英彦山(北岳)・英彦山(中岳)・英彦山(南岳)

2021.03.06(土) 日帰り
ハリーホーク
ハリーホーク

今日は英彦山へ行って来ました。セリバオウレンに会いに行く予定で行きましたが、残念ながら会うことは出来ませんでした。豊前坊から北岳を目指して出発しました。昨日までの雨で滑りやすい中、注意して登って行きました。坊雲台は滑りやすいのでパスしました。尾根から北岳迄はかなりデンジャラスでした。中岳、南岳へ行き青年の家へ向かって降りました。途中いろいろありましたが無事下山しました。

此処からスタートです

此処からスタートです

此処からスタートです

鳥居⛩をくぐって行きますえ

鳥居⛩をくぐって行きますえ

鳥居⛩をくぐって行きますえ

いきなりの大杉600年から900年だって

いきなりの大杉600年から900年だって

いきなりの大杉600年から900年だって

昨日までの雨で幻想的です

昨日までの雨で幻想的です

昨日までの雨で幻想的です

葉っぱもまだ濡れています

葉っぱもまだ濡れています

葉っぱもまだ濡れています

何処かでも見たような

何処かでも見たような

何処かでも見たような

苔が濡れて生き生きしていました

苔が濡れて生き生きしていました

苔が濡れて生き生きしていました

何岩だったか忘れた

何岩だったか忘れた

何岩だったか忘れた

上横から

上横から

上横から

望雲台の分岐、雨後で濡れているのでスルーします

望雲台の分岐、雨後で濡れているのでスルーします

望雲台の分岐、雨後で濡れているのでスルーします

救世安民と書いてあります

救世安民と書いてあります

救世安民と書いてあります

ずっとこんな状況でした

ずっとこんな状況でした

ずっとこんな状況でした

溶岩の壁と書いています

溶岩の壁と書いています

溶岩の壁と書いています

初めてのロープ

初めてのロープ

初めてのロープ

尾根の手前に階段が有りました

尾根の手前に階段が有りました

尾根の手前に階段が有りました

尾根に上がって来ました。展望は全く有りません

尾根に上がって来ました。展望は全く有りません

尾根に上がって来ました。展望は全く有りません

標識はかなり有りました

標識はかなり有りました

標識はかなり有りました

北岳に到着です。縄の中へは入れません、禁足地と書いて有ります

北岳に到着です。縄の中へは入れません、禁足地と書いて有ります

北岳に到着です。縄の中へは入れません、禁足地と書いて有ります

北岳ピーク

北岳ピーク

北岳ピーク

此処も入れません

此処も入れません

此処も入れません

こんな感じで白い世界です

こんな感じで白い世界です

こんな感じで白い世界です

中岳の休憩所、トイレです。有り難いですね

中岳の休憩所、トイレです。有り難いですね

中岳の休憩所、トイレです。有り難いですね

登山者も多いのでしょうね、案内板至る所にありました

登山者も多いのでしょうね、案内板至る所にありました

登山者も多いのでしょうね、案内板至る所にありました

定番の風景です

定番の風景です

定番の風景です

南岳まで来ました

南岳まで来ました

南岳まで来ました

ピークです

ピークです

ピークです

三角点

三角点

三角点

頂上付近にこんな立派な階段、昔の人は凄いですね

頂上付近にこんな立派な階段、昔の人は凄いですね

頂上付近にこんな立派な階段、昔の人は凄いですね

下山中にも祠が有りました

下山中にも祠が有りました

下山中にも祠が有りました

鍋島のお殿様が幼少の頃此処から落ちて奇跡的に助かったと書いています

鍋島のお殿様が幼少の頃此処から落ちて奇跡的に助かったと書いています

鍋島のお殿様が幼少の頃此処から落ちて奇跡的に助かったと書いています

昔は此処で一般の方はお金を払っていたようです

昔は此処で一般の方はお金を払っていたようです

昔は此処で一般の方はお金を払っていたようです

スキー場後に出ました、もう少しです

スキー場後に出ました、もう少しです

スキー場後に出ました、もう少しです

青年の家の裏辺りに針の耳って書いています

青年の家の裏辺りに針の耳って書いています

青年の家の裏辺りに針の耳って書いています

奥の細いところが針の耳かな

奥の細いところが針の耳かな

奥の細いところが針の耳かな

此処からスタートです

鳥居⛩をくぐって行きますえ

いきなりの大杉600年から900年だって

昨日までの雨で幻想的です

葉っぱもまだ濡れています

何処かでも見たような

苔が濡れて生き生きしていました

何岩だったか忘れた

上横から

望雲台の分岐、雨後で濡れているのでスルーします

救世安民と書いてあります

ずっとこんな状況でした

溶岩の壁と書いています

初めてのロープ

尾根の手前に階段が有りました

尾根に上がって来ました。展望は全く有りません

標識はかなり有りました

北岳に到着です。縄の中へは入れません、禁足地と書いて有ります

北岳ピーク

此処も入れません

こんな感じで白い世界です

中岳の休憩所、トイレです。有り難いですね

登山者も多いのでしょうね、案内板至る所にありました

定番の風景です

南岳まで来ました

ピークです

三角点

頂上付近にこんな立派な階段、昔の人は凄いですね

下山中にも祠が有りました

鍋島のお殿様が幼少の頃此処から落ちて奇跡的に助かったと書いています

昔は此処で一般の方はお金を払っていたようです

スキー場後に出ました、もう少しです

青年の家の裏辺りに針の耳って書いています

奥の細いところが針の耳かな

類似するルートを通った活動日記