目半です。なんでまた二合目?と混乱しました(笑)

目を疑いましたが、二合目半です。なんでまた二合目?と混乱しました(笑)

晴れるか??

晴れるか??

何にも見えない(涙)

何にも見えない(涙)

ちょっと、晴れてきました。

ちょっと、晴れてきました。

明るくなるも、やっぱり先は霧。

明るくなるも、やっぱり先は霧。

お~晴れつつあります。

お~晴れつつあります。

三合目。

三合目。

ただ今このあたり。

ただ今このあたり。

喜茂別側の尾根。

喜茂別側の尾根。

ガスが上がる~

ガスが上がる~

と思いきや、晴れてきました。

と思いきや、晴れてきました。

緑も濃くなり、テンションも上がります。

緑も濃くなり、テンションも上がります。

竹の子さん。細いですね。

竹の子さん。細いですね。

遠くに山が見えるくらい天気回復傾向。

遠くに山が見えるくらい天気回復傾向。

完全に晴天(^o^)

完全に晴天(^o^)

あ~誰か竹の子切ってる!帰り持って帰るのかな?それにしても細いですよ・・・

あ~誰か竹の子切ってる!帰り持って帰るのかな?それにしても細いですよ・・・

結構急だったんですね。

結構急だったんですね。

畑が見えます。

畑が見えます。

な~んかのどかですね。

な~んかのどかですね。

ただ今このあたり。

ただ今このあたり。

ちょっと変化してきました。

ちょっと変化してきました。

晴天ですね(^o^)

晴天ですね(^o^)

雲が低いです。

雲が低いです。

今日初めてみる雪。

今日初めてみる雪。

やむを得ないのですが、この景色しかありません(笑)

やむを得ないのですが、この景色しかありません(笑)

6合目

6合目

砂利が多く、足元が不安定。帰り2回転ぶ(涙)

砂利が多く、足元が不安定。帰り2回転ぶ(涙)

リスがいるのですが・・・

リスがいるのですが・・・

人間慣れしてますね。

人間慣れしてますね。

7合目。

7合目。

あれ、晴天の太陽が切れてる(笑)

あれ、晴天の太陽が切れてる(笑)

緑の彩度が高いですね。

緑の彩度が高いですね。

八合目。でっかい岩。昔にこれが飛んだんですかね?

八合目。でっかい岩。昔にこれが飛んだんですかね?

同じ景色もだいぶ高くなってきました。

同じ景色もだいぶ高くなってきました。

山小屋方面。絶望的な霧が発生(涙)

山小屋方面。絶望的な霧が発生(涙)

お鉢側。ガスガス。

お鉢側。ガスガス。

涙

お鉢も近いか?

お鉢も近いか?

涙涙

涙涙

手稲山みたいです。

手稲山みたいです。

9合目。

9合目。

このあたり。

このあたり。

何にも見えない。

何にも見えない。

お鉢に向かう尾根です。

お鉢に向かう尾根です。

唯一の雪渓。15メートルくらいです。

唯一の雪渓。15メートルくらいです。

意外とツボ足危険?30センチは落ちてました。

意外とツボ足危険?30センチは落ちてました。

突然、お花を愛でる気持ちが(笑)

突然、お花を愛でる気持ちが(笑)

本当は景色綺麗なんでしょうね。

本当は景色綺麗なんでしょうね。

お鉢到着。

お鉢到着。

じゃ~ん。意外にお鉢にガスありませんでした。

じゃ~ん。意外にお鉢にガスありませんでした。

人がいたんですが、下りられるんですね。

人がいたんですが、下りられるんですね。

お鉢一周を決断→真狩→ヒラフ→京極→喜茂別と回ることに!

お鉢一周を決断→真狩→ヒラフ→京極→喜茂別と回ることに!

外の景色は期待できず。

外の景色は期待できず。

旧避難小屋ヒラフ分岐点。

旧避難小屋ヒラフ分岐点。

ヒラフ分岐点2。

ヒラフ分岐点2。

道間違えました。

道間違えました。

ここもヒラフ分岐点3。

ここもヒラフ分岐点3。

やっぱり外はガス。

やっぱり外はガス。

あ、雲海といえばいいんだ(笑)

あ、雲海といえばいいんだ(笑)

京極分岐点。

京極分岐点。

山頂までもう少し。

山頂までもう少し。

山頂(^_^)v

山頂(^_^)v

お決まりのスント自慢。15人くらいいました。

お決まりのスント自慢。15人くらいいました。

雲海と雲の板挟み(笑)

雲海と雲の板挟み(笑)

雲海と雲の板挟み2

雲海と雲の板挟み2

お鉢にもガスが・・・

お鉢にもガスが・・・

とうとうお鉢も見えなくなりました。

とうとうお鉢も見えなくなりました。

数十秒ごとにガスの状況が変わります。

数十秒ごとにガスの状況が変わります。

お~初めてお鉢から地上が見えました。

お~初めてお鉢から地上が見えました。

お鉢一周終わり。これから下山。

お鉢一周終わり。これから下山。

最後にパチリ。

最後にパチリ。

お疲れ様でした。1回転んで、一回つまづきましたが無事下山。

お疲れ様でした。1回転んで、一回つまづきましたが無事下山。

真狩キャンプ駐車場20代くらいでしょうか?

真狩キャンプ駐車場20代くらいでしょうか?

キャンプしてました。5組くらいでしょうか?

キャンプしてました。5組くらいでしょうか?

羊蹄山がそびえ立つのに、濃霧で全く存在分からず。この先が登山口。本当に帰ろうかと思いました。

羊蹄山がそびえ立つのに、濃霧で全く存在分からず。この先が登山口。本当に帰ろうかと思いました。

登山口。

登山口。

楽しみだった「いし豆」さんのそば。完売(>_<)

楽しみだった「いし豆」さんのそば。完売(>_<)

お~最後に全貌を見せてくれました。お疲れ様と言われているようです。

お~最後に全貌を見せてくれました。お疲れ様と言われているようです。

ここ交差点素晴らしいですね。思わず車止めて振り返ってパシリ。

ここ交差点素晴らしいですね。思わず車止めて振り返ってパシリ。

動画

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。