京都勝龍寺城付近雨の散策

2021.03.12(金) 日帰り
おっち
おっち

昼から雨予報の連休二日目。登山は諦めて車ですぐに行ける距離なので光秀公最期の夜を迎えた勝龍寺城へ。平日の昼下がりそれも雨なので公園に人も5,6人とまばらでここも貸し切り状態で拝見出来ました。その後、土塁・空堀跡、本陣跡の恵解山古墳と散策し帰路へ付きました。

公園横の無料駐車場🅿に停めれました。

公園横の無料駐車場🅿に停めれました。

公園横の無料駐車場🅿に停めれました。

城の雰囲気はありますが、手を加え過ぎて残念な感じですね。

城の雰囲気はありますが、手を加え過ぎて残念な感じですね。

城の雰囲気はありますが、手を加え過ぎて残念な感じですね。

ここで婚礼し、ここから悲運が始まる細川ガラシャ。

ここで婚礼し、ここから悲運が始まる細川ガラシャ。

ここで婚礼し、ここから悲運が始まる細川ガラシャ。

石垣に石を供給する事が整って無いので近場の石仏や五輪塔まで転用されていた。

石垣に石を供給する事が整って無いので近場の石仏や五輪塔まで転用されていた。

石垣に石を供給する事が整って無いので近場の石仏や五輪塔まで転用されていた。

北門枡形虎口。

北門枡形虎口。

北門枡形虎口。

四角い石が五輪塔転用石。

四角い石が五輪塔転用石。

四角い石が五輪塔転用石。

北門枡形虎口。合戦に敗れ退却した光秀公はこの北門から脱出し、落ち延びたと伝わってます。

北門枡形虎口。合戦に敗れ退却した光秀公はこの北門から脱出し、落ち延びたと伝わってます。

北門枡形虎口。合戦に敗れ退却した光秀公はこの北門から脱出し、落ち延びたと伝わってます。

西辺土塁上から天王山を仰ぐ。

西辺土塁上から天王山を仰ぐ。

西辺土塁上から天王山を仰ぐ。

発掘された巴紋軒先瓦。安土城や坂本城など皆、同じ意匠の瓦だったとのこと。

発掘された巴紋軒先瓦。安土城や坂本城など皆、同じ意匠の瓦だったとのこと。

発掘された巴紋軒先瓦。安土城や坂本城など皆、同じ意匠の瓦だったとのこと。

平日は勝龍寺城公園では御城印を販売してないので施設の方が丁寧に教えてくださった最寄りの神足ふれあい町家へ。雨の石畳、風情があります。

平日は勝龍寺城公園では御城印を販売してないので施設の方が丁寧に教えてくださった最寄りの神足ふれあい町家へ。雨の石畳、風情があります。

平日は勝龍寺城公園では御城印を販売してないので施設の方が丁寧に教えてくださった最寄りの神足ふれあい町家へ。雨の石畳、風情があります。

神足神社横の土塁・空堀跡へ。

神足神社横の土塁・空堀跡へ。

神足神社横の土塁・空堀跡へ。

恵解山古墳。ここが光秀公本陣跡。

恵解山古墳。ここが光秀公本陣跡。

恵解山古墳。ここが光秀公本陣跡。

あの山が天下分け目の天王山。山上に秀吉公が陣を張り、最前線には高槻城主、高山右近が。

あの山が天下分け目の天王山。山上に秀吉公が陣を張り、最前線には高槻城主、高山右近が。

あの山が天下分け目の天王山。山上に秀吉公が陣を張り、最前線には高槻城主、高山右近が。

通常版と以前は限定版だった細川藤孝書状版を購入。コロナの為、日付は入れれないとの事で残念。21日から築城450周年記念の御城印が新たに発売との事です。

通常版と以前は限定版だった細川藤孝書状版を購入。コロナの為、日付は入れれないとの事で残念。21日から築城450周年記念の御城印が新たに発売との事です。

通常版と以前は限定版だった細川藤孝書状版を購入。コロナの為、日付は入れれないとの事で残念。21日から築城450周年記念の御城印が新たに発売との事です。

公園横の無料駐車場🅿に停めれました。

城の雰囲気はありますが、手を加え過ぎて残念な感じですね。

ここで婚礼し、ここから悲運が始まる細川ガラシャ。

石垣に石を供給する事が整って無いので近場の石仏や五輪塔まで転用されていた。

北門枡形虎口。

四角い石が五輪塔転用石。

北門枡形虎口。合戦に敗れ退却した光秀公はこの北門から脱出し、落ち延びたと伝わってます。

西辺土塁上から天王山を仰ぐ。

発掘された巴紋軒先瓦。安土城や坂本城など皆、同じ意匠の瓦だったとのこと。

平日は勝龍寺城公園では御城印を販売してないので施設の方が丁寧に教えてくださった最寄りの神足ふれあい町家へ。雨の石畳、風情があります。

神足神社横の土塁・空堀跡へ。

恵解山古墳。ここが光秀公本陣跡。

あの山が天下分け目の天王山。山上に秀吉公が陣を張り、最前線には高槻城主、高山右近が。

通常版と以前は限定版だった細川藤孝書状版を購入。コロナの為、日付は入れれないとの事で残念。21日から築城450周年記念の御城印が新たに発売との事です。