傾山・笠松山・本谷山・丸山

2021.03.14(日) 日帰り
kahiro
kahiro

活動データ

タイム

09:23

距離

22.1km

上り

2072m

下り

2072m

活動詳細

もっと見る

丸山→本谷山→笠松山→傾山ピストン、22キロ。 久しぶりに1日とれた。まだ登ったことのない本谷山、笠松山狙いに加えて、距離は長いが傾山を加えることにさた。傾山は前回、坊主から登り、登山について大変勉強になる経験をした。 傾山へは、このコースをとる人は少ないが、以前からチャレンジしてみたかった。 登山口からいきなり、結構な登り。30分くらい登り詰めると稜線の祖母傾の縦走路に合流する。そこから祖母山系の山々を左手に見ながら進んでいく。ここから本谷山までブナなどの樹林帯の中の登り。丸山から本谷山、笠松山までは、比較的緩やかな尾根を進んだり、登り降りを繰り返す。鹿の食害でスズタケが枯れたようだ。 本谷山も笠松山もあまり展望はよくない。 ここからしばらく緩やかな下りが続き、九折越小屋を通過。傾山が近づいてきた。前回、ここからのルートは下山の際使った。その時の疲労感を思い出しながら進んでいく。だんだん傾斜が大きくなり、ここまで約10キロの疲労もあり、スピードも上がらない。何度か立ち止まりながら何とか後傾。眺めていた岩の上にたっていると考えると足がすくむ。そして何とか傾山山頂に到達。景色は霞んでいて今一。帰りのことを考えるとゆっくりできない。食事をとって下山。 九折越までは、山頂で出会った方と話しながら来たので、あっという間だった。しかし、ここからが長かった。ひたすら登り、ひたすら下る。行きには感じなかった斜度。しかも膝のじん帯に痛みが・・・。下りがとにかくつらい。行きにはほとんどとらなかった休憩を何度かはさみ、駐車場へ。 二度目の傾山。今回も記憶に残る三行となった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。