久住山トレラン(もどき)

2015.06.19(金) 15:15 - 2015.06.19(金) 18:46
3時過ぎには雨が上がるという天気予報を信じて、小雨の中初めての久住山トライ。 それも、あまり人気のない赤川登山口から登った。 結局、雨は最後まで降り続き、服はびしょ濡れ、更に途中2度転んだので泥だらけになりながら登った。 赤川ルートは結構な岩の斜面の連続で、ほとんど走れなかった。このルートはトレランには向いてないみたい。下調べの甘さが露呈した。 いつも久住マラソンコースから眺めてきれいな山だなと思っていたが、実際登ってみると結構大変だった。しかも、雨が降り続いてガレ場も泥の道も滑りやすく、相当ゆっくりと進んだ。 ポールの使い方が下手なので、もっと上手くなったらもう少しスムーズに行けそうな気がする。 それから、YAMAPのマップが本当に役立った。一応、紙の地図も用意していたが使わずにすんだ。YAMAPの方々に感謝。 15:15 赤川登山口出発 15:28 赤川温泉(ここで、トイレなどで10分) 16:47 久住山山頂(写真撮影など5分ほど) 18:30 赤川温泉(シューズやポールを洗い10分) 18:46 赤川登山口到着 移動時間:3時間 休憩時間:30分 で、3時間半の行程だった。 晴れていれば、もう少し短縮できそうな印象だった。

写真

国民宿舎の駐車場に車を駐めて、赤川登山口からトレラン開始。まずは、2キロの緩やかな上り坂を走る。

国民宿舎の駐車場に車を駐めて、赤川登山口からトレラン開始。まずは、2キロの緩やかな上り坂を走る。

10分程で、赤川温泉に到着。この辺りから硫黄の匂い。温泉県大分を実感。

10分程で、赤川温泉に到着。この辺りから硫黄の匂い。温泉県大分を実感。

昨日、雨対策で買ったモンベルのザックカバー。早速活躍。

昨日、雨対策で買ったモンベルのザックカバー。早速活躍。

さすがに他の登山客はいないか?

さすがに他の登山客はいないか?

扇ヶ鼻ルートもあるみたいだけど、今日は時間もないので、直接久住山を目指すことにした。

扇ヶ鼻ルートもあるみたいだけど、今日は時間もないので、直接久住山を目指すことにした。

数少ないランニングポイント。ふたたび、歩き。

数少ないランニングポイント。ふたたび、歩き。

こも階段はどこまで続くんだろうか。

こも階段はどこまで続くんだろうか。

霧で何にも見えないような…しかも、雨で濡れた岩が滑りやすい。

霧で何にも見えないような…しかも、雨で濡れた岩が滑りやすい。

やっぱり、宝満山よりきつい〜。当たり前か…

やっぱり、宝満山よりきつい〜。当たり前か…

このマーキングが初心者にはありがたい。

このマーキングが初心者にはありがたい。

無事登頂。当たり前だけど、誰もいない。

無事登頂。当たり前だけど、誰もいない。

誰もいないので自撮した。記念すべき久住初登頂。

誰もいないので自撮した。記念すべき久住初登頂。

視界は10メートルほどで、景色は全く見えない。寒いし、直ぐに下山開始。

視界は10メートルほどで、景色は全く見えない。寒いし、直ぐに下山開始。

尾根沿いに少し歩いて、南登山口に降りることにした。

尾根沿いに少し歩いて、南登山口に降りることにした。

久しぶりのランニングポイント。

久しぶりのランニングポイント。

ここで分岐。南登山口に向かう。

ここで分岐。南登山口に向かう。

ようやく雨が上がった。と思ったら…直ぐに降り出した。

ようやく雨が上がった。と思ったら…直ぐに降り出した。

もう少し…かな?

もう少し…かな?

やっと走れる。

やっと走れる。

くじゅう花公園との分岐。今日は赤川に向かう。

くじゅう花公園との分岐。今日は赤川に向かう。

赤川登山口に戻った。

赤川登山口に戻った。

入浴拒否されそうなので、温泉の前に靴と足の汚れを落として…

入浴拒否されそうなので、温泉の前に靴と足の汚れを落として…

ここからは2キロの楽々下りラン。

ここからは2キロの楽々下りラン。

無事到着。この後、国民宿舎の温泉で日帰り入浴。500円。

無事到着。この後、国民宿舎の温泉で日帰り入浴。500円。

竹田の丸福で夕飯。美味しかった。

竹田の丸福で夕飯。美味しかった。

道具リスト

  • モントレイル メンズ バハダII

    その他

  • コンパクト フォールディングポール

    mont-bell

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。