『つぎはぎ日本一周』対馬3日目 上県~比田勝港

2021.03.30(火) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

活動詳細

もっと見る

 テント泊は、夜中やることがないので、結構時間に余裕がある。まあ、とは言っても文明の利器スマホがあるので、それを見たりして時間を過ごす。2日目の活動日記にも書いたが、夜中に鹿が出てなかなかのスリルを味わったが、これもよい思い出。さて、3日目の朝、気持ちよく目覚める。少し、朝の散歩にこの公園をまわってみた。昨日よりも黄砂はひどくなくまあまあ見える。ただ、韓国は見えなかった。この公園、大東亜戦争時に軍事要塞があったそうで、その跡がいくつも残っていた。  朝食は、モンベルのリゾット。お湯を入れ3分で本格リゾットが楽しめるというもの。うまし!  その後、テントをたたみ、出発の準備をする。  今日は、厳原まで行くか、比田勝までとするか、ちょっと迷ったのだが、2日目までの道の様子を考えると、厳原まではちょっと無理そうと思い、比田勝でフェリーに乗るという考えでスタートした。  わかってはいたことだが、昨日激下りの部分は、当然激坂なので、最初いきなりの試練。その後、平坦な道になり、先へ進む。  上対馬の大浦というところにスパーがあったので、今日もここで、昼食などを購入。食事にありつけないということは、食いしん坊の私には耐えがたいので、絶対だ。その後、韓国展望所へ向かう。ここからも韓国が見えるらしいのだが、黄砂の影響で?だ。  やや坂を上り、韓国展望所に到着。韓国風展望所がシンボルのように建設されており、ここで、記念撮影。春の陽気に、半そでになって、しばし休憩&昼食。春を満喫。  その後、海岸線の景色を楽しみながら、比田勝港へ。  割と早い到着だったが、これから無理をしても厳原には行けそうにないので、ここでゆっくりすることにした。お土産を探しに、スパーに入ったら、レジの人が、「山八製菓のかすまき」を勧めてくれた。感謝。それを購入したり、近くの神社に参拝したりしてフェリーの時間を待つ。  春の陽気が気持ちよく、ターミナルではなく、外のベンチなどで、待った。  フェリーには自転車から乗せてくれ、2等客室にも一番乗り。よい場所をゲットできた。思ったよりも乗客も多く、客室もまあまあいっぱいになる。それでも、みんなが、横になって眠れるスペースはあったので、うとうとしなが博多につくのを待つ。途中で、夕日が綺麗な時間帯になり、フェリーからの夕日撮影なども楽しんだ。  午後9時に博多港に到着。ここから、駐車場まで自転車で移動。駐車料金3日で1800円。港近くだったら、6000円だったはず、得した~。今回の対馬旅も楽しく終えることができた。旅の神様に感謝(^^ゞ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。