快晴!岩手山御神坂アタック20210228

2021.02.28(日) 日帰り

活動詳細

もっと見る

2週間前の岩手山馬返しコースの興奮が冷めないうちに、休日と高気圧が重なる好日を逃さずに、御神坂コースに挑戦! 満月と朝日に照らされる岩手山を見ながら、 6:30に駐車場に着くとスペース残りわずか。 すでに10台程度駐車されてました。 スノーシューは車に積んだまま、昨日までの冷え込みで、登山道が締まっていると読み、ツボ足でスタート。 駐車場に同じ時間帯に着いた、若い女性とほぼ同士スタートでしたが、軽やかな足取りで、あっと言う間に離されてしまいました。 その後、ソロの若い男性に抜かれましたが、自分のペースと体力を考えながら登りました。 登山道は早朝という事もあり、よく締まっており、ツボ足でドンドン行きます。 20分くらい歩くと、身体が温まってきたため、インサレーションを脱ぎ、スキンメッシュ、ベースレイヤー、ハードシェルといういつものスタイル。 樹林帯の急登で、滑るようになってきたため、アイゼン装着。 樹林帯を抜けると、雪と岩のミックスルート。雪もカリカリになってきたのでポールからピッケルにチェンジ。慎重にルートファインディングし、頂を目指します。 左手に鳥海山や秋田駒など西の名だたる名山を眺めながら、右に頂に雪をいだいた早池峰を眺めながら、一歩ずつ確実に、岩場では頭が当たらないように、アイゼンが滑らないように注意しながら。 1900メートルを超えたあたりから、視界にはビッシリと凍りつく雪原が広がる。エビのしっぽは西に向かって伸びている。今日は風が穏やかだが、山頂付近の厳しい自然を感じることができる。 不動平に降りるとその勢いで一気に山頂を目指す。さすがにお鉢は強風で、冷たい風で顔が痛い。それでも2週間前より条件が良かったので時計回りにお鉢散歩。空が晴れ渡り360度の大パノラマ。風を体いっぱいに受けて眼下に盛岡の街並みを眺めると、犬鷲になった気分🦅岩手山は岩鷲山とも呼ばれてますからね。 お鉢巡りの後は不動平小屋前で昼食。風を遮り、日差しも優しく、まったりと過ごしました。下りも急坂なので、転ばないように慎重に下山。春のような陽射しのため雪は少し緩くなってました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。