猿登・猿登最高点

2021.03.26(金) 日帰り

活動データ

タイム

01:31

距離

4.4km

上り

562m

下り

558m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
1 時間 31
休憩時間
4
距離
4.4 km
上り / 下り
562 / 558 m
40
3
41

活動詳細

すべて見る

三国岳登頂後、猿登へ。 時山に来たのには、三国岳(阿蘇谷)以外に、もう一つ理由があった。草川啓三氏の著書で猿登が紹介されており、一度登ってみたかったのだ。ただ、著書では「手抜きコースで歩いた」とあり、北側のコエドから、林道を歩いて登頂したようだ。同じように登ってもよいが、どこまで車で入られるか分からないし、何よりおもしろくない。そこで、時山から伸びている、南尾根から取り付いてみることにした。三国岳下山後、急いで取り付けそうなところを探す。随分遅い時間になってしまい、早出しなかったことが悔やまれる。橋を渡ったところから、取り付けそうだったので、行けるところまで行くことにする。地図で見た通り、いきなりの激坂。ルートはないので、木に掴まりながら、尾根を詰めていく。2座目ということもあり、足が重い。途中、鉄塔へ行けそうだったので、トラバースする。予想通り鉄塔から巡視道が、上部へ伸びていた。と言っても、踏み跡ははっきりしないので、あくまで参考程度に。二つ目の鉄塔からは、踏み跡が濃くなり、階段も現れた。ひとがんばりで、頂上部の林道へ出た。ここからは今までが嘘のような、快適な道。林道を使いながら、尾根を詰めていくと、猿登山頂へ。山頂手前からは、西側の景色が開け、すばらしい。さらにそこから、10分程度で猿登最高点。急いで来た道を戻るが、最後の急降は、滑落に注意して慎重に下る。情報が少なかったが、イメージ通りに登頂することができ、満足のいく山行となった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。