リベンジ六甲山縦走テン泊装備にて

2021.03.27(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
17 時間 10
休憩時間
2 時間 24
距離
43.0 km
上り / 下り
3440 / 3399 m
35
6
6
11
8
9
14
1 6
58
27
26
55
14
3
1 46
8
2 23
10
3
12
41
32
18
19
2
1
7
1 9
3

活動詳細

すべて見る

前回の六甲縦走大敗より1ヶ月 同じシチュエーションでは芸がないので 今回はテント泊装備でトライ😁 前回、リタイヤした理由は 計画した工程の時間に遅れが出たこと 危ないとか以前に予定が狂うと止めると 決めてますねん😅 今回は長距離を担ぐのでペースは ×0.8から×0.9の間で設定😊 金曜夜、京橋SAに車中泊すべく湾岸を走ります BGMはクラプトン🎵否応なしにテンション⤴️ もうバチバチのびんびん❗ 前に惨敗…今回は縦走を重装備…おぉ〰️🤣 無理っぼいところ不可能なところが 盛り上がるんですねぇ👍 i-samu hunt mission impossible😁 塩屋駅近くの🅿️に止めてスタートですよ🎵 横尾山に向かう途中、行く手を黒猫が時折 こちらを振り返りながら歩きます 黒猫=不吉 やめてよぉ〰️😱 ☝️田舎者は兎に角、験を担ぎます 今日担いでるんはテントですが( ̄□ ̄;)!! その後、ゲンが的中することに😨 そうこうしてるうちに🌄 前回から1ヶ月経ってるので日の出🌄が早く 須磨アルプスが綺麗に見えて🆗google😋 風無し天気ヨシ、言うこと無し 言いたいことはここで言う…意味不明か😜 ザックは重く感じること無く 毎夜トレーニングの効果を実感😍 ところがところがですよ 高取山を過ぎた辺りで右くるぶしに痛みが… 最近ジムでも鈍痛があったので 大事を取って予防保全的にテーピングをする っが、テープが、ちと細い😅 なかなかの登りの菊水山を慌てず 敢えてゆるりと歩を進める 山頂では予定より早く、完走できそうな感想 っと無理やりオヤジギャグを入れる😜 ここでまたもや。ところがですよ 山頂から少し降りたところで左足膝に異変が 靭帯が少し逝ったみたい はやいはやいはや過ぎるやろぉ〰️ 『もうイッたん〰️😒』っと…お叱りを… 意味が違いますね😅 これでは下りが鬼ほど辛い😢 しかもスタートしてちょぼちょぼ 完走むりや〰️ん😱あかんや〰️ん そやけど、なんぼなんでもかっこ悪過ぎ😣 またもテーピングの予防措置👍 やはりテープが…細過ぎる( ´;゚;∀;゚;) だいたいカロリーメイトを歩きながら 食べるんですが、工程長いし 長いこと保管してた飯を掬星台で食べると 決めて1時間前に水を入れときます お味は…イケますがなぁ😆 30分ほどゆっくりしたので膝は少し改善👍 も、つかの間登りはイケるが下りが辛い😢 北六甲の下りで遂にご臨終😱 我慢の限界😨 ここで自分自身に問う 足ちぎれてるんかい‼️ 付いてるやないかい ほな行かんかいボケ❗ もう昭和ど根性カエル 星 飛雄馬バリ 祭りのノリです😆 六甲越えから山頂へ。そこで一人の トレランナーのにぃちゃん 話を聞くと、やはり塩屋から宝塚へ なんとさらに塩屋へ折り返し さらに時間の許す限り宝塚へ向かうと… 鬼です😱 このにぃちゃんから言わしたら 俺ら鼻くそみたいなもんです😅 っでここで有馬へ降りると男がすたる🙇 止めてくれるなおっかさん ここから本格的にハイキングから サバイバルへと変わる😓 なんとかコースタイムから逸脱せず 宝塚へと少しずつ近づくが 脚が既に棍棒…あっ左足やで なんか、あのネタ待ってるみたいやけど~😒🤣 っで、真面目な話 ビバークを考え始める😓 よく聞く遭難、下山できない えぇ~当人になるやん😱 ビバークは大層でなく…っと本 に書いとったなぁ🤔 テント、少しの食糧と水はある 防寒着もある。出きる… しかしあれがない…命の水ウィスキー 出きんな🙇 心配なのは岩倉山からお寺への激下り 左をかばう右足…そろそろアウトに なる頃やなぁ アカンかったら、ほふく前進で行くか っと案の定、激下りは超絶スローモーションで お寺に到着して右足もご臨終 ストックが杖に代わったことは 内緒です😒って、誰に内緒やねん❗って❔ まぁええがな🤣 寺から駅まで舗装路ですが なかなかの坂道…足引き擦りながら かっこ悪く😅無事駅に到着😘 今回完走はしたものの、内容がイケてない😒 さらに靭帯強化してもういっぺん 行っちゃルで‼️ 靭帯ってどうやって鍛えるねん😓

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。