矢護山の登山道は崩落が多く危険

2017.07.15(土) 13:29 - 2017.07.15(土) 18:35
(下山時のYAMAP軌跡データが消えていたのでガーミンGPSデータを利用し再公開) ご無沙汰している熊本百名山、久しぶりに未踏の山、矢護山へ お昼過ぎに陽の原キャンプ場の駐車場に到着、コンビニ弁当を食べ登山準備。 平成24年7月に発生した九州北部豪雨により鞍岳・矢護山ルートが流失しており・・・・遊歩道閉鎖中 との看板が橋の手前にあったが、あれから5年経過しており大丈夫だろうと思い出発する。 出発して13分、心構えの広場から車道と分れ矢護山ルートへ進む。 登山道は雑木で覆われ、沢は流木や大きな岩でルートが不明瞭、どうにかこうにか沢分岐まで来る。 暫らく進むと新たな沢歩きとなり一段と雑木に覆われ、両手で茅などを掻き分け前へ進み登っていく。 ヤブの中で山頂まで500mの案内板をみつけホッとするが、まだまだルートははっきりしない。 山頂近くにロープを発見、一安心、急登を登りつめ山頂に辿り着く。 3㎞程度を二時間も掛かって登ってきました。休憩は程々にして鞍岳へ進みます。 登山道はやはり笹やヤブで分からず、一旦作業道へ出て牛舎から再び登山道へ入り進む。 鞍岳近くの車道に出るがルートが分らずウロウロ、時間は夕方5時近く、下山することとする。 下山は、手こずって登った矢護山ルートではなく鞍岳ルートを信じて下る。 暗くなる前にと急ぎ足で下るが、やはり無動寺跡から先はルートが分らず沢を下る。 暫らく源流下りをするが、ついに滝になった所で下ることができず、側面の急斜面を登り迂回する。 急斜面を登ったらラッキーなことに登山道を発見、不安から一転、明るいうちに下山できそうで一安心。 登山道はいたる所で崩壊、消失していますが、沢下りより落ち着いて下ることができます。 無動寺跡から一時間も掛かりましたが、「心構えの広場」に無事辿り着き、明るいうちに駐車場に到着。 陽の原キャンプ場から登る矢護山ルート、鞍岳ルートはまだまだ危険な状態です、皆さん登らないように!。

写真

駐車場から「出発の橋」を渡り登山開始

駐車場から「出発の橋」を渡り登山開始

沢分岐の所まで来ました

沢分岐の所まで来ました

あと500mの案内標識を発見

あと500mの案内標識を発見

矢護山への石標

矢護山への石標

矢護山の山頂

矢護山の山頂

陽の原キャンプ場と鞍岳、矢護山の三差路分岐

陽の原キャンプ場と鞍岳、矢護山の三差路分岐

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。