摩耶山へ旧摩耶道から天上寺跡へ 摩耶山は修験の山だった

2015.06.19

活動詳細

詳しく見る
午後からのトライ。新神戸駅からスタート。新幹線の線路を跨ぎ、雷声寺の境内から登山口へ入る。余りメジャーな道でない? 誰にも会わない、基本的には摩耶山上の天上寺の旧参道のつもりで歩くが途中道は荒れた箇所が多々。山腹を走る道は慎重にしないとマジで滑落するぞ。 途中行場を見つける、現役の行場だ。行者は居なかったけどね。 生駒山と同じく今でも山岳を神聖視する信仰の場なのだ。一寸怖い、間違ってもペット同行はできないな~ 山上に近づくと石段ばかりになる。天上寺は昭和50年までは立派な伽藍があったのだが今は廃墟、想像すれば生駒聖天のような感じだったのかな? 廃墟の好きな方には興味深く感じられるかも。 帰りはロープウェイの運休が誤算だったけど、神戸高校裏に抜ける道が快適で難なく下山。 個人的には興味深い山行きだったが、全行程で石段の割合がとても多いのが印象的だった。
新幹線の新神戸駅前から線路を越えると登山口になる雷声寺があるがその石段
雷声寺境内の分岐点 わかりにくい
登山口には🐗よけの柵
道はイイノダ 山上の天上寺の参道か
最初の分岐点 天狗道方面か旧摩耶道を行くか?
旧摩耶道 この辺は悪くない
山腹の道は結構危険! 砂質土の道が谷側に滑り落ちそうな箇所多数 オマケに写真の様に地図どおりの行く手に立ち入り禁止の印が!
少し戻り分岐点を探す 右側が正解なのだ 谷筋にジグザグに下る
ルート発見 一安心
行者茶屋をめざす
行者茶屋に到着~
行者茶屋を過ぎると不動明王の禊場がある 真剣に滝に打たれる行者の神聖な世界 籠り為の宿所?がある
何かお堂の跡
ルートを少し外れた老婆谷方面 石段がつづく
ここも禊場 八大竜王 ゾッとするような今に生きる神聖な世界 これより奥は写真よう撮りません
至る所に滝 修験道の世界
天上寺の参道の石段 参道にしては厳しい
ひたすら石段
摩耶ケーブルへの道と分岐 左へ進む
いよいよ天上寺の廃墟の門が
昭和50年まではこんな風
今の修理した山門
門を越えると石段
仁王門解説
廃墟だが整備された石段
今の塔頭跡
かつての塔頭
塔頭跡を進む
巨大杉があったが今は枯れた
枯れても大迫力
あれ放題塔頭跡 遺跡だね…
漸く石段終わり、神戸港を臨む
かつてこんなのがあった
かつて
かつて
今は何もない天上寺跡
天上寺跡を奥まで進み右の道を進むと弘法大師伝説の清水が まろやかで美味しいです
また石段
この時点で16時過ぎ 下山はロープウェイと思っていたが あてがはずれる
山上
眺め👍
もと来た道を戻る 天上寺跡
こんなのあった
石段を下りロープウェイと並走する道を行くと 16時半なのに登ってくる高校生が? このあと6,7人の高校生とすれ違う 麓の神戸高校山岳部だとわかる ほぼ毎日トレーニングだとか
下り道 整備され楽々
だいぶ下った
麓の神戸高校
立派な校舎!

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。