【佐渡島】日蓮聖人の歩いた道

2021.03.05(金) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
1 時間 51
休憩時間
7
距離
5.8 km
上り / 下り
465 / 320 m
1 51

活動詳細

すべて見る

日蓮聖人が歩いたとされる山越えの道。登山道は地元の日蓮宗寺院の檀家さんが中心になって手入れされており明瞭です。 ところどころに祠や石碑があり、日蓮さんが歩いたという歴史や古くからの生活だった名残が感じられます。 今回は松ヶ崎地区・浜河内の登山口から、峠を越えて国仲方面へ。 歩き始めは小滝が連続する沢に沿って進みます。水量のあるきれいな沢です。渓流釣りにくる人もいるそうです。 3月はじめのこの時期は、至るところにフキノトウがあり春の訪れを感じます。花が咲き誇る季節まであと少し。 (3月下旬~4月中旬がオオミスミソウなどお花を見るのに最適と思われます。) 峠には馬頭観音像などの祠があり、そこを越えると金北山など大佐渡の山々が見えてきます。 杉林や松林、広葉樹林が入り混じる変化に富んだ登山道で、四季折々、さまざまな色合いを楽しめるルートです。 特に、峠より北側にはいくつかオオイワカガミの大群落があり、見どころの一つになっています。 ・スタート地点には駐車場がないので、多田港の公園に車を停め歩くのが良いでしょう。 ・ゴール地点の七福神には駐車スペースと東屋があります。このあたりはバスのフリー乗降エリアなので、ここからバスに乗ることも可能。ただ本数は少ないので要確認です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。