碓井峠廃線跡をめぐる鉄子の旅

2021.02.22(月) 日帰り
ゆうこ先生
ゆうこ先生

活動データ

タイム

00:00

距離

0m

上り

0m

下り

0m

活動詳細

もっと見る

検定で群馬行きが決定。 群馬なんて観光で行ったこともない。どこか観光しようかな、とアクセスのよいところを探していると、「峠の釜めし」で有名な碓氷峠までの廃線跡を歩くことができるというじゃないですか!! しかも、半日も歩けば往復できる道。鉄子の私にはもってこいの道!ということで、行先決定。 朝早く高崎についたので、そこからあさイチの電車で移動して横川へ。 アプト式鉄道が走っていたとあって、微妙な上り坂がずっと続いている。これは確かに、当時の動力では登るのがきつかっただろう。 レンガ造りの建物なんかを堪能して、折り返し地点の旧熊ノ平駅へ。ここは昔土砂崩れがあって、25人もの尊い命が奪われた場所なのだとか。なんとなく、下の廊下の、雪崩で従業員宿舎が吹っ飛んだ話を思い出した。昔の人は、本当に命がけで働いていたのだなぁ。 戻る頃にはぼちぼち行きかう人が増えてきて、人気のハイキングスポットなのだということがよく分かった。 降りてからは鉄道文化村を一巡り。古い電車がいっぱい展示されていたけれど、残念ながらタイムアウトでゆっくり見ることはできず。 それでも、十分に鉄分補給できて、充実の一日になりました。 ※軌跡は取っていません

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。