阿弥陀岳北陵〈初バリエーションルート〉

2021.03.17(水) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
13 時間 10
休憩時間
6 時間 36
距離
15.0 km
上り / 下り
1395 / 1402 m

活動詳細

すべて見る

今年の目標の一つにしていた阿弥陀岳北陵に行って来ましたー 前回の宝剣岳サギダル尾根で出会ったM氏とご一緒させていただきました。 M氏はアルパインクライマーなので、ロープワーク講習付きという最高にワクワクするやつ! 〈ブログも見ていただくと、もっと詳しくわかります〉 https://hashimoblog.com/memory-amidadake-hokuryo/ それでは、当日のデータ等から 【コンディション】 晴れ 気温:−3度〜+3度くらい 風:弱、ほとんど無風 【雪の状態】 美濃戸登山口〜南沢序盤はアイスバーン 南沢中盤〜行者小屋は締まった雪でトレースバッチリ 行者小屋〜阿弥陀岳への分岐もトレースバッチリ 中岳沢〜第一岩陵取り付きまでは、先行した3パーティくらいのトレースあり。気温が上がり始めたため雪は重く湿っている 阿弥陀岳〜中岳沢 日向はクサレ雪。日陰はクラスト状 下山時の南沢 ベチャベチャの雪 【装備】 通常の雪山日帰り装備、ヘルメット、ハーネス、ビレイデバイス M氏:8mmロープ30m、各種カラビナ、各種スリング、スノーバー×1 【水・食料】 水1.5リットル おにぎり2個、5個入りピーナツパン、チョコクッキー 【雑記】 5:40ヘッデン点けて美濃戸口より出発。 前回のサギダル尾根で左足を捻挫したので、テーピングでがっちり固め。 「いいからテーピングだぁぁぁ!!!」 と、ゴリこと赤木剛憲の怒号が聞こえてくるようですが、実際は誰も朝からそんなに叫んでいません。 序盤はツルッツルのアイスバーンで、南沢入り口からすぐチェーンスパイク装着。 気温は高く、暑いのでシェルは脱いだ。 行者小屋で休憩したのち、M氏によるビレイ講習。 こないだ偶然出会ったばかりなのに、こんなにしてくれて超絶感謝です。 行者小屋からクライミング装備に換装して阿弥陀岳へGO 行者小屋で単独を含む2、3パーティーと会ったが、全員阿弥陀岳北陵に向かうとのこと。 中岳沢を少し上がったところから、急斜面をラッセルして北陵の尾根に上がる。 尾根に上がってからは先行のパーティのトレースをたどる。 第一岩陵取り付きに到着。 ここでM氏がロープを出し、僕にビレイ経験を積ませるためにセットしてくれた。 ビレイ初体験。 初級バリエーションルートとはいえ、ミスればパートナーの命に関わる。 すんごい緊張した。 M氏がリードし、僕がセカンドで登る。 登ることよりビレイのほうがよっぽど疲れた。 ビレイが緊張しまくったので、僕が登る番になるとむしろリラックス。 M氏があえてピッチを短く切ってくれて、ロープワークに慣れていった。 そうしているうちに、あっという間に第二岩陵まで終了。 最後はM氏が僕を先に行かせてくれて無事登頂。 頂上は無風で昼寝ができそうなくらい快適でした。 中岳のコルから中岳沢を下って下山。 コルに降りるまでの斜面は雪が悪く、ついでに懸垂下降講習。 雪崩が怖いので、中岳沢は素早くくだりました。 いろいろ講習してもらいながらだったので、かなり時間を使い行者小屋ではもうヘロヘロ。 いつもの地味に長い最後の林道はヘッデンを点けて。 ガチガチにテーピングした左足が痛くて泣きそうでした。 今回は、ラッセルあり、ロープワークあり、クライミングあり、懸垂下降ありのフルコースで大満足の山行となりました。 下山後、M氏と焼肉をむさぼる。 M氏はなぜかイカにハマり、店のイカを食い尽くしてました。

活動の装備

  • ペツル(PETZL)
    アジャマ
  • ペツル(PETZL)
    ルベルソ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。