菊水山で夫婦でトレーニング!

2014.05.17

活動詳細

詳しく見る
今回は娘が中間試験前なので、夫婦でどこかに登ろう!ってことで、はじめての菊水山を目指すことにしました。 では家からバス1本で行けるところから登ろうということで、 8:41 宮川町9丁目交差点 9:00 縦走路入り 10:00 神戸電鉄 鵯越駅 10:46 鈴蘭台処理場トイレ 11:02 神戸電鉄 旧菊水山駅 11:23 縦走休憩所 12:43 菊水山山頂 13:20 菊水登山会トイレ 14:08 菊水山登山口(鈴蘭台NTT管理道路内) 14:22 神戸電鉄 鈴蘭台駅 こんな感じになりました。 今回は、序盤がほとんど住宅地や車道のアスファルト道ばっかりで、ひたすら足が痛かったです。 そして、残り900mからの階段地獄。標高219mから459mまでひたすら急な登りだけなので、腿あげ地獄で、やたらと疲れました。 実はこの山行のタイミングで、好日山荘主催の六甲全山2DAY縦走が行われていて、途中で2チーム程に抜かれました。 菊水山山頂ではチェックポイントのスタッフが待機してたり、なんとサンテレビで放映している「山のぼり大好き」という好日山荘の番組の収録もあったようで、その出演者と撮影クルーも我々が到着してすぐにやってきました。 全山縦走チームと番組関係者はそのまま鍋蓋山に向かって行きました。 我々はと言うと・・・元気ならピストンしたかったんですが、わりと早くからカミさんが疲れてしまっていて、山頂で完全に脚パンパンだったので、帰りは鈴蘭台まで出て電車で帰ることにしました。 私もけっこう脚にきてたので、今回は階段地獄で膝が笑って落ちるのもアレなので、ピストンリベンジはまたいつか脚が強くなったら!としました(笑) 今回も私は重しの水5.8Lを最後まで積んでました。カミさんは3Lでしたが2.77km地点で放棄しました。 あと余談ですが、序盤のログで縦走路に入ってしばらくして、思いっきり戻って、また進んでるややこしい部分は、実はカミさんがトレッキングポールを落としてしまっていることに気が付いて、急いで走って探しに戻っていたのです。 結局数分後に見つかったので、またちゃんと先に進めましたが、歩道脇にそっと置いておいてくださった方、どなたか存じませんが、ありがとうございました!(*´ω`)感謝!
今回はバス移動したので、バス停傍からスタート!
住宅地に入る縦走路の入口です。写真の背後方向が高取山から来るルート。
ひたすら住宅地を行きます。
ここでカミさんが早くもくたびれて重し(中身の水だけ)を捨てました。※飲み水は別にあったので問題なし。
まだ住宅地・・・アスファルトは疲れます・・・
やっと神戸電鉄の鵯越駅に到着しました。
右に曲がって駅舎の下の細道に入ります。
しばらくこんな景色のルートです。
またアスファルトの道に・・・
右の細道に入ります。
またちょっと山道になりますが・・・
すぐまたアスファルト・・・景色は渓流沿いで良いんですけどね。
鈴蘭台処理場の敷地内のトイレが使えます。ありがたいですね。
処理場をあとにしてしばらく進むと、道路が塞がっててガードレールの隙間に入ります。
ここからいよいよ山の方に入ります。でもコンクリ道ですが・・・
神戸電鉄の旧菊水山駅。現在は閉鎖され使われていません。
公園のように整備されたエリアを進みます。
石井ダム正面の橋を渡ります。
しばらく登りが続いたあと、たくさんベンチのある休憩所に着きます。
休憩所のすぐそばから頂上まで900m!しかしこの看板の苦しみに堪えるのも・・・とは?
苦しみとはコレのことでした。ここから頂上まで全部階段です・・・
岩場もあったり整備された手摺付きの階段もあったり、とにかく腿上げ万歳です!上に行くほど急になります。
そんな苦しみを乗り越えて、ようやく山頂に到着!
やっと踏み踏み!
実はこの日好日山荘の六甲全山2DAY縦走と、サンテレビの「山のぼり大好き」という番組の収録があったようです。出演者とスタッフの方が登ってきていました。
今日は脚が疲れたのでピストンせずに、鈴蘭台方面に下りました。ここで右に行くと全山縦走継続になります。
NTT管理道路の途中にある、菊水登山会が設置してくださっているトイレ。ありがたやー
森林浴コースというのを辿ると、こんな感じの景色のルートになります。
鈴蘭台駅に行く場合は、鈴蘭台車庫方面に進みます。
かなり急な下りが長く続いて、やっと登山口まで下りてきました。
もうここは住宅地。鈴蘭台駅は目の前です。
鈴蘭台駅に到着!ゴール!

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。