星から朝陽まで!天狗ヶ城

2021.03.13(土) 日帰り
みのりん
みのりん

活動データ

タイム

11:52

距離

8.9km

上り

659m

下り

647m

活動詳細

もっと見る

土曜日が新月、日曜日のお月様の具合はバッチリ👌お天気は? 金曜日は、雨だけど、土曜日。日曜日にかけては、良くなる予報。あとは雲次第。もし、雲ご多くてお星様はダメでも、朝陽は大丈夫かもと、だめもとで天の川から日の出まで楽しもうと、天狗ヶ城へナイトハイク、さとちゃんを誘って行って来ました😊 牧ノ戸峠駐車場に23時30分に待ち合わせ、準備をして、日が変わる少し前にスタート。 昼間は、かなり暖かかったのですが、牧ノ戸峠は、−1度の氷点下。登山道も凍りついてました。水溜りも氷が張ってて、乗るとバリバリといい音がします😊 また、霜柱の上を歩き、さとちゃんと二人、ザクザク音を立てて、おしゃべりしながら登ります。一人で行く時より、やっぱり楽しいし、暗い道のりは心強いです。 途中、時々ヘッデンを消して空を見上げます。 ため息が出るほど、綺麗な星空が広がってます。いつもより、太く大きく輝いていて、普段では、見えない小さな星までも見えて来ます🎵コンディションも良さそうなので、山頂からの天の川を期待して登ります。私達より先にヘッデンの明かりが一つ見えます。その人は、星生山に向かっているようです。また、くじゅう別れの手前で、私達を抜いていった人は、星生崎から天の川狙うとの事でした。 3時過ぎに、天狗ヶ城山頂に到着。 着いた途端に、ガスがもくもく 私達を取り囲むように下から覆ってきます。頭上の北斗七星だけが綺麗に見えてます。まるでドームにいるような感じでした。お目当ての天の川🌌も見えません。撃沈の文字が横切ります。せっかくさとちゃん、誘って来たのに〜 しかし、私達は、持ってました。しばらくするとすっとガスが晴れて来て、綺麗な天の川🌌が現れて、肉眼でも白い運河を確認出来ました😊 また、朝陽も綺麗で、霧氷も照らされ静かな朝を迎えました🌄 しばらくすると、西側にガスが出始め、さとちゃんに、ブロッケンが出るかもと言って、待ちました。最初はなかなか難しいかなと思ってたら、薄ーくではあるけどブロッケン出現🌈さとちゃん、初めての体験で、めちゃくちゃ興奮してました。 さて、お腹も空いたので、くじゅうの避難小屋まで下りようと、撤収しようとしたら、山頂は、かなり気温が下がってたみたいで、ザックが真っ白く凍ってたのには、ビックリです。 真っ白な霧氷も、今シーズン見納めかなと、名残惜しくゆっくり下山しました😊 沓掛山付近では、黄色いお花のまんさくが 綺麗でした。 今回も素敵なナイトハイクからの朝駆けでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。