山陰海岸つぎはぎカヤック仁摩~久手(大田市)

2017.07.23(日) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 2日目の車中泊は、本日のゴールである久手海岸。ここは、石見グランフォンドのスタートとゴールの会場になっている場所。夏の間は、駐車場は有料だろうと思っていたのだが、無料、シャワーも無料。ありがたい。感謝。  ここに車を置いておき、ロードバイクで、カヤックのスタート地点の仁摩の海岸へ向かう。9号線ではなく、海岸沿いのショートカットの道を行く。思っていたよりも早く、仁摩の海岸に到着。  昨日おいていたカヤックを準備する。スタートの時点では、昨日ほどの波はなかった。少し行くと、韓島と無木島、逢島という3つの小島が見えてきた。この中の韓島に小さな神社が見えていた。海上からだが、本日の安全祈願。  韓島を少し進むと、今度は、崖にぽっかりと大きな穴が開いているところが見える。観光地になってもおかしくないような風景だ。波が出てきたので、ゆっくりと撮影タイムとはいかなかったが、何枚か写真をとって、先へ進む。  大崎ヶ鼻あたりは、さらに波が高くなる。今日の波予報も1m以下だったのだが、どうも、この辺りは高くなる傾向にあるのか。  大崎ヶ鼻あたりの岩場も面白い。海から見た五十猛あたりの町の雰囲気もいい。  鳥井海水浴場で、上陸し、一旦休憩。パンなどを食べる。ここでも、海中に入り、ただよう。岩場ではないので、シュノーケリングはしなかったが、ただようのもなかなか気持ちがいい。  この後、笠ヶ鼻を越えると、ゴールの久手海岸なのだが、遠目からも、白波が見えるようなので、どうしようか少し迷ったが、一部分のように見えたので、大回りすれば、回避できると考え、ゴールを目指す。しかし、やはり、結構な波。昨日も同じような波を経験しているので、多少は慣れてきた感じ。途中、小型の漁船が近づいてきて、気をつけてと忠告してくれた。感謝。波の上にただよう葉っぱのようにあまり抵抗せず、しなやかに、漕ぎ続けるようにして、笠ヶ鼻を越えた。テトラポット群をすぎ、久手の海岸へ入ると、さっきまでの波がうそのようにおだやか。海水浴客でにぎわっていた。  時計を見ると12時前。予想以上に早くゴールしてしまった。この波で、さらに先へ進む気にもならなかったので、おだやかな久手海岸で、エスキモーロールの練習をして、本日は終了とした。エスキモーロールは動画の自撮りをしたので、水中の中の動きが分かり、なかなか面白かった。動画もUP。(↓)   

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす