銀杏峯・部子山

2021.03.27(土) 日帰り

最近、山でお会いした福井のヤマッパーさんから冬季限定で登れる銀杏峰~部子山でのおススメされたルートに行ってみました。

宝慶寺いこいの森への道は冬季通行止めで手前の路肩に車を停めて、スタートです。

宝慶寺いこいの森への道は冬季通行止めで手前の路肩に車を停めて、スタートです。

宝慶寺いこいの森への道は冬季通行止めで手前の路肩に車を停めて、スタートです。

道を少し歩くと、名松新道登山口に到着します。

道を少し歩くと、名松新道登山口に到着します。

道を少し歩くと、名松新道登山口に到着します。

いこいの森駐車場には結構車が停まっており、もしかしたら別ルートでここまで来れるのかもしれません。

いこいの森駐車場には結構車が停まっており、もしかしたら別ルートでここまで来れるのかもしれません。

いこいの森駐車場には結構車が停まっており、もしかしたら別ルートでここまで来れるのかもしれません。

序盤は全く雪がなく、最初からそこそこ急坂です。

序盤は全く雪がなく、最初からそこそこ急坂です。

序盤は全く雪がなく、最初からそこそこ急坂です。

看板。このあたりから少し雪が出てきました。

看板。このあたりから少し雪が出てきました。

看板。このあたりから少し雪が出てきました。

名松新道分岐点。最初、この看板に気付かず、通り過ぎてしばらく林道を歩いていました。

名松新道分岐点。最初、この看板に気付かず、通り過ぎてしばらく林道を歩いていました。

名松新道分岐点。最初、この看板に気付かず、通り過ぎてしばらく林道を歩いていました。

見返りの松というようです。

見返りの松というようです。

見返りの松というようです。

仁王の松というようです。

仁王の松というようです。

仁王の松というようです。

羽根の松というようです。

羽根の松というようです。

羽根の松というようです。

このあたりから登山道に雪が現れてきましたが、締まっており、ツボ足でも問題なかったです。

このあたりから登山道に雪が現れてきましたが、締まっており、ツボ足でも問題なかったです。

このあたりから登山道に雪が現れてきましたが、締まっており、ツボ足でも問題なかったです。

銀杏峰前山山頂標識。この手前まではあまり眺望なく、ここで一気に見晴らしがよくなりました。

銀杏峰前山山頂標識。この手前まではあまり眺望なく、ここで一気に見晴らしがよくなりました。

銀杏峰前山山頂標識。この手前まではあまり眺望なく、ここで一気に見晴らしがよくなりました。

銀杏峰前山からの眺望。

銀杏峰前山からの眺望。

銀杏峰前山からの眺望。

銀杏峰前山からの眺望。白山。

銀杏峰前山からの眺望。白山。

銀杏峰前山からの眺望。白山。

銀杏峰前山からの眺望。荒島岳。

銀杏峰前山からの眺望。荒島岳。

銀杏峰前山からの眺望。荒島岳。

銀杏峰前山からの眺望。越前大日山。

銀杏峰前山からの眺望。越前大日山。

銀杏峰前山からの眺望。越前大日山。

前山からは稜線歩きが続きます。左側は雪庇になっているところもあり、あまり近寄らないよう歩きます。

前山からは稜線歩きが続きます。左側は雪庇になっているところもあり、あまり近寄らないよう歩きます。

前山からは稜線歩きが続きます。左側は雪庇になっているところもあり、あまり近寄らないよう歩きます。

稜線からは左手に白山や大野の街並みが見えました。

稜線からは左手に白山や大野の街並みが見えました。

稜線からは左手に白山や大野の街並みが見えました。

銀杏峰山頂手前。

銀杏峰山頂手前。

銀杏峰山頂手前。

銀杏峰山頂標識。

銀杏峰山頂標識。

銀杏峰山頂標識。

折角なので自分も一枚撮ってもらいました。

折角なので自分も一枚撮ってもらいました。

折角なので自分も一枚撮ってもらいました。

銀杏峰山頂からの眺望。白山。

銀杏峰山頂からの眺望。白山。

銀杏峰山頂からの眺望。白山。

銀杏峰山頂からの眺望。越前大日山。

銀杏峰山頂からの眺望。越前大日山。

銀杏峰山頂からの眺望。越前大日山。

銀杏峰山頂からの眺望。荒島岳。

銀杏峰山頂からの眺望。荒島岳。

銀杏峰山頂からの眺望。荒島岳。

銀杏峰山頂からの眺望。能郷白山や岐阜の山々だそうです。

銀杏峰山頂からの眺望。能郷白山や岐阜の山々だそうです。

銀杏峰山頂からの眺望。能郷白山や岐阜の山々だそうです。

銀杏峰山頂からの眺望。同じく岐阜の奥の山々だそうです。

銀杏峰山頂からの眺望。同じく岐阜の奥の山々だそうです。

銀杏峰山頂からの眺望。同じく岐阜の奥の山々だそうです。

少し休憩後、冬季限定のルートを経て、部子山に向かいます。

少し休憩後、冬季限定のルートを経て、部子山に向かいます。

少し休憩後、冬季限定のルートを経て、部子山に向かいます。

途中、山頂周辺では雪の無い場所もありました。

途中、山頂周辺では雪の無い場所もありました。

途中、山頂周辺では雪の無い場所もありました。

部子山へと向かう冬季限定の稜線です。おススメのルートだけあって、気持ちの良い稜線歩きでした。ちなみに真ん中の一番高いところが部子山です。

部子山へと向かう冬季限定の稜線です。おススメのルートだけあって、気持ちの良い稜線歩きでした。ちなみに真ん中の一番高いところが部子山です。

部子山へと向かう冬季限定の稜線です。おススメのルートだけあって、気持ちの良い稜線歩きでした。ちなみに真ん中の一番高いところが部子山です。

稜線左手には能郷白山や岐阜の山々が見えました。

稜線左手には能郷白山や岐阜の山々が見えました。

稜線左手には能郷白山や岐阜の山々が見えました。

稜線右手には白山や越前大日山が見えました。

稜線右手には白山や越前大日山が見えました。

稜線右手には白山や越前大日山が見えました。

部子山。

部子山。

部子山。

ルートは巻いて登るのですが、それでもかなりの急坂で滑りやすかったため、今回はここでアイゼンを装着し、登りました。

ルートは巻いて登るのですが、それでもかなりの急坂で滑りやすかったため、今回はここでアイゼンを装着し、登りました。

ルートは巻いて登るのですが、それでもかなりの急坂で滑りやすかったため、今回はここでアイゼンを装着し、登りました。

部子山山頂標識と洞。

部子山山頂標識と洞。

部子山山頂標識と洞。

山頂奥のほうには夏用登山ルートと看板がありました。

山頂奥のほうには夏用登山ルートと看板がありました。

山頂奥のほうには夏用登山ルートと看板がありました。

部子山山頂からの眺望。福井の街並みと夏用の登山ルートや四阿が見えました。

部子山山頂からの眺望。福井の街並みと夏用の登山ルートや四阿が見えました。

部子山山頂からの眺望。福井の街並みと夏用の登山ルートや四阿が見えました。

部子山山頂からの眺望。能郷白山や岐阜の山々。

部子山山頂からの眺望。能郷白山や岐阜の山々。

部子山山頂からの眺望。能郷白山や岐阜の山々。

部子山山頂からの眺望。銀杏峰からの稜線。一度下るので、登り返しがきつかったです。

部子山山頂からの眺望。銀杏峰からの稜線。一度下るので、登り返しがきつかったです。

部子山山頂からの眺望。銀杏峰からの稜線。一度下るので、登り返しがきつかったです。

部子山山頂からの眺望。白山と荒島岳。

部子山山頂からの眺望。白山と荒島岳。

部子山山頂からの眺望。白山と荒島岳。

部子山山頂からの眺望。越前大日山と大野の街並み。

部子山山頂からの眺望。越前大日山と大野の街並み。

部子山山頂からの眺望。越前大日山と大野の街並み。

山頂には記念碑がありました。

山頂には記念碑がありました。

山頂には記念碑がありました。

折角なので自分も一枚撮ってもらいました。

折角なので自分も一枚撮ってもらいました。

折角なので自分も一枚撮ってもらいました。

今日のランチ。ホットサンドメーカーでチャーハンを作ってみました。

今日のランチ。ホットサンドメーカーでチャーハンを作ってみました。

今日のランチ。ホットサンドメーカーでチャーハンを作ってみました。

自分がちょうど下りるのが最後だったこともあり、最後に一枚、山頂の様子を撮ってみました。

自分がちょうど下りるのが最後だったこともあり、最後に一枚、山頂の様子を撮ってみました。

自分がちょうど下りるのが最後だったこともあり、最後に一枚、山頂の様子を撮ってみました。

銀杏峰へ続く稜線。下りは楽なのですが、やはり登り返しが大変でした。

銀杏峰へ続く稜線。下りは楽なのですが、やはり登り返しが大変でした。

銀杏峰へ続く稜線。下りは楽なのですが、やはり登り返しが大変でした。

途中、細い尾根などもあり、通る際には注意が必要かなと思います。

途中、細い尾根などもあり、通る際には注意が必要かなと思います。

途中、細い尾根などもあり、通る際には注意が必要かなと思います。

午後からは少し雲が出てきました。

午後からは少し雲が出てきました。

午後からは少し雲が出てきました。

この辺りは雪庇がかなり危なげでした。無雪期の登山道が露出している個所もあるので、そちらを使用しました。

この辺りは雪庇がかなり危なげでした。無雪期の登山道が露出している個所もあるので、そちらを使用しました。

この辺りは雪庇がかなり危なげでした。無雪期の登山道が露出している個所もあるので、そちらを使用しました。

下りている最中、部子山が左手に見えました。

下りている最中、部子山が左手に見えました。

下りている最中、部子山が左手に見えました。

下りの最中、開けている場所からの眺望。白山や荒島岳の眺めがとても良かったです。

下りの最中、開けている場所からの眺望。白山や荒島岳の眺めがとても良かったです。

下りの最中、開けている場所からの眺望。白山や荒島岳の眺めがとても良かったです。

登山道入り口辺りの雪の無いところでは、所々に花が咲いていました。イワウチワ。

登山道入り口辺りの雪の無いところでは、所々に花が咲いていました。イワウチワ。

登山道入り口辺りの雪の無いところでは、所々に花が咲いていました。イワウチワ。

ショウジョウバカマ。

ショウジョウバカマ。

ショウジョウバカマ。

無事下山。

無事下山。

無事下山。

帰りにあっ宝んどで汗を流してきました。

帰りにあっ宝んどで汗を流してきました。

帰りにあっ宝んどで汗を流してきました。

宝慶寺いこいの森への道は冬季通行止めで手前の路肩に車を停めて、スタートです。

道を少し歩くと、名松新道登山口に到着します。

いこいの森駐車場には結構車が停まっており、もしかしたら別ルートでここまで来れるのかもしれません。

序盤は全く雪がなく、最初からそこそこ急坂です。

看板。このあたりから少し雪が出てきました。

名松新道分岐点。最初、この看板に気付かず、通り過ぎてしばらく林道を歩いていました。

見返りの松というようです。

仁王の松というようです。

羽根の松というようです。

このあたりから登山道に雪が現れてきましたが、締まっており、ツボ足でも問題なかったです。

銀杏峰前山山頂標識。この手前まではあまり眺望なく、ここで一気に見晴らしがよくなりました。

銀杏峰前山からの眺望。

銀杏峰前山からの眺望。白山。

銀杏峰前山からの眺望。荒島岳。

銀杏峰前山からの眺望。越前大日山。

前山からは稜線歩きが続きます。左側は雪庇になっているところもあり、あまり近寄らないよう歩きます。

稜線からは左手に白山や大野の街並みが見えました。

銀杏峰山頂手前。

銀杏峰山頂標識。

折角なので自分も一枚撮ってもらいました。

銀杏峰山頂からの眺望。白山。

銀杏峰山頂からの眺望。越前大日山。

銀杏峰山頂からの眺望。荒島岳。

銀杏峰山頂からの眺望。能郷白山や岐阜の山々だそうです。

銀杏峰山頂からの眺望。同じく岐阜の奥の山々だそうです。

少し休憩後、冬季限定のルートを経て、部子山に向かいます。

途中、山頂周辺では雪の無い場所もありました。

部子山へと向かう冬季限定の稜線です。おススメのルートだけあって、気持ちの良い稜線歩きでした。ちなみに真ん中の一番高いところが部子山です。

稜線左手には能郷白山や岐阜の山々が見えました。

稜線右手には白山や越前大日山が見えました。

部子山。

ルートは巻いて登るのですが、それでもかなりの急坂で滑りやすかったため、今回はここでアイゼンを装着し、登りました。

部子山山頂標識と洞。

山頂奥のほうには夏用登山ルートと看板がありました。

部子山山頂からの眺望。福井の街並みと夏用の登山ルートや四阿が見えました。

部子山山頂からの眺望。能郷白山や岐阜の山々。

部子山山頂からの眺望。銀杏峰からの稜線。一度下るので、登り返しがきつかったです。

部子山山頂からの眺望。白山と荒島岳。

部子山山頂からの眺望。越前大日山と大野の街並み。

山頂には記念碑がありました。

折角なので自分も一枚撮ってもらいました。

今日のランチ。ホットサンドメーカーでチャーハンを作ってみました。

自分がちょうど下りるのが最後だったこともあり、最後に一枚、山頂の様子を撮ってみました。

銀杏峰へ続く稜線。下りは楽なのですが、やはり登り返しが大変でした。

途中、細い尾根などもあり、通る際には注意が必要かなと思います。

午後からは少し雲が出てきました。

この辺りは雪庇がかなり危なげでした。無雪期の登山道が露出している個所もあるので、そちらを使用しました。

下りている最中、部子山が左手に見えました。

下りの最中、開けている場所からの眺望。白山や荒島岳の眺めがとても良かったです。

登山道入り口辺りの雪の無いところでは、所々に花が咲いていました。イワウチワ。

ショウジョウバカマ。

無事下山。

帰りにあっ宝んどで汗を流してきました。

類似するルートを通った活動日記