宝塚〜武田尾 廃線跡ハイキング

2015.06.21(日) 10:14 - 2015.06.21(日) 15:13
人気のコースをテクテクお散歩してきました。 JR生瀬駅付近には駐車場がないため、手前の宝塚に車を駐車。 一駅分だし、歩きましょう!と歩いたものの、予想外に陽射しが強く、スタート地点にたどり着く前に少し心が折れかける始末。 ようやく生瀬駅に到着。駅前のトンネルを見て「ココやトンネル‼︎俺行く‼︎」「いや、俺が最初や‼︎」とテンション上がる息子たち。 …そこ歩いたら電車にハネられるよ… 取り敢えずオトコ共を落ちつかせ、廃線跡を目指します。 国道沿いを歩くのがわかりやすいものの、住宅を突っ切る不自然なルートが気になり国道を離れます。 あまりに普通の住宅地で、この道であっているのか不安がよぎります。 グーグルマップも見ながらテクテク行くと…あった!水管橋! 川の水位によっては門が閉められるとの事、橋らしい橋が地図に載っていないのも何となく納得。 ココ通れなかったら、みんな文句言うよな〜、助かった〜と心の声。 思いもよらずアトラクションが一つ増え、メンバーのテンションも上がりながら川を渡り終えると、廃線跡が目の前に! 何だか得した気分です(笑) 「本地は、〜」の表示を越えるといきなり古びた枕木がボコボコと表れ、キターー‼︎感が上がります。間近に見える雨上がりの武庫川は勢いが強く、すでに冒険気分。子供達の足取りも早まります。3歳の末娘を除いて… 枕木をピョコピョコ渡ることに夢中になる…3歳児あるあるだわ… 末娘を待ちながら川に石投げしたり、クワガタムシ見つけて大騒ぎしたり、迷惑そうな顔を見せないメンバーに救われながら進み、ようやく最初のトンネルに到着! この日のために用意したライト。点灯させるみんなの顔が少しドヤ顔になっているのが笑えます。 これまでの暑さがウソみたいな涼しさ!陽が入らないだけでこんなに変わるものなのかと驚きます。 本当なら、ものすごく静かな場所なんだろうけど、そこは13人の大所帯、騒がしい騒がしい。 「みんな!一斉に電気消して!」 「うわ!何か踏んだ!」 「キノコ生えてるー!」 「オバケごっこー!」 「冷たっ‼︎水落ちてきた‼︎」 「ドシャ‼︎」「痛〜‼︎」 「あ!コウモリ!コウモリ!追っかけろ」 …こんな感じで進みます。 トンネル以外の道も木漏れ日が心地よく、絶好のお散歩です。 そして遂に鉄橋跡。 さすがに鉄橋そのものの上は歩けないとはいえ、なかなかの迫力です。 薄い鉄板の下が濁流ですからね〜。 ホント、国鉄って、絶景ポイントをかなり持ってるよなぁ…と感心しながら橋を渡り終えると、後のトンネルはデザート気分です。 長女がトイレに行きたいと言いだしたこともあり、先を急ぎますが、今度は体長1m以上はあろうかというシマ蛇! 都会からでも30分移動すればこんな場所があるんだから、不思議なモンですね。 ヘビやコウモリ、1upしそうなキノコにクワガタムシ… 最後の最後まで、期待を裏切らない満足コースでした。 ※セアカゴケグモらしきクモもいたので、素足にサンダルとかで行くのはやめたほうが良いと思われます。

写真

地図では正式に載ってない水管橋。

地図では正式に載ってない水管橋。

橋を渡り終えると目前にスタート地点

橋を渡り終えると目前にスタート地点

お決まりの立て看板

お決まりの立て看板

石投げしたり「ヤッホー」言ってみたり

石投げしたり「ヤッホー」言ってみたり

木に「ドン‼︎」したらクワガタムシが落ちてきました

木に「ドン‼︎」したらクワガタムシが落ちてきました

登らずにはいられない

登らずにはいられない

トンネルに到着!

トンネルに到着!

走り出すよねー

走り出すよねー

女子はまだ落ち着いてるわ

女子はまだ落ち着いてるわ

ライトは必須です

ライトは必須です

本当に真っ暗です

本当に真っ暗です

オバケごっこ怖いねん‼︎

オバケごっこ怖いねん‼︎

木のトンネルみたい

木のトンネルみたい

1upキノコ

1upキノコ

どんどんトンネルが続く

どんどんトンネルが続く

本当に良い天気!

本当に良い天気!

良い言葉

良い言葉

本日のメインディッシュ

本日のメインディッシュ

恐る恐る渡る

恐る恐る渡る

絶景‼︎

絶景‼︎

これだけ錆びてたら、そりゃ通らせてくれないかなぁ…

これだけ錆びてたら、そりゃ通らせてくれないかなぁ…

武田尾駅に到着

武田尾駅に到着

帰りは電車

帰りは電車

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。